広告特集 企画・制作 朝日新聞デジタルメディア本部

トップページ > マレーシア川柳コンテスト



asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

asahi.comトップサイトポリシー個人情報著作権リンク広告掲載お問い合わせ・ヘルプ

Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
マレーシア川柳コンテスト 最終結果発表!!

教えて!あなたのマレーシア アンケートにご協力ください! - あなたはマレーシアにどのような印象をお持ちですか?マレーシアについてアンケートにお答えください。 - 回答はこちらから


マレーシアの魅力を動画でチェック! - おすすめの観光スポットをショートムービーでお伝えします。
Amazement&Golf編
Tranquility編

マレーシア基本情報
日本からの空路
主要空港
気候
時差
飲料水
営業時間
通貨
人口
民族
全ての情報を表示する
マレーシア川柳コンテスト 最終結果発表!!
マレーシア川柳コンテストに多数のご応募、投票へのご参加をいただきありがとうございました。学校単位で大阪府立北千里高等学校、滋賀県立八幡高等学校、京都府立山城高等学校、京都府城陽市立古川小学校などからも多数の作品をお送りいただきました。応募総数20,009句から投票結果を参考に厳正な審査を行い、大賞をはじめ各賞の受賞者が決定いたしました。あなたの応募作品、投票した川柳の選考結果はいかがだったでしょうか。各賞に輝いた受賞作品をご紹介いたします。
今回の審査員。上段左から小野高道、寿々乃舎於火女、徳永誠
下段左からシャリル・アリ、篝火舎心亭(敬称略)
※田丸麻紀さんは当日都合がつかず、メールとFAXで参加いただきました。

大賞 おめでとうございます。栄えある最優秀作!! 贅沢な 時の楽園 マレーシア 新潟県・相々傘さん
マレーシア旅行 ペア往復航空券×1名様 1組2名様分のマレーシア航空の6ヶ月間オープン、マレーシア国内1箇所限定の往復航空券(成田発着)。※燃油サーチャージ代込み ※発着地までの国内移動費用、宿泊費等のマレーシア滞在費用は当選された方のご負担となります。 ※出発日は当選された方のご都合に合わせて決められますが、2009年3月までの出発に限ります。 ※ご利用方法等の詳細は当選された方に直接ご案内いたします。
マレーシア政府観光局賞 いずれも審査員をうならせた川柳です! ザビエルも きっと見たはず この夕陽 香川県・パスポート期限切れ・・・さん 熱帯の 風身にまとう マレーシア 埼玉県・伊藤さん マレーシア 光の詩の 物語 青森県・伊藤さん
JTB旅行券 5万円分×3名様 JTB旅行券 全国のJTBおよびJTB旅行券取扱店で、国内・海外旅行の代金としてご使用いただけます。
優秀賞 情景の伝わってくる作品が揃いました! 赤い糸 結び直した マレーシア 大阪府・富田さん 心だけ 先に来ちゃった マレーシア 兵庫県・じゅんりんさん ゴム園で 出会った宝 子のひとみ 佐賀県・福田さん それぞれの 祈りに生きる マレーシア 神奈川県・マリーさん 多民族 笑顔で暮らす マレーシア マレーシア・東洋の十字路さん
テリマカシ 笑顔をつなぐ 合言葉 東京都・うっちーさん バティックに 想い出染まる マレーシア 神奈川県・風とたんぽぽさん ボルネオの 空気カバンに 入れ帰国 福岡県・吉富さん マレーシア 初めてなのに 懐かしい 神奈川県・伊藤さん 山と海 時間(とき)がきらめく マレーシア 三重県・まゆまゆさん
JTBギフト券 1万円分×10名様 JTBナイスギフト 全国約50万店でご使用いただけるオールマイティなギフト券です。有効期限はありません。
佳作 川柳に込められた思いが伝わってきます! ◎ あたたかく 旅人癒す マレーシア (ペナン太郎さん)
◎ いざ行かん 嫁ぐ娘と ランカウイ (三小田さん)
◎ おごそかに 神宿る国 マレーシア (野村さん)
◎ コーランで 目覚める朝の マレーシア (幡野さん)
◎ ジュンパラギ 再会誓う マレーシア (ニクジャガちゃんさん)
◎ パスポート 初フライトは マレーシア (高木さん)
◎ フルムーン マレーシアでは ハネムーン (吉野さん)
◎ ペナン島 ロングステイで 夢心地 (成田の寝大仏さん)
◎ 海と森 自然の宝庫 マレーシア (キャメロン・リエスさん)
◎ もう二度目 ふるさとみたい マレーシア (タンポポさん)
◎ リタイア後 夢を叶える マレーシア  (てっちゃかさん)
◎ 黄昏の 香るモスクに 思い馳せ (武川さん)
◎ 楽園は アジアにありて マレーシア (酒井具視さん)
◎ 元カレと 赤道直下 燃えた旅 (橋本さん)
◎ 集マレー シアわせ色の 星探し (吉良常さん)
◎ 初めての マレー語言って 照れまかし (PASIR PANJANGさん)
◎ 想い出は いつもペナンの 渚から (花ケ崎さん)
◎ 束の間の セレブになれる マレーシア (桜子さん)
◎ 朝もやに コーランの声 マレーシア (中島さん)
◎ 病みつきが いつの間にやら 住みつきに (アーリーリタイヤさん)
◎ 満天の 星に抱かれて マレーシア (荻野さん)
◎ 夢の中 マレーシア語を 話してる (川村さん)
◎ 夢を喰う 飽かず眺めて マレー獏 (笹井さん)
◎ 触れてきた 人の優しさ 大自然 (さごじょうさん)
◎ 夕焼けに つめの先まで 染まりゆく (ほしの まろこさん)
◎ 旅人が くせになる国 マレーシア (せい父さん)
◎ マレーシア スパにグルメに 浮かれしや (天詩 礼さん)
◎ マレーシア 心癒され 再起動 (トンちゃんさん)
◎ スコールも 旅の思い出 マレーシア (奥山さん)
◎ 輝いて 自然を残す ランカウイ (タムタムさん)
※優秀な作品を多数お寄せいただき選考に苦慮した結果、当初20名様だった佳作の受賞者を30名様にいたしました。
「アサヒ・コム」カラフルクリーナー×30名様 カラフルクリーナー ちょっとしたお掃除に手軽で便利な、アサヒ・込むのロゴ入りクリーナーです。
選考にあたった審査員の方々から、応募作品への講評をいただきました
「マレーシアへの思いの強さが伝わりました」

◎マレーシア政府観光局 シャリル・アリさん

この度の川柳コンテストは、マレーシア政府観光局初めての試みでしたが、小学生から90代と幅広い方々から予想以上に多数の応募を頂き大変うれしく思います。応募作品それぞれから、皆さんのマレーシアに対する思いの強さが伝わり、選考にも長い時間を要しました。当選された方も残念ながら落選された方も、是非またマレーシアを訪れてください。そして、マレーシア人の温かさ、多彩な文化やのどかな自然に触れてください。マレーシアは皆さんのお越しを心から歓迎いたします。

「ほのぼのとした体験を綴った句が多数ありました」

◎マレーシア政府観光局 徳永誠さん

豊かな自然のなかで、多様な民族が平和に暮らすマレーシア。その最大の魅力は現地の人の良さだと思います。笑顔に溢れフレンドリーな彼らに接する時、まるで故郷に帰ったような安堵感を覚えます。今回の川柳コンテストでは、そんなほのぼのとした体験を綴った句が多くありました。特に大賞の句は、ゆったりと流れる時の中で心底くつろぎ癒された感動体験を詠んでおり、日々忙殺される現代人にとって強い共感を呼ぶことでしょう。

「マレーシアにまた行きたくなっちゃいました!」

マレーシア観光親善大使 田丸麻紀さん


皆さんどの方もマレーシアに癒され、マレーシアを愛していらっしゃるのが伝わってきてとても嬉しかったです。そしてマレーシアの楽しみ方もたくさんつまっていて、私自身とても興味深く、勉強になりました。
みなさんの川柳を詠んでいるとまるでマレーシアにいるかの様な気持ちになれて、すごく気持ち良かったです。ますぐにマレーシアに行きたくなっちゃいました!!みなさんもたくさんマレーシアをenjoyしてくださいね。

「川柳に込めた親しみが楽しく読み取れました」

俳諧・雑俳・川柳・狂歌の会「眺牛会」「つばな連」などの宗匠 篝火舎心亭さん

短期間にこれだけの句数が寄せられたのには驚きました。日本人にとってやはり人気の観光国だからでしょう。風と光と時の流れ、そして溢れる笑顔。マレーシアのゆったりとした趣きが、親しみを込めた皆さんの句から楽しく読みとれます。「川柳」としての募集でしたから、当然句姿の整ったお作を選ぶことになりましたが、その分、形や表現方法の奔放さには目をつぶることになりました。これからも川柳とともに、マレーシアを楽しんでいただければ幸いです。

「魅力的なマレーシアの姿がくっきりと浮かんできます」

「眺牛會」「新造連」事務局 雑俳宗匠 寿々乃舎於火女さん

約2万という投句数にも驚きましたが、みなさんがマレーシアにたいへん親しみを感じておられることが、強く印象に残りました。お作にはそれぞれに体感された魅力が鮮やかに描かれており、あたたかい人情、緑豊かな自然、ゆったりと流れる時間、そしてなぜか感じる懐かしさ…。たくさんの作品を拝見しているうちに、わたくしも行きたくなってしまいました。

「マレーシアの姿にみんなが魅せられたのでしょう」

◎朝日新聞社デジタルメディア本部 本部長補佐 小野高道

川柳はというと、諧謔(かいぎゃく)やら風刺やらを塗(まぶ)し尽くした小気味よさを身上とする「ゲイジュツ」だ。今回のマレーシア川柳ではしかし、柄井川柳もびっくり、そんなことを吹き飛ばしてしまうほどの「日常の願いごと」が直截的に、やさしくも力強く、これでもかと寄せられた。多民族国家として育まれてきた歴史と文化が、まちに暮らすひとの心根に深く宿り、語り尽くせない自然と結びつく。そんなマレーシアの姿に、読者みんなが魅せられたのだろう。

おかげさまでマレーシア川柳コンテストには予想を大きく超えるご応募と多くの方からの反響を頂戴いたしました。残念ながら選考にもれた作品も、皆様のマレーシアへの気持ちが心に響いてくるものばかりでした。川柳をご応募いただいたすべての皆様、投票にご参加いただいた皆様、選考いただいた審査員の方々に深く御礼を申し上げます。

マレーシアに関する詳しい情報は、
www.tourismmalaysia.or.jpをご覧ください。

→ トップページへ戻る