現在位置:
  1. asahi.com
  2. 広告特集
  3. 野村證券:証券+銀行の新しい使い方
企画 制作 朝日新聞社デジタルメディア本部
Vol.2 景気回復は本当か。経済の明日を学ぶ 有価証券を暮らしに活かす、証券+銀行の新しい使い方

景気回復は本当か。経済の明日を学ぶ

Vol.2 有価証券を暮らしに活かす、証券+銀行の新しい使い方

結婚資金、教育費、老後資金・・・、将来の夢や目標に向かって運用を続けてきた株式や投資信託。それらを予想外の出費や収入ダウンのために、不本意な形で手放すのは残念なことです。そこで野村證券では、お持ちの有価証券を担保に低金利で資金が借りられるローンをはじめ、「証券会社」と「銀行」の機能をもっと便利にご利用いただけるサービスを提供しています。信託銀行事業部銀行事業課の酒井尚士氏と眞田優衣氏に、その魅力と特徴をうかがいました。

証券口座に銀行口座の便利をプラス

昨年来のマーケットの急激な変化は、多くの方々にご自身の資産運用の見直しを迫ったのではと思います。

例えば、私たちもお客様から「今は元本保証商品を厚めに持ちたい」とか、「現金が必要になったので、保有株を売却しないと」といった声をうかがうことがあります。残念ながらそういった時、これまで証券会社ができることは限られていました。元本保証の普通預金や定期預金は銀行が取り扱うものですし、お持ちの有価証券を資金化するには、売っていただくしかなかったからです。

そこで、野村證券は証券口座に、私たちのグループ会社である野村信託銀行の「ためる」「送る・受け取る」「借りる」という3つの銀行サービスをプラスした『〈野村〉のプラスバンキングサービス』の取扱いを開始しました。このサービスは、「証券+銀行」の総合資産運用サービスです。(酒井氏)

酒井尚士氏
野村證券株式会社 信託銀行事業部にて銀行代理業務に携わる。
眞田優衣氏
野村證券株式会社 信託銀行事業部にて銀行代理業務に携わる。

他の金融機関への振込が月30回まで無料

「ためる」と「送る・受け取る」では、『野村ホームバンキング』普通預金と定期預金、振込機能がご利用いただけます。

従来は、証券会社の口座からの振込みは指定されたひとつの銀行口座にしかできませんでした。『〈野村〉のプラスバンキングサービス』では、『野村ホームバンキング』を利用することで他の銀行のご本人名義以外の口座にも振込みができ、月30回まで手数料が無料です(但し、一部の金融機関を除く)。

また、振込金額の限度額は口座開設当初の200万円からさらに引き上げることができますから、保険の満期金のような多額の資金の出し入れもスムーズです。日々のお買い物の決済に利用するこれまでの普通預金口座とは違い、運用という面も意識しながら、自由にお使いいただける新しいタイプの銀行口座だと思います。(眞田氏)

お持ちの有価証券を担保に低金利でご融資

「借りる」の機能では、野村證券にお預けいただいている有価証券を担保に、ネットでの手続きだけでスピーディーなご融資をする『野村Webプラスローン』があります。

有価証券は、今のように市場の先行きが不透明な時には、特に売るタイミングの判断が難しいものです。しかし、有価証券は日々公正な時価が市場によって決められ、流動性もある優良資産です。『野村Webプラスローン』は、有価証券の管理と証券業務に豊かな経験をもつ野村證券と、融資サービスと銀行業務のノウハウを持つ野村信託銀行が融合した、新しい発想のサービスです。

「当面融資を受ける予定はない」という方も、不測の事故や家の修繕などの「万が一の時の保険」と考えてお申し込みをしていただけるサービスです。いざという時のための現金を手元に残しておくことは大切ですが、保有資産が預金ばかりでは効率的な運用ができません。長期的な視点で、リスクを抑えた賢い運用を続けていくためにも、お持ちの有価証券を資金化できる安心材料を確保していだたきたいと思います。大切な資産を守りながら最大限に有効活用できる手段として、『野村Webプラスローン』を是非ご活用いただければと思います。(酒井氏)

証券投資に新しい便利をプラス <野村>のプラスバンキングサービス
主な内容
ためる 「普通預金」と「定期預金」をご利用いただけます。
送る・受け取る 普通預金と証券口座間の移動に係る振込手数料は無料です。
普通預金から他の金融機関への振込手数料は月30回まで無料(一部金融機関を除く)です。
かりる 野村證券にお預けいただいている有価証券を担保に、野村信託銀行がご融資します。
※1 野村MRFのお申し込みの際には、野村證券よりお渡しする「投資信託説明書(交付目論見書)」をよくお読みください。
※2 自動けいぞく投資コースの分配金を普通預金でお受け取りいただくことはできません。
※3 野村證券にお預けいただいている有価証券を担保に、野村信託銀行がご融資いたします。
酒井課長が語る「野村Webプラスローン、こんな使い方」
愛着のある自社株で資金調達
株式や投資信託などの売買を繰り返しているお客様でも、愛着のある自社株は「できれば売りたくない」という方が多いようです。そういった方にはもし急な出費が必要になった時に備え、『野村Webプラスローン』をぜひご検討していただければと思います。自社株の売却は手続きが面倒だったり、お金の利用目的を尋ねられたりするものですが、『野村Webプラスローン』は資金の使い道は原則自由。ネットでお申込みいただき、野村信託銀行の審査後、最短で翌営業日には融資が受けられる、スピーディーかつ簡単にお客様の資金ニーズにお応えできる仕組みになっています。
■預金との誤認防止について
株式、債券、投資信託等の有価証券や保険は預金ではなく、預金保険の対象とはなりません。また、元本の保証はありません。

野村信託銀行代理店 野村證券

野村證券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第142号
加入協会/日本証券業協会、(社)日本証券投資顧問業協会、(社)金融先物取引業協会