メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

香山リカ対談

「変わりゆく日本女性の生き方」その背景に流れるもの
エッセイスト 酒井順子×立教大学教授・精神科医 香山リカ

2008年6月1日掲載

結婚、出産は教えてもらわないとできない

  • 香山リカイメージ
  • 実際、女性はライフプランを考える時間が少ないんですよ。
  • 酒井順子イメージ

香山 結婚願望が強くなっているのはいいとして、自分が思い描いていたような結婚ができなかった子はどうするのかしら?それこそ、学生時代の彼とかで手を打つ?

酒井 思い描いていたような結婚ではなくても、「ギリギリ専業主婦になれればいいか」と、我慢するのでは。

香山 今の子はガツガツして何かを入れるのをよしとしないし、ポヤーンとしていたら向こうから幸せがやってきたというパターンが理想ですからね。実際、以前、20代の女性グループと話す機会があったときに「誰のような人生が理想なの?」と聞くと、一番多い答えが「山口もえ」だったんですよ。可愛くて天然で、見出されて芸能界に入り、青年社長に見初められて結婚し、出産する。その後もタレントとして活躍。

酒井 今の子はみんな、“素直”なんですね。

香山 そうなんでしょうけど、こっちとしては目標を立ててそれに向かって努力してつかみ取ってきた人生そのものを全否定されたような気がしちゃうから、一所懸命「そういう人生は手応えがないもんだよ〜」「きっとむなしいよ〜」とか言うのですが・・・(笑)

酒井 勉強路線の子にしても、バリバリのキャリアになった上で、あくまでも自然体で結婚し、出産もしたいという願望が強いようですよね。

香山 そう。頭でっかちになって「結婚とは何か」とはあえて問い詰めない。どんなに考えても答えはないということも分かっちゃったのかな。

酒井 実際、いずれ結婚や出産がしたいと思ったら、考えるよりもまず動かなくてはいけないのですからね。

香山 そういうこと、ちゃんと大学で教えとかないといけないかな。

酒井 いや、そういうことよりも、“雰囲気”が持つ力が大きいのではないでしょうか。最近は少し出生率が上ってきていますが、そこにはハリウッドセレブがアクセサリーのように子供を連れ歩いているとか、その手の情報の影響もあるはず。あとは「負け犬にならないようにするにはボーっとしていたらいけないのだ」とか、そういう同調圧力のようなものがなんとなく伝わっていく方が有効のような気がします。あと結婚に関しては、どうしてもしたいんだったら、ボッーとしてたり、「エビちゃんOLのような策略とかはイヤだ」とか言っていないで、なりふりかまわず努力しなくてはいけない。

香山 えー。私はそれが幸せに直結するとは思えないけど・・・。でも確かに、うるさく言われなくても、今の子の方が私たちの学生時代よりもライフプランをしっかり考えているのかもしれない。私たちの学生の頃なんて自分が結婚したり出産したりするなんて全く想像もしてませんでしたよね。

酒井 本当に、想像していないと何事もできないんですよね。それがやっとわかりました(笑)

香山 実際、女性はライフプランを考える時間が少ないんですよ。社会に出てから出産に適する年齢と言われている期間が15年くらいしかないから、その中で仕事をしながら、出会いから恋愛、結婚、出産すべてをこなさなくちゃいけない。そうなってくると、本当にあわただしい。そのことを私たちの世代は誰からも教えてもらえなかったかもしれない・・・。教えてもらわないとできないものなんですね。

酒井 そう。強制されたり、脅されたりしないと。