メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

多彩な経験の場を提供することで学生の自立をサポート 吉岡 知哉(立教大学総長) × 香山リカ(立教大学教授・精神科医)

2012年4月1日掲載

大学が学生の自立を支援するために果たすべき役割

香山 大学は学生たちにとって社会に出る直前の場であり、自立する場でもあると思いますが、立教大学では学生の自立をサポートするためにどのような取り組みを行っていますか?

吉岡 学生にとっての自立ということを考えると、学生時代全体がそのための過程だと言えると思います。それにはもちろん段階があって、まず重要なのは入学してからの最初の半年、あるいは1年間です。ここが自分の居場所なのだという自覚を持って学生生活を始めることで、自立のための足場が作られます。それを基礎にして、自らの進む道を見極める材料になるような経験を積むことが大切です。正課の授業ももちろん大切ですが、人を育てるのは、課外活動を含めた学生生活全体です。そのために、学術的な知識の体得と実践的な体験の両方ができるよう、学内環境を整えています。

香山 具体的には、どのような例が挙げられますか?

吉岡 一つは、正課の授業におけるキャリア教育の重視です。キャリア教育とは単に就職のための準備ではありません。人生という長いスパンの中で、社会と自分とを関係づけて考えるための技法の習得です。「全学共通カリキュラム」ではキャリアをテーマにした科目を展開していますし、各学部においても、それぞれの学部の特性に応じたキャリア関係科目を展開しています。
もちろん、これからの時代を生きていくための基本的な技能を身に付けなければなりません。例えば「全学共通カリキュラム」では、英語が堪能なだけでなく、英語を使って何か新しいことにチャレンジできる人材の育成を目指し、少人数による英語ディスカッションクラスや、プレゼンテーションクラスなどによる英語教育を実施しています。
大学の一つの大きな役割は、ここで学ぶ学生が、それからの人生を生き抜いていく知恵と力を身に付けることですから、各学部で展開している専門教育はどれも、広い意味で学生の自立を支援するためのプログラムであると言うこともできるでしょう。例えば、経営学部のBLP(ビジネス・リーダーシップ・プログラム)(※)、BBL(バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム)は、そのような自立支援を強く意識したプログラムだと言えます。BLP、BBLは、産学連携の実践的なカリキュラムにより、グローバル化が進む社会の中で活躍するリーダーとしての自覚と能力を育てることを目的としています。

人を育てるという点では、正課外の活動も重要です。スポーツでも文化活動でも、何か一つの目標に向かって集団の力をくみ上げていく。リーダーを選び、それぞれのポジショニングを定め、意見の調整をする。こういう経験は授業だけではなかなかできません。私はラグビー部の部長をしていましたが、学生の人間的成長には目を見張るものがあります。勝つという唯一の目標に向かって肉体的にも精神的にも全てを高めていく。そのプロセスが人を育てていくのです。何よりスポーツは勇気を育みます。勇気を正課で教えるのは難しいものです。例えば全速力で走って来る100kgの大男にタックルするのは並大抵のことではありません。
また、チャペルや学生部、ボランティアセンター等が展開しているキャンプやフィールドワーク、ボランティア活動などの正課外教育プログラムも、体験や人との関わりを通じて、自分の持つ可能性に気づく良いチャンスになると思います。


※BLPは、2008-2010年度に文部科学省の「質の高い大学教育推進プログラム(教育GP)」に採択(全国939件の申請のうち148件が採択)され、2011年に、教育GPで実施された全取組148件の中から、「特に優れており波及効果が見込まれる取組」として選定(全国の大学で15件、首都圏の私立大学では唯一選定)された。文部科学省および独立行政法人日本学術振興会による担当教員・学生に対するヒアリングと教育現場・学習環境の視察による現地調査では、BLPは「イノベーティヴな取組」との評価を得た。