アサヒ・コム
検索使い方

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

広告特集 企画 朝日新聞社広告局 ここがポイント! 住宅ローンの賢い選び方 講師:ファイナンシャルプランナー 菱田雅生さん
前編 いざ買う人へ。住宅ローンの基礎知識
 人生の転機や家族の成長と時を共にしながら、住宅ローンは長く付き合っていくもの。ご自身のライフプランにあった金利タイプや返済方法などを選ぶと同時に、長い人生における様々なリスクに備えて安心を確保することも重要です。住宅ローンの基礎知識と、多様化する新しいサービスを、ファイナンシャルプランナー(CFP)の菱田雅生さんが紹介します。
最後まで安心して返せる計画づくりを
 「住宅ローンの金利は今が底」といわれて久しいですが、今夏から長期金利が少し上がってきたことや、一部の地価の上昇や株価の上昇など景気回復基調が鮮明になる中で、いよいよ状況に変化が出てきました。住宅の購入を検討されている皆さんも、「早めに買った方がいいのかな」と思われている方が多いようです。住宅ローンのサービス競争が激化している現在、借入金利の水準が急に上がることは考えにくいですが、今が好機であることは事実です。
 ただし、住宅ローンというのは長期で返済していくもの。何より大切なのは、「本当に最後まで安心して返していけるのか」をしっかり考えることです。例えば頭金は物件価格の2〜3割は準備するのがいいと一般的には言われていますが、それは「それだけあれば借りやすい」というだけです。ベースとなるのは、あくまでも現在の家計。頭金や諸費用を支払い、さて家計から出せる月々の返済額はいくらか。将来、家族にどんなライフイベント(予定)があり、どんなリスクが考えられるのか。長期的な計画性をもって安心を確保することが大切です。
■マンション購入時の主な諸費用
ニーズで選ぶ固定金利と変動金利
 住宅ローンの金利タイプには、借りた時点で返済終了までの金利が決まる「固定金利型」と、一定期間ごとに金利が見直される「変動金利型」、当初一定期間の金利が決まっている「固定金利選択型」の3つがあります。
 固定金利型は、金利動向を気にし続けているのは気疲れするし、返済額がずっと変わらないほうが安心という方向きです。ただし一般的には、金利は変動金利型と比べて高くなります。とはいえ現在の住宅ローン金利は戦後日本が経験したことのないほどの低水準です。安心を求めるという意味でも、いま固定金利型を選ぶのは決して悪い選択ではありません。
 その反対に変動金利型は現時点では固定金利よりも低くなっていますから、当初の返済額は少なくて済みます。ただし将来金利が上がった場合には返済額も大幅にアップする可能性があります。今後の金利動向に対するリスクを知った上で利用できる方向けです。現在、各金融機関は当初2〜5年程度の金利を優遇した固定金利選択型タイプを戦略商品としています。この流れは今後も続くと思いますので、返済途中でのローンの借り換えやそれにかかる手数料なども考慮しながら情報収集していけば、有利な返済計画を立てることが可能だと思います。
返済方法は「元利均等返済」と「元金均等返済」の2つ
 住宅ローンの返済方法には、毎月の返済額が一定な「元利均等返済」と、元金部分の返済額が一定で、利息分の返済額が次第に減っていく「元金均等返済」の2つがあります。同じ借入金額と金利、返済期間で計算した場合、総返済額が少ないのは元金均等返済。最初のうちは返済額が多めになりますが、そこがクリアできれば後々返済額が減っていくのも利点です。一方、元利均等返済は総返済額は多くなりますが、月々の返済額が一定で返済計画が立てやすい。これが基本的な特徴です。
 でも、少し視点を変えたこんな考え方もできます。「元金均等返済」で最初のうちの多めの返済額に家計が対応できるなら、その返済額で最後まで払い続ける「元利均等返済」にしたらどうでしょう。その分返済期間を縮めることができるので、トータルの返済額はもっと少なくなります。住宅ローンの返済期間は35年が当たり前と思われている方が多いのですが、できることなら返済期間を短縮して、金利部分を圧縮するというのもひとつの考え方です。また、元金均等返済の商品は取り扱っていないという金融機関もありますので、よくチェックしてみてください。
■元利均等返済と元金均等返済
「後編:住宅ローン選定のポイント」は12/12掲載予定です。
FP菱田さん写真 菱田 雅生(ひしだ まさお)
1998年より独立系FP会社に所属し、FPとしての経験を積み、2005年8月に独立。現在は、相談業務や、原稿の執筆、セミナー講師等に従事する傍ら、TV・ラジオ出演などもこなす。特に住宅ローンに関しては専門分野として活躍。10月より住宅ローンに関するブログ(http://blog.smatch.jp/hissie/)も開始。
http://www.hissie.com/
住宅ローンのご相談は
三井住友銀行
「住宅ローン」休日・夜間相談会
インターネットで相談
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.