現在位置:
  1. asahi.com
  2. オトナのバレンタイン・ホワイトデー
朝日新聞社デジタルビジネスセンター 広告企画特集

オトナの男女のコンテンツ

単勝本命は薄配当 男の見返りは期待するな!

さて、前回は「オトナの女性は誰にチョコレートを渡したらいいか?」という観点で「義理チョコもエクセル管理!」を紹介しました。(→前回はこちら
今回はレース直前に冷静に男を見極めるためのアドバイスを伝授します。

勝負事となると人間性が如実に反省されるから面白い。

自分が勝つと信じて前進していく人と
自分が負けないようにどうしたらいいか?!をクヨクヨ悩みはじめる人

世の中には2つのタイプの人間しかいない。
どっちのタイプに勝利の女神が微笑むのか?客観的に見ていれば明確だろう。

クヨクヨするタイプの人が悩んでいることなんて、どうせこんなことだ。
「彼は私をちゃんと愛してくれていないんじゃないか?」
「私だけではなくて、彼は他の女にもチョコを貰っているんじゃないか?」
「彼に好きって言われたけど、本当に信じていいのかしら?」
「もう既に嫌われるようなことを私がしちゃったんじゃないか・・・」

単勝本命で一人の男に全てをかける勝負に出る、強い女のメンタリティはこれではいけない。オトナの女は考えても意味のないことを悩まないからオトナの女なのである。

バレンタインというエンターテイメント性の高い賭け事において、わざわざ負けを想定してシュミレーションすることはちっとも知的な作業ではない。時間の無駄だ。競馬だって競艇だって競輪だって同じだ。

ハニカミ王子がいつもテレビでコメントしているじゃないか
自分を信じて頑張ります!と・・・

オトナになれない女の反論「頑張るとか頑張らないとかじゃなくて、私を選んでくれて 幸せにしてくれる条件がイイ男をちゃんと選びたいの!」

「Oh!Baby!
君が選んだ男が君に忠誠誓ってくれなくても、そんなこと気にする必要ないじゃないか!
君が求めているのは男からの見返りだけなのかい?
愛とか恋とか言いながら、自分の損得を計算しているのかい?
その辺の気に入った男を適当に選べばいいじゃないか!?
男だってバレンタインなんてそんなもんだと思っているはずだぜ!」

オトナになれない女の反論「そんなに簡単に言わないで!もう私には後がないの!!!」

単勝本命男の配当がびっくりするほど薄いことや、単勝穴男が若くもなくなった女性になかなか振り向いてくれないことなんて想定の範囲なはずである。ちゃんと私がエクセルで出走表に数値化している通りだ。

最後は勘で男を選べ
どうせみんなどこの馬の骨か解らない男達だ。

自分の収入だけきちんと確保しておけば、次のレースでまた男を選べるよ!

TOPページへ戻る
男力コンサルタント 神田和花
株式会社リクルートを経て2005年男力コンサルタントを設立 男性がどんな役割を果たすことによって女性にモテるか?その総論と各論を具体的に情報発信する専門家。微妙な女心をマーケティングする現役独身女性として各種雑誌・ネット・講演など多方面で活躍中。日本男児のコミュニケーション能力の向上の為に生涯を捧げる予定。夢は「モテる男が日本に大量増殖することで少子晩婚化を解決し日本の国力アップに貢献すること」
書籍:「B型女の取扱説明書」 あさ出版 12刷済み
ブログ:お姉さんの「男の恋愛相談室」http://otokoryoku.livedoor.biz/

PICKUP 注目の情報

PR