現在位置:
  1. asahi.com
  2. 続 30歳からの結婚特集
企画 朝日新聞社デジタルメディア本部 企画特集

続 30歳からの結婚特集

  • TOPページ
  • 対談 白河桃子さん×牛窪恵さん
  • ホテルウエディングの魅力に迫る!
  • 合コン潜入レポート
  • 血液型別「婚活」はいかが?

SPECIAL 結婚お祝い特集 今回モデルになっていただいた石橋夫妻

婚活サイト「ラブライフバランス研究所」主催「スパークリングワイン合コン」潜入レポート
 6月某日。都内のマンションで、婚活合コンを運営する「ラブライフバランス研究所」主催の「スパークリングワイン合コン」が開催された。どんな人が来るの? どんな風になっているの? 気になるそこのところ、潜入取材を果たした独身女性ライターがレポートします。

いま合コンに大人が集まる理由とは

今宵も穏やかな雰囲気ではじまった、「スパークリングワイン合コン」
今宵も穏やかな雰囲気ではじまった、
「スパークリングワイン合コン」

 結婚相手を見つけるべく、インターネットサイトが開催する合コンに精を出す。この現象に最初は正直、偏見を持っていた。金銭で「出会い」を手に入れることへのうしろめたさからか、「清潔」や「さわやか」からかけ離れたイメージが拭えなかった。しかし、ではそんな私が男性との出会いに困っていないのかと聞かれると、はっきりと答えは否! 一昔前では「結婚適齢期」などと呼ばれていた年齢をはるかに超えたいまも、独身であり、彼氏募集中であり、一カ月に15回は「誰かいい人と出会わないかな」と口にしている。

 会社や友人関係を見渡してもいないし、紹介の誘いも底を尽きた感がある。ハンカチを拾ってくれた人と運命の……なんて、この先も絶対にないだろう。そう、30歳を過ぎると仕事や趣味は右肩上がりで充実していくけれど、出会いは目に見えて減っていくのだ。これはもう事実として認めて、具体的な一歩を踏み出そうじゃないか! しかしそうなると私たちが起こせるアクションは、決して多くない。むしろこの状況で“合コンセッティングサービスの利用”を排除した場合、ほかに何が残るのか、逆に聞きたくなる。しっかりとしたシステムがあり、健全な場である保証があるのなら、そこに出会いを求めた男女が集まるのは、考えれば考えるほど自然なことのように思えてきた。

あっという間に過ぎていく楽しい45分間

スパークリングワインのボトルを開けて、今宵の出会いに乾杯
スパークリングワインのボトルを開けて、
今宵の出会いに乾杯

 そんな感じで、肯定と否定の気持ちを半分ずつ抱えての参加となった、「スパークリングワイン合コン」。簡単に説明すると、参加者は男性9名女性8名(一名が体調不良により欠席)。部屋には大きなテーブルが3つ並べてあり、それぞれのテーブルで男性3名、女性3名の計6名(1つのテーブルは女性が2名)が顔を合わせて、食事と会話を楽しむことになる。そして45分が経ったら男性3名が次のテーブルに移動。全員と一度は顔を合わせて会話ができるシステムになっている。

 参加者が席に着き、いよいよスパークリングワインのボトルを開けて、今宵の出会いに乾杯。さて、ここでおそらく気になるのが、「どんな人が参加しているの?」ということだろう。正直私も、いかにもモテなさそうな人たちが集まるのでは? なんて思っていた。でもそれはまったくの誤解。男性も女性も、「いや、別にここにわざわざ来なくても」と声をかけたくなるような人ばかり。職種はさまざまだけれど、それぞれにきちんと職を持ち、趣味を楽しみ、社会に安定した基盤を築いている人たちが集結していたことには、本当に驚かされた。

 さらにみなさんコミュニケーション能力も高く、初対面にも関わらずものの5分ほどで、あちこちで笑い声が起きはじめる。女性への気配りを忘れない紳士的な態度は、昨今の若い男性にはあまりないスマートさ。「45分も会話が持つかな?」なんて最初は思っていたけど、時間はあっという間に過ぎていく。はじまって5分で否定的なイメージが吹っ飛んでしまった私。15分後にはすっかり仕事を忘れて、普通に合コンを楽しむ姿があった。

つまり出会いを求める大人たちはみんな同士なのだ >>

1  |  2

水野 真由美
水野 真由美
真面目な出会いを応援する(株)Rush社長。
合コンセッティングサービスRushの創業者であり、また婚活サイト「ラブライフバランス研究所」代表として、出会いの場の提供・ブラッシュアップセミナー・講演活動・執筆などを通し「恋愛・結婚」を様々な側面から支援している。

婚活サイトRush「ラブライフバランス研究所」 http://loveba.jp/
ブログ「合コンセッティングサービス女性社長がこっそり教える出会いの裏側」 http://rush.livedoor.biz/

PICKUP 注目の情報

PR