メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

COPD( 慢性閉塞性肺疾患 まんせいへいそくせいはいしっかん )は年間1万8000人もの方がなくなる肺の病気です。
しかし、この病気の認知度はまだ低く、診断・治療を受けていない人も多いことが問題です。
COPDを一般の方々に知っていただくために、2012年よりCOPD啓発プロジェクトがスタートしました。

COPDアセスメントテスト 肺の健康をチェックしましょう 喫煙歴のある方はチェックしてみましょう。

印刷する先生方からのメッセージ

COPD啓発プロジェクト

COPDは世界的に認知が広まり、日本でも健康づくり運動「健康日本21」に取りあげられるなど、発症・重症化予防が呼びかけられるようになりました。「COPD啓発プロジェクト」では医療関連団体・医学会、企業、メディアが一体となって認知と啓発活動を展開しています。

推薦:一般社団法人GOLD日本委員会
※COPDアセスメントテストは英国・セントジョージ病院のP.Jones教授が開発した。COPD患者のQOL(生活の質)を総合的、客観的に簡便に評価できる評価表。40点満点で高得点ほどQOLは不良である。

 

COPDを知ってほしい まずは禁煙から 画像をクリックいただくと、PDFが開きます。

COPDはどんな病気か
動画にまとめました
  • 環境再生保全機構