ドリー

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

広告特集 企画・制作 朝日新聞社メディアビジネス局

映画「ファインディング・ドリー」公開記念 「“忘れられない”家族の思い出」絵画コンクール 結果発表 大ヒット上映中!

動画

映画『ファインディング・ドリー』の公開を記念して、絵画コンクールが開催されました。テーマは「夏や海にまつわる家族との思い出・できごと」について。全国各地から1.155点の作品が寄せられ、最優秀賞の「ファインディング・ドリー賞」をはじめとする受賞作品と、入賞団体が決定しました。

ストーリー
ニモの親友、忘れんぼうのドリーがただひとつ忘れなかった《家族の思い出》。その秘密を解く鍵は、海の生き物にとって禁断の場所=《人間の世界》に隠されていた……。いま、ニモとドリー、そして新たな仲間たちの感動の冒険が始まる。
公式サイト

結果発表

ファインディング・ドリー賞

帰り道

帰り道

渡辺 志歩子さん (19歳・一般の部/滋賀県)

小学生の頃、母と夏祭りから帰るときにみえた花火です。母の背中から見た花火は今まで見てきた花火の中で一番美しく感じました。

朝日新聞社賞

花笠まつり

花笠まつり

金成 千彩さん (9歳・子どもの部/山形県)

山形市では毎年8月に「花笠まつり」が行われます。去年、家族で見に行ったときの様子を描きました。見ている人達が楽しんでいるところや、夜の空が光り輝いている様子を表現しました。

審査員特別賞

うみのいわで、カニやえびをとったよ

うみのいわで、カニやえびをとったよ

筑後 美澄さん
(5歳・子どもの部/神奈川県)

パパとママとわたしで、うみにいって、いわのところでカニやえびをとりました。

”あの夏、美ら海で見つけた家族の親和力”

”あの夏、美ら海で見つけた家族の親和力”

長尾 光倫さん
(15歳・一般の部/埼玉県)

長く病気を患い今では想像もできないが、まだ元気いっぱいで素潜りまでする祖父と、あの夏美ら海で家族一緒に楽しんだ思い出の一時を描きたいと思った。それは互いを優しく思い睦み合う親和力!発見の一瞬でもある。

青の洞くつ

青の洞くつ

川崎 瑚央さん
(10歳・子どもの部/千葉県)

沖縄の「青の洞くつ」でお父さんとおかあさんと僕で、シュノーケリングをしました。カラフルな魚がたくさん泳いでいて、洞くつの中は太陽の光が反射して、海が水色に見えてとてもきれいでした。

優秀賞

はじめてのしおひがり

はじめてのしおひがり

石立 ゆきなさん
(32歳・一般の部/京都府)

三女が生まれる前に、自身も初めての潮干狩りに行った時の絵を描きました。日々成長してゆく子供達と過ごす一瞬一瞬が、忘れたくない思い出です。今はお姉さんになった2人の、まだ小さい頃のあどけなさを表現。

お兄ちゃんと食べたアイス。

お兄ちゃんと食べたアイス。

河本 類さん
(10歳・子どもの部/愛知県)

ぼくの、絵は、りょこうに行ってほてるにいたら「わーわやーや。」といううるさい音がして外をみたら夏祭りがやっていたので近くのきものやさんできものをきさせてもらって、夏祭りに行きました。お兄ちゃんと行ってきました。下にはすごいお金が落ちていました。ちょとずつひろっていったら、何と、千百二十五円も集まりました。そして、はぐれないようにお兄ちゃんと手をつなぎいっしょにアイスを食べました。

深海2,500mの世界

深海2,500mの世界

橋本 将さん
(9歳・子どもの部/神奈川県)

ぼくは、おばあちゃんと一緒に海洋調船「なつしま」に乗船し無人探査機「ハイパードルフィン」を駿河湾に潜水させ、実際に操作を体験させてもらったのが忘れられない素晴らしい思い出となりました。

家族旅行

家族旅行

森下 夏愛さん
(8歳・子どもの部/熊本県)

私は家族で行った東京旅行がとても心に残っています。小学2年生の夏休みに行ったのですが、東京の色々な観光地を巡って本当に楽しかったです。またいつか家族みんなで遊びに行きたいと思います。

無人島に行ったよ!

無人島に行ったよ!

飯島 宏煌さん
(8歳・子どもの部/千葉県)

南房総の無人島・沖ノ島へ家族4人と父母の友人の看護師さんと行きました。海は、碧くてキレイ。緑のテントで休みながら、泳いだり貝拾いしたり楽しみました。

大の字ジャンプしたたてやまの海

大の字ジャンプしたたてやまの海

三上 日菜子さん
(7歳・子どもの部/東京都)

昨年、館山で磯遊びをしました。岩の上から何回も大の字になってジャンプして海にとびこみました。魚・やどかり・うに・かに・フナムシなど夢中になって見つけ忘れられない6歳の夏になりました。今年もいくぞー!!

よーよーぶろ

よーよーぶろ

吉田 塁さん
(6歳・子どもの部/東京都)

なつまつり、きょうだいみんなで、とったたくさんのいろんなもようのよーよを、おうちのおふろで、うかべて、あそびました。

テニス家族

テニス家族

小野寺 芽衣さん
(12歳・子どもの部/三重県)

うちの家族はみんなテニスが好きです。私はテニス選手になりたいです。

楽しかったよプール

楽しかったよプール

足立 菫さん
(4歳・子どもの部/福岡県)

夏休みに家族やいとことプールに行ったよ。初めて流れるプールに入ってこわかったけど、楽しかったよ。

みんななかよしだよ

みんななかよしだよ

高田 梨花さん
(14歳・子どもの部/兵庫県)

幼稚園の従姉妹が生まれて初めて水族館に行ったときの思い出です。見るもの触れるものすべてに反応して目がキラキラしていました。初めてって大切だなと思いました。一生忘れらたくないステキな思い出です。

学校・団体賞

大阪市立関目東小学校(大阪府)

碧南市立棚尾小学校(愛知県)

柏市立豊小学校(千葉県柏)

審査員の声

さかなクン

さかなクン
『ファインディング・ドリー』海洋生物監修

お一人おひとりの絵に、家族みんなが楽しくワクワクした思い出が鮮やかに描かれていて、見ているとそこにいるような臨場感でいっぱいになれます。 ステキなステキな作品を拝見させていただき、心からありがとうギョざいます!!

青木 愛さん

青木 愛さん
シンクロナイズドスイミング元日本代表

家族で楽しんでいる夏の様子が、迫力のあるオリジナルな構図と大胆な色づかいで描かれていました。私も絵を描くことが大好きだったのですが、こうして作品に描いたことも含めて思い出として胸にとめてもらえたらうれしいですね。

宮下 純一さん

宮下 純一さん
スポーツキャスター・元競泳選手

「このお祭りに行ってみたいな!」と思ったり、深い海に入っていく時のドキドキ感に共感したりと楽しく審査させていただきました。人物の表情やアングル、思い出そのものの切り取り方に皆さんの個性が光っていたなと感じます。

アートアクアリウム2016 ポスター

この夏、ドリーとニモが日本橋ニモ!映画『ファインディング・ドリー』公開記念<スペシャルアートアクアリウム>日本橋に登場

10周年を迎えた日本橋アートアクアリウムの木村英智氏がプロデュース
日本橋三井タワー1階アトリウムにて特別展示中:8月28日(日)まで