• 広告特集 企画・制作 朝日新聞社広告局
hot
このエントリーをはてなブックマークに追加

入浴でぐっと基礎代謝をアップしよう!

「基礎代謝」という一見聞き覚えのある単語をご存知ですか?人間が一日に安静状態で消費するエネルギー量のことを指します。身長や年齢、体型によってこのエネルギー量は変わります。
「代謝が悪い」となれば、太りやすく痩せやすい体質のこと。同じ量のエネルギーを摂取しても、基礎代謝として使うエネルギーが少ないと、エネルギーを多く使う人より太りやすくなってしまいます。
体内の疲労物質の分解も鈍くなってしまうので、疲れが取れなかったり。倦怠感などのストレスを感じることも。
安静状態においても呼吸や心臓の動き、体温維持などで使用する体力は、この基礎代謝によってまかなわれています。成長とともに高くなる基礎代謝は、成長期を過ぎると年齢とともに低下してしまうのです。
特に40歳を越えると下降をたどってしまいます。代謝が落ちると、細胞が生まれ変わるスピードも遅くなるため、肌荒れがなかなか治りづらかったり、昔に比べて髪がぱさついたままだったり。基礎代謝が低いと、体温も低いまま。冷え性の症状を感じる方は、基礎代謝を上げるよう意識することがおすすめです。インナービューティも、それにともなう外見の衰えも、年齢には勝てません。

基礎代謝を上げるための方法の一つとして「入浴」があります。基礎代謝を上げるお風呂の入り方があるのです。まずは、こちらのコラムでも何度かご紹介した「半身浴」。ぬるめのお湯にゆっくり浸かることで、血流促進を促します。体内の血の巡りを良くすると必然的に基礎代謝は上がるので、毎日続けたい入浴方法の一つです。
次に湯船に浸かれないとき、シャワーを浴びながらの「足湯」。体の末端である足を湯に浸けておくことで、シャワーであっても体内の血流循環促進効果を期待できます。

他に使えるアイテムとしては、以前こちらでご紹介した入浴剤として使用する、塩、日本酒、炭酸成分入り入浴剤も体を温める=基礎代謝を上げるものとしておすすめです。
加齢とともに低下する基礎代謝ですが、体を温める入浴法で無理なくこれ以上の低下を予防することができます。無理をしないお風呂の入り方を毎日続けることで、基礎代謝と上手に向き合いたいものですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加