• 広告特集 企画・制作 朝日新聞社広告局
hot
このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ旬です!イチゴ狩りと温泉を楽しむ君津の旅

南房総の豊かな自然に恵まれた、千葉県君津市。アクアラインの利用で都心からのアクセスもよく、温泉や自然を満喫できる人気観光スポットです。そんな魅力あふれる君津は、まもなくイチゴ狩りのシーズンを迎えます。1月中旬から5月上旬までの期間、甘酸っぱいイチゴをおもいっきり味わうことができる、君津のイチゴ農園情報と、おいしいイチゴの見分け方、正しい摘み方などをご紹介します。

さまざまな品種に舌鼓! 「きみついちご」の特徴

都心から約1時間の距離に位置する千葉県君津市。周辺には温泉や日本有数の観光牧場「マザー牧場」などがあり、日帰りドライブやプチ旅行におすすめのエリアです。1月に旬を迎えるイチゴ狩りは、君津市、木更津市、富津市、袖ケ浦市の君津地域で一斉にはじまり、5月上旬まで楽しむことができます。

品種によって味や香り、かたち、色など特徴が異なるイチゴ。君津地域ではたくさんの味を楽しんでもらいたいという思いから、さまざまな品種を栽培。これを総称し「きみついちご」と呼んでいます。主な栽培品種は次の通りです。

・章姫(あきひめ)
果実はやや大きめ。やわらかくジューシーな味わいは酸味が控えめで甘さが際立っています。

・紅ほっぺ(べにほっぺ)
甘みと酸味のバランスがとれたイチゴ。果肉の中まで赤く、しっかりとした食感を楽しむことができます。

・とちおとめ
均整が整った円すい型の果肉が特徴。甘みと酸味のバランスが良く、とてもジューシーなイチゴです。

どこで楽しむ? 君津周辺のイチゴ狩り農園

君津にはたくさんのイチゴ農園があります。直売所で購入することができますが、せっかく君津を訪れたなら、ぜひイチゴ狩りを楽しみましょう! 摘みたてならではの新鮮なおいしさを堪能することができますよ。

君津市にある苺農園

・大竹いちご園(住所:君津市泉989)
・くるべりーファーム(住所:君津市向郷1792)
・高橋いちご園(住所:君津市正木193)
・ポレポレ農園(住所:君津市上湯江1128)
・安田いちご園(住所:君津市大井500)
・渡邉いちご園(住所:君津市大井1)

おいしいイチゴの見分け方

甘酸っぱい香りが漂うイチゴ農園には、真っ赤なイチゴがたわわに実っています。なかにはまだ熟していないものもあるので、食べごろを選んで摘みましょう。

完熟イチゴを探せ!

イチゴの食べごろは、甘さがピークに達した「完熟」です。見極め方はとても簡単。先からヘタのある根本まで真っ赤になっていることです。イチゴは先から徐々に赤く色づいていきます。根本が少しでも白いものはまだ熟していないので、次の人のために残してあげてくださいね。

正しいイチゴの摘み方3か条

正しい摘み方をマスターすることでイチゴ狩りはもっと楽しくなるはず! やみくもに摘んではイチゴを傷つけてしまうことにもなるので注意しましょう。

1. 真っ赤に熟しているのが食べごろのイチゴ。人差し指と中指で茎を挟み、ひねるようにしてそっと摘み取る。決して果肉を強く握るなかれ。

2. おいしそうなイチゴがたくさんなっているから……と茎ごとごっそり摘み取るのはタブー。苗が土から抜けて台無しに!

3. 甘酸っぱい香りに包まれ、はしゃいで先走る気持ちを抑えよ。他の人の迷惑になるだけでなく、転んでイチゴを傷つけたり苗を踏みつぶしたりしてしまうことも。園内はゆっくり歩いておいしいイチゴを見定めよ!

新しい年とともにやってくる君津のイチゴ狩りシーズン。甘酸っぱい香りは心を弾ませ、甘くてジューシーな味わいは幸せな気持ちになりますよね。日帰りはもちろん、近隣の温泉宿に宿泊するプチ旅行にもおすすめの君津で、一足早い春を満喫してみませんか?

参考:
・きみついちごの紹介|千葉県ホームページ・「きみつのいちご」いちご園一覧(2014.3)|千葉県ホームページ

このエントリーをはてなブックマークに追加