• 広告特集 企画・制作 朝日新聞社メディアビジネス局
hot
このエントリーをはてなブックマークに追加

浸かって癒され、飲んで美味しい!温泉サイダーって?

鹿児島県初の地サイダー「指宿温泉サイダー」。名水でいただくそうめん流しが有名な開聞唐船峡の天然湧水を使用して作られた一品。唐船峡は鹿児島県指宿市にある渓谷で、そちらで湧き出る湧水は、平成20年に「平成の名水百選」に選定されたほど。温泉からあがった体に染み入る、爽快な喉越しが特徴です。 鹿児島県指宿は、その昔「東洋のハワイ」と呼ばれ、新婚旅行で賑わいました。その頃をイメージして作られたサイダーのラベルは、レトロで可愛く、SNSにアップしたくなるようなデザインです。
また、こちらの指宿はNHKドラマ「篤姫」のロケ地に指定されたことでも知られています。観光客に指宿のPRもかね、サイダーの開発もスタートしたという経緯があります。

また、有馬温泉には「日本最初のサイダー」と言われる有馬サイダーが人気です。この有馬サイダーから派生したものが「有馬温泉のサイダーラスク」。有馬の炭酸泉を仕込み水として使用したパン生地を一枚ずつ丁寧に香ばしく焼き上げたもの。サイダー味に仕上げてあるところが特徴です。かりっとした歯触りのあとは、シュワっとした感覚に。不思議な味わいがクセになりそう。

そのほかにも大分県別府市の明礬温泉の湯けむりサイダーや金沢の湯桶温泉サイダー、草津温泉 湯けむりサイダーなど。その土地ならではの地サイダーで、温泉で乾いた喉を潤してはいかがでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加