• 広告特集 企画・制作 朝日新聞社広告局
hot
このエントリーをはてなブックマークに追加

目覚めすっきり!朝風呂のメリットと注意点

休日にゆったりお湯につかる朝風呂。普段、時間に追われる朝とは異なり、ちょっとリッチな気分にさせてくれますよね。気分的なこと以外にも朝風呂にはさまざまなメリットがあるようです。ただし、季節によっては思わぬ健康被害を招くことも……。朝風呂を安全に楽しむための注意点をご紹介します。

朝風呂で眠っていた体をリセット!

お風呂は、時間に余裕のある夜に入るという方がほとんどではないでしょうか。1日の疲れを取りながら心身ともにリラックスできるバスタイムは至福のひとときをもたらしてくれます。また、体が芯から温まるため、自然な入眠効果も期待できます。

では、これから1日がはじまる朝のお風呂にはどんなメリットがあるのでしょう。夜の入浴で得られる効果に加え、ぼーっとした頭をすっきりさせる効果があるようです。眠っていた体をリセットし、すっきりした気持ちでスタートできそう!

体が温まることで眠くなるのでは? と思われがちですが、習慣化することでその後の活動がしやすくなります。例えるなら、車のエンジンを暖気するようなイメージです。 ただし、季節によっては注意すべき点がいくつかあるようです。朝風呂の注意点をひも解きながら朝風呂効果をより高めるためのポイントを探ってみましょう。

朝の体温と朝風呂効果の関係

起きたばかりの体は1日の中でもっとも体温が低い状態にあることをご存じですか? これは、交感神経と副交換神経の切り替えによるものと考えられています。起きている間は体を活発にさせるため交感神経が刺激され、体温が上がります。反対に、体を休めることを目的とする睡眠時間には、リラックスをもたらす副交感神経に切り替わり、並行して体温も下がります。そのため、昼と夜の体温差には個人差はありますが、約1度の開きになります。体温は室温や気温によっても変化するため、夏場は冬場に比べて高くなる傾向があるようです。

体温が下がっているとき、お風呂にじっくりつかることは想像するだけで気持ちが良いもの。体温が上がることで交感神経が刺激され、活動モードに切り替えることができます。朝風呂で目覚めがすっきりするのはこのためです。また、お風呂に入ることで血流が良くなり血管が広がると、肩こりや冷えの改善にもつながります。
ところが、体温が低い状態からいきなり血管が拡張されることで思わぬ事故を招くこともあるようです。

温度差に潜むヒートショックの危険性

急激な温度変化は「ヒートショック」という健康被害を招くことがあります。冬、暖かい部屋から寒い廊下に出たとき、ブルッと震えることがあります。これは、急激な温度の変化に対応するためのヒートショック現象のひとつです。筋肉を震わせて熱をつくり、皮膚の表面から熱が逃げないように血管が萎縮。すると震えがおき、血圧も上昇します

ヒートショックによる血圧の変動は室温の差が大きければ大きいほど高くなり、心臓に負担をかけることになります。そのため、暖かい脱衣所から冷えた浴室への移動がもっとも危険となります。2011年の1年間で約17,000人もがヒートショックに関連した急死をしているというのですから、もはや他人ごとではありません。
体温が低い冬の朝、いきなりお湯に入ることはヒートショックの危険性を高めることが心配されます。特に高齢者は体温と気温、室温の差を十分考慮する必要があるといえます。

朝風呂を安全に楽しむために

少し怖い話が続き、驚いたかもしれません。しかし、注意をすれば危険は避けることができます。安全に朝風呂を楽しむためのポイントをみていきましょう。

白湯を飲む
体温が低い朝、コップ1杯の白湯を飲んでみましょう。全身がじわじわと温まる感覚がわかるはず。入浴前にあらかじめ体温を上げておくことでヒートショックの危険性を抑えることができます。冷え性の改善にもつながるのでぜひ習慣にしてみてくださいね。

脱衣所を暖めておく
室温差を最小限に抑えるため、脱衣所は暖めておくことをおすすめします。最近の高気密高断熱住宅ではセントラルヒーティングを採用していることが多く、以前よりヒートショックの心配は少ないようです。とはいえ、注意するに越したことはありません。ファンヒーターや電気ストーブなど、スポット的に暖めることができる小型の暖房機を用意しておくと安心です。

40度未満のお湯に5分
42度以上の熱いお湯につかると、いくら白湯や脱衣所の温度を工夫してもヒートショックの危険性が高まります。朝風呂は40度前後のお湯がベストです。また、夜の入浴時間は10~15分が良いとされていますが、朝風呂の場合は5分程度にとどめましょう。長くお湯につかると副交感神経が活発になり、すっきりした目覚め効果より眠気の方が勝ってしまうことがあるからです。朝風呂は数分でぱっと出るくらいがちょうど良いようです。

これらの工夫をすることで、朝風呂は安全に楽しむことができ、すっきり感も得られるはず! お休みの日はのんびりお湯につかりたいという気持ちもわかります。せっかくの休日を元気よく過ごすためにも、「入浴時間:5分」を守り、1日をさわやかにスタートしてみてはいかが?

参考:
・ 食事と学力、体温|TERUMO ・ 知っておきたい体温の話|TERUMO ・ わが国における入浴中心肺停止状態(CPA)発生の実態-47 都道府県の救急搬送事例 9360 件の分析-(PDF)|東京都健康長寿医療センター研究所

このエントリーをはてなブックマークに追加