• 広告特集 企画・制作 朝日新聞社広告局
hot
このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ外国人はお風呂につからないの?世界の入浴事情を探る

欧米ではバスルームにバスタブはあっても、お湯をためて入るのは月に1回程度という人が多いようです。また、日本ではコミュニケーションのひとつとされている、親子でお風呂に入る習慣もないとか……。来日した外国人にとって、日本のお風呂文化は奇妙に見えたことでしょう。なぜ、欧米人がシャワー文化なのか、外国人は日本のお風呂や温泉をどう感じたのか。海外の入浴事情を探ってみましょう。

欧米諸国にみる入浴事情

日本人にとってお風呂とは、体を清潔に保つほか、疲れをとったり、リラクゼーション効果を得たりする生活習慣のひとつです。ところが、欧米では衛生面から体を洗うことはあっても、お風呂に癒し効果を求めることは少ないようです。日本人より体臭がキツイとされる欧米人は、シャワーをこまめに浴びることで汚れやニオイを洗い流す傾向にあります。

シャワーの習慣は住宅事情に関係する?
日本では一人暮らし用のアパートでも、浴室にはバスタブとシャワーが完備されているのが一般的です。それに対し欧米のアパートは、シャワーのみという部屋も多く、必然的にシャワーで済ますことになります。バスタブがある部屋でも、お湯をためて入るのは月に1回程度。しかも「洗い場」という概念がないため、バスタブの中で体や髪を洗い、最後にシャワーで洗い流します。

お湯は1人につき1回使いきり
ペジャグジー付きのお風呂が設けられたリッチな邸宅でも、入浴事情はさほど変わらないというのだから驚きです。浴槽に入るにしてもバスタブの中で体や髪を洗うため、お湯は1人1回の使いきりとなります。家族で暮らしている場合、お湯をみんなで共有する日本人にとっては、なんだかもったいなように感じられますよね。ところが、外国人からみると、日本の習慣こそが奇妙に見えるようです。

ここが変だよ、日本のお風呂 来日外国人が驚いた入浴習慣

はじめて日本を訪れた外国人は、日本人の風呂好きにさぞかし驚いたことでしょう。日本では当たり前でも、外国人にとって不思議に見えることがたくさんあるようです。
例えば「夏でもお風呂につかるなんて信じられない」「家族でお風呂のお湯を替えずに、同じお湯を使うなんて!」「朝ではなく、夜お風呂に入ることに驚いた」「熱い湯船に長くつかっていられる日本人に驚き」などなど。

ちなみに、夫が帰宅した際、妻が言う「お風呂にする? ごはんにする? それとわ・た・し?」という文句。北米出身者のアンケートでは「まずわたし」派が最も多かったそうです。「おかえりなさい! わたし、お風呂、ごはん、さぁどれにする?」「もちろん君さ!」といったところでしょうか。夫婦のスタイルが多様化する現代の日本において、あまり見られない光景ではありますが、「わたし」を最後にもってくるのは、奥ゆかしい日本の妻を表しているのかもしれませんね。

親子でお風呂はNO!センシティブな対応をとるアメリカの法律

日本人にとってお風呂は、親子のコミュニケーションの場でもある大切な場所。小学校低学年くらいまでは、お父さんやお母さんとお風呂に入っていたという方も多いのではないでしょうか。湯船に入る習慣がない欧米では、お風呂の認識がかなり異なることもあり、親子で入ることはほとんどないようです。加えて、親子虐待に対してセンシティブな対応をとる法律があることも大きな理由。アメリカでも大ヒットとなった人気のジブリアニメ「となりのトトロ」に、お父さんと姉妹が入浴するシーンがあります。日本ではほほえましい親子のコミュニケーションに見えますが、海外では日本の文化に理解を示しつつも戸惑いや議論があったそうです。

とはいえ、日本の浴室や温泉文化に感動する外国人は少なくありません。特に温泉は一度入ったらやみつきになってしまったという人も。日本のお風呂は世界に誇れる文化のひとつ。これからも大切に受け継いでいきたいものです。

参考:
・ -アックス シャワナビニュース 調査レポート- 在日外国人からみた『日本のお風呂評価』 調査結果発表 シンジラレナイ!在日外国人が最も驚いた、日本のお風呂習慣とは!?|PRTIMES・ 海外邦人事件簿|Vol.50なぜ!? 思わぬことから大騒ぎ(その1)| 外務省海外安全ホームページ

このエントリーをはてなブックマークに追加