• このエントリーをはてなブックマークに追加
広告特集 企画・制作 朝日新聞社メディアビジネス局

ニッポン、グローバル人材のリアル

これから身につけるべき「事業創造」の力。
早稲田大学ビジネススクールが作るラーニングコミュニティ

起業をしたり、社内でイノベーションを起こしたりして社会を変革させるには、解決すべき課題、活かせる技術やノウハウや人材、そして世の中を変革するアイデアが必要だ。なかでも事業アイデアの質こそが、変革の成功を左右する。

世界の経営学では研究の蓄積で、質の高い事業アイデアを生み出すための方法は、大きく二つの「型」に別れることがわかっているそうだ。それは事業機会の「発見型」と「創造型」だ。これからの時代は両者のバランスのとれた人材育成が求められるが、特に日本に足りないのは後者。そんな考えのもと、「早稲田大学ビジネススクール(Waseda Business School 通称WBS)」で教鞭をとるのは、入山章栄 准教授。入山准教授に、これからの時代に求められるイノベーターになる為に必要な資質はどうすれば身につくのかを聞いた。

慶應義塾大学経済学部卒業。三菱総合研究所で主に自動車メーカーや国内外政府機関へのコンサルティング業務に従事した後、2008年に米ピッツバーグ大学経営大学院よりPh.D.を取得。同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクール助教授。2013年から現職。国際的な経営学術誌に多くの論文を発表する一方で、様々なメディアでの情報発信活動も行なっている。『ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビュー』誌上にて長期連載も掲載している。

「事業機会の創造型」の能力は、座学だけでは身につかない

―本日はよろしくお願いします。入山さんのハーバード・ビジネス・レビュー誌の長期連載「世界標準の経営理論」のなかで最近、アントレプレナーの種類を「事業発見型」と「事業創造型」のふたつに分ける考えを紹介する記事がありました。まずはそれについて教えていただけますか?(以下敬称略)

入山:このタイプ分けは、世界の経営学では以前から議論されていたことです。最近では経営学界の重鎮、ユタ大学のジェイ・バーニーらが2010年に発表した論文で「事業機会の発見型」(Opportunity Discovery)、そして「事業機会の創造型」(Opportunity Creation)という名で両者を分けて呼んでいます。

簡単に言えば、「事業機会とは外的な環境変化であり、その環境を客観的に分析することで見つけられる」とするのが発見型で、「事業機会とは、まずは事業環境に自ら飛び込んで試行錯誤することで、後で気がついたら生まれているものだ」とするのが創造型です。前者は客観的な分析を重視し、後者はまずは飛び込んでの試行錯誤を重視する、ということです。

―入山さんのハーバード・ビジネス・レビュー誌の論考では、「今後は特に、事業機会の創造型が求められる」とおっしゃっていますが、なぜでしょうか?

入山:正確には発見型も創造型も、両方が必要です。ただ、世界的に見てこれまでのビジネスパーソン育成は前者に偏っていたのです。戦略分析アプローチやファイナンス分析など、従来のMBAで学ぶことの多くは「発見型」の手法です。これらの重要性は、なくなるものではありません。しかし、変化が極度に激しい現代のビジネス環境では、一層のイノベーションが求められます。そのような時代には、創造型の重要性が相対的に高まっていくはずです。

―「事業機会の発見型」のように分析するだけでは足りず、まずは実際に行動することが必要ということですね。

入山:はい。こういった創造型のイノベーターに求められる資質は、「自分の信じるビジョンを掲げて」「人と対話し」「他者を説得し、腹落ちさせる」「他者を巻き込みつつ行動する」などです。つまり、リーダーシップやコミュニケーションスキル、そして何より自身がビジョンを持ち、他者を巻き込んで、とにかく前進していく力だと考えています。これは、従来の座学だけでは身に付きません。

重要なのはアクションと内省、そして多様な人材が属するコミュニティ

―リーダーシップやビジョンなどが、座学では身につかないとなると、どうやって学べば良いのか、どこで学べば良いのか、と迷ってしまいます。

入山:そのためには、2つのことが重要になってきます。

1つはとにかくアクションを起こし、それを振り返ること。例えば、ハーバード大学のビジネススクール(以下HBS)でも一部始まっているプログラムの中に、世界各国の様々な地域に行って社会貢献活動などを行うものがあります。

HBSの教育でも、以前は“Knowing”(知識)に重点を置いていましたが、その後“Doing”(実践)へと移ります。しかし、多くのハーバード大学の卒業生が関わった仕事が2008年のリーマンショックを引き起こした要因のひとつとなったことから、現在は“Being”(価値観)を掲げているのです。要は、「なぜコレをやるのか」「自分たちがどういう人間なのか」を、深く内省することです。先のHBSの新しい取り組みは、このBeingを高めるためにやっています。早稲田大学ビジネススクール(以下WBS)でも、これからはこのBeingを高める施策を進めていきたいと考えています。

もう1つは、同じ志を持った、可能な限り多様な人々と出会い、その人たちと泣いたり笑ったり、時に強烈な人と出会ったりする、などの体験をすることです。日本企業は未だに新卒一括採用で終身雇用が前提のところも多いですから、社内ではどうしても同じような人としか出会えません。外国人や、2代目3代目など事業承継をした経営者、起業家や会社員など、多様な人が集まるコミュニティで様々な交流していくことは、間違いなく創造のための刺激となります。これはすでにWBSが実践していることで、これからも加速させていきます。

「MBA」という肩書きではなく、実際に使える知識・経験・刺激を取りに来る学生達

―先程おっしゃった、アクションや内省、多様な人との出会いをWBSではどうやって実現していくのでしょうか?

入山:まず大前提として、WBSはここ十数年来様々な改革を行い、すでに国際的に高い評価を得ていることです。QS社の「QS World University Rankings: Global MBA Rankings 2018」では日本で1位に選出されています。(https://www.waseda.jp/fcom/wbs/news/4837) また、Eduniversalという信頼性の高い国際的評価機関からも、日本で1位のビジネススクールに選ばれています。昨年度に立ち上がったファイナンスのプログラムは、先ほどのQSでいきなり世界のトップ100に入りました。

私はこの組織のトップではないので、あくまで一教員としての見解になりますが、WBSは先のような問題意識を前提に、これからさらに改革を進め、さらに世界的に価値のある人材育成を行うスクールを目指して行くと理解しています。

WBSのビジョンは3つあります。それは「アクショナブル・ナレッジの醸成」「グローバル視点を持った洞察力のあるリーダーの育成」「ラーニングコミュニティの形成」です。

まず、アクショナブル・ナレッジ(Actionable Knowledge)は、いわゆる学術知と責任感と実践知の融合です。WBSでは「本当のビジネス・イノベーションに必要な知識は、学術的な知識だけからは生まれない」と考えています。

そのためWBSには、ボストン・コンサルティング・グループの日本代表を務めた内田和成教授や、マッキンゼー&カンパニーの日本支社長を務めた平野正雄教授、マーサジャパン会長を勤めた大滝令嗣教授など、まさに実業界・コンサルティング企業の第一線で活躍した方々が数多く参加しており、フルタイムの教授として教鞭を振るっています。こう言った非常に高いレベルでの「実務家教員」が多くいるのが、国内経営大学院におけるWBSの極めてユニークな特徴です。私はアメリカに10年いたのでよく知っているつもりですが、海外MBAでも、正式な教員の大半は私のような「学者」です。その意味ではWBSの教員陣は世界的に見ても異例なのです。こう言った方々がその豊富なビジネス経験から提供する実践知は、圧倒的な価値があります。

しかしWBSの特徴は、一方で学術知でも高いレベルであることです。私はさておき、海外でPh.D.をとったり、国際的な研究業績のある優秀な教員は多いですし、現在の研究科長の淺羽茂氏は、日本最大の経営学会である組織学会の会長を最近まで務めていました。この実践知と学術知が極めて高いレベルであることで、「本当の意味でビジネスに貢献するアクショナブル・ナレッジを生み出し、学生に還元していこう」というのがWBSの目指しているところなのです。国際的な評価が上昇している背景の一つもここにあるのかもしれません。

結果、教員たちの授業の魅力を損なわないように、授業内容もあまり統一はしておらず、極めて多様性のある授業が揃っていることも特徴です。

―学生さんにはどんな人たちが多いんですか?

入山:WBSには、大まかに「夜間」と「全日制」のMBAのプログラムがあります。夜間は20~40代の日本人ビジネスマンが多く、彼らは働きながら平日夜と土曜に大学院に通っています。大手企業の中堅層がやや多いですが、中小企業の方や、スタートアップの方、会社の経営者、事業承継者など、様々な方がいます。4月入学の全日制プログラムはほとんどが日本人学生。一方、すべての授業を英語で行う9月入学の全日制プログラムは、ほとんどの学生が外国人です。特にこの9月入学プログラムは、今人気が高まっています。このように、非常に多様なバックグラウンドの方々が集まっているのもWBSの特徴です。

例えば全日制の9月入学のプログラムでは、早稲田大学の認知度が海外で高いことやWBSの国際的評価が上昇していることも影響し、アメリカやヨーロッパ、アジアの有名大学を卒業した学生などが、世界中から集まります。一方、夜間のプログラムでは、資格取得の意味合いが強くて「大学の名前」で志望校を選ぶアメリカのMBA等とは異なり、実際に活用できるための知識・経験習得という「実」を取りに来る、本当に志が高い日本人学生が多いですね。そこに、我々の目指すアクショナブル・ナレッジの提供が、フィットしているのでしょう。そんな背景もあり、おかげさまで入試倍率は高く、結果的には意欲的で優秀な学生が揃うので、我々の目指す「グローバル視点を持った洞察力のあるリーダー」を輩出することにつながっていきます。

そして、3つ目のビジョンである「ラーニングコミュニティの形成」は、今後のビジネススクールのあり方において、非常に重要になってくると私は考えています。

ラーニングコミュニティとしての役割が、ビジネススクールの大きな価値

―ラーニングコミュニティが重要になるとおっしゃいましたが、どうやってコミュニティを形成していくのでしょうか?

入山:事業機会創造のためには、多様な人と関わり刺激を受けるとこが重要とお話しましたが、それを促進するのがラーニングコミュニティです。しかし、単に優れた学生を集めただけではコミュニティは生まれません。コミュニティ形成のための仕組みが必要です。

まずは、高いビジネスの経験値を持つ教員と国際的に業績のある学術教員たちが、コンテンツとしてその役割を果たします。そして、その教員の魅力を頼りに集って来た、優秀で多様な学生同士がコミュニケーションをとるきっかけを作っていきます。

例えば、WBSにはゼミがあるのですが、私のゼミでは、夜間プログラムの社会人学生と全日制プログラムの外国人留学生との間で交流する機会をなるべくつくろうとしています。それぞれお互いに興味を持っていますので。そこで、例えば夜間プログラムの社会人学生に自身の会社での仕事を英語で外国人学生に説明してもらう、などの試みをやっています。英語は下手でも全く構いません。外国人の学生は日本の企業の話を聞きたいので、共通の話題が生まれ必然的にコミュケーションの機会が増えていきます。

―お互いに興味を持ち、共通項があれば多少言葉が拙くても、伝わりやすくなるでしょうね。

入山:日本人はどうしても「英語はネイティブ並みに完璧に話せないと、話すのが恥ずかしい」という意識があります。でも、世界で一番普及している言語は、「非英語圏の人が話す下手くそな英語」というのが私の理解です(笑)。意思疎通は十分に行えるのです。このように、留学生とのコミュニケーションの経験を通じて、本当に使える英語でのコミュニケーションも体得できます。

ビジネススクールでありながら、先ほど申し上げたようなゼミがあることもWBSの特徴です。ちなみに私の全日制プログラムのゼミには、日本人が二人だけで、残りはモンゴル人、タイ人、コートジボワール人、オーストリア人、中国人、台湾人、韓国人、マレーシア人などが在籍しています。少し前まではロシア人もインド人もいました。実に多国籍なメンバーで、彼らと日本企業の訪問なども行っています。

11月には、ビジネススクール横断でのInternational Nightというイベントをやりました。おそらく200人以上はいたでしょうか。WBS中の世界から集まった学生と日本人学生が交流する様子は、壮観でした。

加えて、ビジネススクールでありながら、サークル活動が活発なのもWBSの特徴でしょう。これは面白いですよ。色々なサークルが公式・非公式に活動しています。由緒正しい「起業部」、「ものづくり部」のような大学院の公式のものから、「激辛部」と呼ばれる、ただみんなで辛いものを食べるだけのサークルも頻繁に活動しています(笑)。私自身も教員ですが、「マンガ部」や「ガンダム部」に参加しています。いま活動がすごく活発なのは、「餃子部」だったかな。みんなでひたすら餃子を食べるだけらしいですが(笑)。

これらの取り組みがあることで、ラーニングコミュニティとして活性化していき、教員だけでなく同級生からも多くの刺激をうけていくのです。

発見型、創造型の両輪があることが必要に

―WBSでは、事業機会創造型の人材育成を進めているのですね。

入山:もちろん創造型の人材育成は目指しますが、くりかえしですが、それだけで良いわけではありません。これまでどおりの、分析などから課題解決を目指す、発見型の姿勢と知識も非常に重要です。ただ、従来のビジネススクールではそれしか出来ていなかったというだけの話です。ですから、WBSでは両輪で学べる環境を大切にしていく、というのが一教員としての私の理解です。

今後はビジネススクールに求められる価値は変わっていくはず。その先駆けとして、早稲田大学ビジネススクールはこれからも走っていきます。

早稲田大学ビジネススクールはこちら

TOP