企画・制作 朝日新聞社メディアビジネス局 広告特集
タブレットは”相棒”
趣味も仕事も次のステップへ行きたい
デバイスのアップデートで実感する”今”
タブレットは”相棒”
趣味も仕事も次のステップへ行きたい
デバイスのアップデートで
実感する”今”
最新のハリウッド映画からB級映画まで幅広い作品に関する知識を蓄え、テレビ番組や雑誌などで映画コメンテーターとしておなじみの有村昆さん。映像鑑賞やゲームが趣味だという有村さんは、公私ともにエンターテインメントにどっぷりと浸る毎日を過ごす。そんな有村さんが欠かさず持ち歩き、“相棒”と呼ぶのが、タブレット端末だ。常に最新機器にアップデートすることで自分自身もアップデートするという有村さんに、ファーウェイの最新タブレット「HUAWEI MediaPad M5」および「HUAWEI MediaPad M5 Pro」を使ってみてのリアルな感想を伺った。
先端の機能と、使い勝手、デザインを備えた
ファーウェイのフラッグシップ タブレット
先端の機能と、使い勝手、デザインを備えた
ファーウェイのフラッグシップ タブレット

これまでに観た映画は約9,000本。今でも年間500本の映画を観て、それぞれの作品に関するデータをクラウド上にストックしているという有村昆さんは、ラジオパーソナリティならではの歯切れの良い、思わずうなずく説得力ある映画評論で人気を集めている。

「僕は、昔からとにかく新しいものが好きで、小さい頃から最新のゲームや情報機器を手に入れては、その機能を説明書で読み込み、隅々まで活用するというタイプでした」という、新しもの好きな有村さんは、現在、すべての情報をクラウド上に管理し、スマートフォン、タブレット、ノートPCといったデバイスを駆使し、状況に応じてアクセスして活用しているそう。

「様々なジャンルの映画を比較するのが映画評論家の仕事。そのためデータの活用が欠かせません」という有村さんは、映画をエモーショナルな部分で語るだけではなく、監督や俳優、脚本家などの系譜をたどり、作品間の比較をすることで、それぞれの作品を引き立たせ独自の映画評論を展開するのだという。

そんな“情報端末使い”の有村さんは、ファーウェイの最新タブレット「HUAWEI MediaPad M5」と「HUAWEI MediaPad M5 Pro」を手にした最初に感じた感想を、「相棒のようにタブレットを持ち歩く僕にとって、この薄さと軽さが嬉しいのはもちろん、とにかくカッコいいのがいい。ボディに触れた感触も良かった」と語った。「タブレットは画面に直接タッチペン(製品名:M-Pen)で書き込めるため、最近は、台本もすべてタブレットに入れるなど、ペーパーレスの生活をしています。「HUAWEI MediaPad M5 Pro」に付属するタッチペンの筆圧はリアルでとても気に入りました。また、デザインの美しさだけではなく、操作性も人間の直感に対応していてとても使いやすい。本当に良く考えられていますね」というコメントからも、期待どおりだったようだ。

プレミアム エンターテインメント タブレット
と呼ぶにふさわしい音と映像
プレミアム エンターテインメント タブレット
と呼ぶにふさわしい音と映像

最近は、映画評論以外にも、パフォーマンスユニット「TOKYO SABERZ」のプロデュースや、日本初のVR技術を駆使した人狼ゲームスペースの運営に携わるなど、マルチに活躍する。そんな多忙の中で年間500本もの映画を鑑賞するために、“隙間時間”をうまく使っているのだという。「楽屋や新幹線などの移動中を活用しています。タブレットを使うようになる前は、ポータブルDVDデッキとDVDソフトを持ち歩き、加えてレンタルショップで借りるなど本当に大変でした。今は、動画配信サービスが充実し、タブレット一つで膨大な作品にアクセス可能です。こうした端末や技術の進化は時短にもつながり、その分前にも増して考える時間が取れるようになりました。特に映画の予告編を次々にザッピングする感覚で見るのに最適です」そう力説する有村さんにとって、タブレットは無くてはならないもの。だからこそ、使い勝手を重要視するばかりか、常に最新の情報に目をやり、新機能があれば実際に試し、生活に取り入れるのだろう。

「このタブレットで映画を観てみたんですが、映像の美しさにびっくりしました。僕がプロデュースする“TOKYO SABERZ“の映像も見てみましたが、ライトセーバーを使ったダンスと殺陣の速い動きと光の軌跡をうまく表現してくれました。黒色の表現力もいいですね」と評す有村さん。画質については、高精細2Kディスプレイを採用。さらに美しいだけではなく、目の疲れを軽減する視力保護モードや、周囲の明るさに応じて自動調整する機能など、目に優しい仕様となっている。また、サウンドについても「このサイズ感でこれだけの臨場感あるサウンドを実現しているタブレットは他には無いんじゃないでしょうか」と絶賛。ハイレゾ対応※かつ、Harman Kardonが音響をチューニングしたスピーカーが搭載されているのだ。まさに音と映像にこだわったプレミアム エンターテインメント タブレットと呼ぶにふさわしい機能を備えている。

「様々なコンテンツの特性にあわせ、メディアをマッチングして楽しむ。これからはそういう時代だと思います」

有村さんの言う通り、私たちは今多くの選択肢を手にしている。エンターテインメントの世界はもっと楽しくなるはずだ。

※ハイレゾ再生には本製品に搭載のHuawei 音楽プレイヤー、本製品に付属のUSB Type-C to 3.5 mm ヘッドホンジャックアダプタと、別売のハイレゾ対応ヘッドホンなどが必要です。

「HUAWEI MediaPad M5 / M5 Pro」は
2018年という”旬“が詰まった一つの作品
「HUAWEI MediaPad M5 / M5 Pro」は
2018年という”旬“が詰まった一つの作品

「映像がきれいだったので、ラジオの収録現場にこのタブレットを持ち込んで、写真を撮ったり、動画を撮ったりして遊んでみました。子どもの写真も今ではデジカメではなく、スマートフォンやタブレットで撮っています。タブレットのいいところは、撮ったあとそのままオンラインでプリントをオーダーしたり、プレビューしながら写真を整理したりと、これ一台で撮影から管理まで完結するところです」有村さんのように生活にタブレットが溶け込んでいる方の話しを伺うと、タブレットの新たな可能性が見えてくる。

「これらファーウェイの最新タブレットも、映画と同じように、一つの作品だと思っています。2018年にしか味わえない空気感がここにはあります。つまり、今が詰め込まれています。こうした最新モデルを手にすることで、最新のものが見えてきます。最新のファッションや、レストラン、車に関心を持つように、こうした最新の情報ツールは、僕を次のステップに連れて行ってくれるんです」有村さんのように、メディアの仕事をする方はもちろん、いまやどんなビジネスにおいても、情報が生命線となることが多い。ほんの少し情報に乗り遅れたためにチャンスを失う、そんな時代になっている。「“今旬“なものを身近に置いておく。それが大切です」という有村さんの言葉の大切さを、まさにファーウェイの最新タブレットは教えてくれる。今回有村さんに話を伺ってびっくりしたのは、今や映画のワンシーンがスマートフォンやタブレットで撮影されることも珍しくないということ。タブレットで試し撮りしたシーンが、本番より良ければそれが採用される。そういう時代なのだ。

「ファーウェイの最新タブレットを体験して、本当に人間を研究しているなと感じました。どんどん進化して便利になる分、私たちにはうまく使いこなす能力が求められます。僕にとって、タブレットは趣味や生活や仕事をサポートしてくれる相棒。だからこそ、これからもずっと上手に付き合っていきたいと思っています」

こうした最新のデジタル機器の進化は、私たち人間をもっとクリエイティブに楽しくしてくれる。そんな可能性を感じたインタビューだった。

  • 有村昆
  • (ありむら・こん) / 映画コメンテーター・ラジオパーソナリティー
  • 有村昆
  • (ありむら・こん)
    映画コメンテーター・
    ラジオパーソナリティー

1976年、マレーシア生まれ。趣味はDVD鑑賞&収集&紹介、歴史(戦国時代、三国志)、ゲーム。年間500本の映画を鑑賞。最新作からB級映画まで幅広い見識を持つ。テレビ番組や雑誌などで映画コメンテーターとして活躍しているほか、長年ラジオ番組のパーソナリティとしても活動。妻は元キャスターの丸岡いずみ。

HUAWEI MediaPad M5

音と映像にこだわったプレミアム エンターテインメント タブレット。ハイレゾ対応。Harman Kardonが音響チューニングし、パワフルで歪みのない音を実現。細部まではっきりと映し出す8.4インチ IPS 液晶画面は、ダイナミックレンジやコントラストを映像に合わせて自動調整。高性能CPUが処理の重いゲームでも快適なプレイをサポート。

HUAWEI MediaPad M5 Pro

エンタメを楽しみ、想像力を広げる。10.8インチ プレミアム タブレット。大迫力4スピーカーを搭載し、Harman Kardonによるこだわりのサウンドを出力。ハイレゾ対応。2K 高画素ディスプレイで細部まで色鮮やか。視力保護モードが長時間の視聴をサポート。高速指紋認証センサー搭載で、ワンタッチでアンロック。最新技術を搭載したタッチペン「M-Pen」が付属。

HUAWEI MediaPad M5
HUAWEI MediaPad M5

音と映像にこだわったプレミアム エンターテインメント タブレット。ハイレゾ対応。Harman Kardonが音響チューニングし、パワフルで歪みのない音を実現。細部まではっきりと映し出す8.4インチ IPS 液晶画面は、ダイナミックレンジやコントラストを映像に合わせて自動調整。高性能CPUが処理の重いゲームでも快適なプレイをサポート。

HUAWEI MediaPad M5 Pro
HUAWEI MediaPad M5 Pro

エンタメを楽しみ、想像力を広げる。10.8インチ プレミアム タブレット。大迫力4スピーカーを搭載し、Harman Kardonによるこだわりのサウンドを出力。ハイレゾ対応。2K 高画素ディスプレイで細部まで色鮮やか。視力保護モードが長時間の視聴をサポート。高速指紋認証センサー搭載で、ワンタッチでアンロック。最新技術を搭載したタッチペン「M-Pen」が付属。

eBook 図書券が全員もらえるキャンペーン実施中
eBook 図書券が全員もらえる
キャンペーン実施中
「HUAWEI MediaPad M5」か「HUAWEI MediaPad M5 Pro」をご購入された方で、
eBookJapanアプリのインストール&起動で、もれなくeBook図書券(1,080円)をプレゼント!
クーポンの取得方法詳細はこちら