医学部へ行こう!

医学の道をめざす人の進学応援サイト

朝日新聞デジタル

企画・制作 朝日新聞社メディアビジネス局

SHARE

facebookにシェア
twitterにシェア

経済的理由で
医学部受験をあきらめない

日本の人口1,000人当たりの臨床医数は、OECD(経済協力開発機構)加盟国の単純平均3.2人に対して2.3人と、医師不足の状態にあると言われています。その上、大都市圏に数が集中しているため、地域医療の崩壊を指摘する声も少なくありません。

そこで、2016年に東北医科薬科大学、2017年に国際医療福祉大学に医学部の新設を認めるなど、国を挙げて医師不足の解消を図っています。特に地域医療に従事する医師が不足しているため、各自治体でも奨学金制度を設け、支援を行うようになりました。

私立の医学部は、6年間の学費が約2,000万〜4,700万円と高額です。しかも、医学部は入学後も勉強が忙しく、6年間勉強に集中できる経済的環境があるかどうかは、医師になる上で大切な要素の一つであると言えます。各自治体の奨学金制度は、こうした医師になる上での経済的ハードルを下げる役割を果たしています。

例えば、奨学金の貸与枠を年120人分設けている「静岡県医学修学研修資金 」では、貸与額が最長6年間で1,440万円。静岡県出身者だけでなく、全国から応募を受け付けており、どの大学の医学部に進学しても申請可能です。しかも、「卒業後、静岡県が個別に指定する医療機関で、医師として奨学金貸与期間の1.5倍の期間勤務」すれば、返還が免除となります。

私立医学部の平均学費(6年間で約3,200万円)に近い藤田保健衛生大学と、私立で最も安い国際医療福祉大学でこの制度を利用すると、以下の金額まで費用を抑えることができます。

【医学修学研修資金を学費に充てた場合】(万以下は四捨五入)

・藤田保健衛生大学
[奨学金なし]6年間/3,053万円(年間平均:509万円)
[奨学金あり]6年間/1,613万円(年間平均:269 万円)

・国際医療福祉大学
[奨学金なし]6年間/1,850万円(年間平均:308万円)
[奨学金あり]6年間/410万円(年間平均:68万円)

・国公立大学医学部(備考)
6年間/350万円(年間平均:58万円)

「医学部はお金がかかる」というイメージが(事実とはいえ)強過ぎるため、各自治体の支援制度は、まだまだ知られているとは言えません。つまり、最初から経済的な理由で医学部受験を避けてしまうことが多いのです。もし、あなたが、あるいはお子様が、医師という職業に興味を持っているのであれば、経済的負担を減らせる制度があるということを、ぜひ知っておいてください。

ただし、注意点もあります。返還免除条件のある自治体の奨学金は、将来的に地域の医師不足を解消するために、その担い手を育てようと手厚い支援を行っています。そのため、返還免除の条件を満たさなかった場合は、1カ月以内に全額を返還しなければいけないなど、厳しい規定があります。貸与を受けるには書類審査や面接があるため、将来的にどんな医師として活躍したいのか、具体的なイメージを持った上で申請するようにしましょう。

※「OECD Health Statistics2015」「平成26年医師・歯科医師・薬剤師調査」より

※掲載内容は取材・作成当時のものです。

SHARE

facebookにシェア
twitterにシェア

Topics