医学部へ行こう!

医学の道をめざす人の進学応援サイト

朝日新聞デジタル

企画・制作 朝日新聞社メディアビジネス局

SHARE

facebookにシェア
twitterにシェア

がんを「教育」する
医師がめざすもの

東京女子医科大学 がんセンター長 林 和彦さん

がん医療の第一線で活動しながら教員免許を取得し、多くの子どもたちにがん教育を行っている林和彦さん。
30年以上も「命の現場」で活躍してきた林さんが感じたことや、医師を目指す人へのアドバイスを語ってもらった。

医者になるキャリアパスを

父は歯科医でしたが、医者になれとはいわず、子どもはそんなに勉強しなくてもいいという人でした。でもなぜか私は物心ついた時から医師になりたかったんです。それで塾にも通って中学受験をしたのですが、母も無頓着な人で、合格発表で私の受験番号を間違えて、不合格だったわ、って帰ってきたんです。学校からの連絡で合格だと知って、子どもながらあきれました。

がんの専門医になることを決めたのは中学生のときです。父を胃がんで亡くしたことがきっかけでした。大学の医学部を卒業するときには、がんを治す外科医になろうと考え、トップクラスの厳しい環境といわれていた東京女子医科大学の消化器外科に入局しました。そこで食道がんの外科医として手術や内視鏡治療を行っていましたが、それでは早期がんの人しか治せない。手術での治療に限界を感じてアメリカに留学し、抗がん剤やがんの遺伝子について学びました。

日本に戻ってからは抗がん剤治療と緩和ケアに専念してきました。次のステップとして、子どもたちにがんのことを正しく知ってもらいたいと思い、現在は教員免許を取得してがん教育を行っています。常にがんのことだけを考えてきた。これが私のキャリアパスですね。

これから医学部を目指す人も、将来どんな大人になりたいか、何をしたいかを踏まえてキャリアパスを考えてほしい。例えば、医者も薬剤師も法律上の違いはほとんどありません。どちらも「公衆衛生の向上」が任務。だから公衆衛生に関する仕事をしたいのなら、薬剤師でもいいのです。医者になることはゴールではなくスタートです。明確なキャリアパスを描く人に医者になってほしいですし、そういう人が医者じゃないと患者も嫌ですよね。

「がん教育」は命の教育

日本では女性の2人に1人、男性の3人に2人ががんになるといわれ、新規患者は毎年100万人にものぼります。これだけ身近な病気なのに、がんを告知された患者は悲嘆にくれ、なかにはノイローゼで自ら命を絶とうとする人もいます。ショックなのは分かりますが、6割以上の人は治りますし、1週間で治療が終わるがんもあります。そういうことはほとんど理解されていません。

それは1970年代後半以降、家で亡くなる人よりも病院で亡くなる人が多くなり、「病気」や「死」が日常から遠ざけられてきたことが原因だと思います。「人はいつか病んで死ぬ」という当たり前のことが受け入れられなくなっている。怖いから遠ざけてしまい、無理解になってしまうのです。

だから知ってもらうことがすごく重要。知るためには誰かが伝えないといけない。それで自分が伝えようと思った。がん教育は、がんのことだけを伝えるものではありません。がんを通じて命の大切さや、他人も大切にする心を育むことが目的なんですよ。

実際に小学校で授業をすると、「がんは死ぬ病気」と思っている生徒が多い。でも予防法や治療、患者の姿などを伝えると子どもたちの意識は大きく変わります。授業後には「みんなが幸せに暮らせるようにしたい」と、医者や看護師になりたいという子も出てきます。だから準備の手間は惜しまず工夫を凝らして授業をします。すごくやりがいがありますよ。

医者としてがん患者と向き合うときに心がけているのは、対等な立場で話すことです。「患者目線で」とよくいわれますが、それは非常に難しい。以前は私も「患者の立場になって」と指導していました。しかし妻が乳がんになり家族として闘病を見ていて、患者にしか分からないことがあると気づかされた。見せかけで寄り添っても、患者にはすぐに見抜かれてしまいます。それに患者もそんなことは望んでいません。

大事なのはプロとして患者をどこまで幸せにできるか、あるいは不幸にしないでいられるかです。がんのことを把握して患者が望むものを案内する。そういうプロのガイドになるべきだと思います。(談)

はやし・かずひこ/1986年千葉大学医学部卒業。東京女子医科大学消化器外科に入局。2014年4月から同大学がんセンター長。2月に新著『子どもと一緒に知る「がん」になるってどんなこと?』(セブン&アイ出版)を出した。

※掲載内容は取材・作成当時のものです。

SHARE

facebookにシェア
twitterにシェア

Topics