Audiオーナーである作家・池井戸潤が、自らAudiのハンドルを握り、ニッポンの風景を訪ねる旅が、ここ宮崎からスタート。池井戸氏の愛車と同モデルのAudi RS6 Avantで、“神々のふるさと”を巡った。「神話の国のRS 6 Avant」
宮崎は神話の国である。
黄泉の国から日向に逃げ帰ったイザナキは、禊ぎによって太陽神アマテラスらを生む。
天界と現世が交錯する地。日本人にとって、ここはまさに魂の原点だ。アウディを駆る旅の出発点として、これ以上相応しい場所が他にあるだろうか。
さて、空港を出たぼくを待っていたのは、アウディRS6アバントだ。
こうきたか。ぼく自身、この車種のオーナーであることを知ったアウディ社の粋な計らいである。
荷物をラゲッジルームに放り込み、スタートボタンを押すと、ずんと腹に響くエグゾーストノートとともにエンジンがかかる。
青島神社

自分が乗っているからいうわけではないけれど、やっぱりこのクルマ、最高だ。
V型8気筒、4リッターのエンジンは560馬力。停車した状態から時速100キロまでに要する時間は、わずか3・9秒。その加速たるや、凄すさまじいものがある。
しかし、ただ速いだけのクルマなら他にもある。このRS6アバントの最大の特徴はなんといっても、たくさん荷物が積めることだ。
ゴルフのキャディバッグを2本、ぽんと放り込める。余裕のラゲッジスペースは、ステーションワゴンならでは。ふたり乗りのスポーツカーではこうはいかない。
まあ、クルマの自慢はこれぐらいにして、そろそろ出かけるとしますか。
鵜戸神宮

向かったのは、フェニックス椰子が道路の両側に並ぶ、南国情緒豊かな日南フェニックスロード。
まだ3月はじめだというのに、まぶしいほどの陽春が車内に降り注ぐ。
鬼の洗濯板とよばれる奇観に囲まれた青島神社を参拝し、休憩がてら堀切峠で道草して、「鵜戸さん」との愛称で親しまれている、鵜戸神宮に詣った。
主祭神を祀るのは、一千平方メートルもの広さの洞窟内に建立された朱塗りの社殿だ。作法は二拝二拍手一拝。旅の無事を祈願して振り向くと、そこにはどこまでも青く深い宮崎の海、そして空が広がっていた。
鵜戸神宮

ゴルフをして、おいしいものを食べ、そしてアウディで走る。
旅の〆は、市内のお寿司屋さんでいただく、”宮崎前”の寿司だ。
宮崎の魅力を心ゆくまで満喫した二泊三日のクルマ旅。よき相棒、RS6アバントに感謝。さて、次はどこへ行きましょうか。
照葉大吊橋

池井戸氏の愛車でもあるAudi RS 6 Avantは、0-100km/hまでの加速がわずか3.9秒という強烈なパフォーマンスを持ちながら、ゴルフバッグを余裕で積める大きさの荷室も確保。「実はクルマを買う際、他の実用的なクルマもスポーツカーも検討しました。けれどAudi RS 6 Avantはその両方を実現させている。オプションでセラミック製のブレーキディスクをつけ、運転を楽しんでいます」と池井戸氏。ハンドルを握る喜びと、荷物が積める実用性を兼ね備えた日常で使えるスポーツカーなのだ。
Audi RS 6 Avant の詳細はこちら
Audi RS 6 Avant

池井戸潤
池井戸潤 1963年、岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。98年『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞し、デビュー。
『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、『下町ロケット』で直木賞を受賞した。
2013年に放映されたテレビドラマ「半沢直樹」(TBS系)は、『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』が原作。ドラマは歴史的な高視聴率を記録し、「倍返し」は流行語にもなった。半沢シリーズ第3弾の『ロスジェネの逆襲』は100万部を超える大ヒットとなり、シリーズ第4作の『銀翼のイカロス』も発売3日で50万部を超える、爆発的な売れ行きを示した。国内で最も新刊が待たれている作家の一人。
Art Direction : Hiroyuki Aoki (Mag) Photograph : Kiyoshi Tanaka Edit : Mitsuhide Sako , Eri Magara Produce : Teruhiro Yamamoto ( AERA STYLE MAGAZINE )