神話の里の深い黒松林のなかに、フェニックス・シーガイア・リゾートはある。「ダンロップフェニックストーナメント」で世界の一流プロたちを魅了してきた「フェニックスカントリークラブ」と、全面改修された「トム・ワトソンゴルフコース」はゴルファーの夢を形にし、美しくも、手ごわい。
「トム・ワトソンゴルフコース」は昨年の夏から、幻想的な「ホシゾラ★ゴルフ」が楽しめるようになった。18ホールに103本の照明設備を設置し、夏場のハーフプレーなら午後9時までスタート可能だ。
観光を済ませ、夕方にシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートにチェックインした池井戸さんも、まずこのナイターに挑戦した。
ラグジュアリーコースのフェニックスに対し、気楽に楽しめると言われているが、大きなワングリーンのアンジュレ-ションも含め、かなり手ごわい。
「日焼けしないから女性には喜ばれそうだし、夏の夜もいいだろうね」
トム・ワトソンゴルフコース

「トラックマン」でスイングを分析
「フェニックスカントリークラブ」では、ジャック・ニクラスやタイガー・ウッズなど世界のトッププレーヤーがしのぎを削り、数々のドラマが生まれてきた。池井戸さんも「もう一度行きたいコース」の筆頭に名前をあげる。
この日は、朝からの雨。
まず「フェニックスゴルフアカデミー」でディレクターオブアカデミーのケンゴ本田さんに最新の弾道解析マシン「トラックマン」を使ったスイング分析をしてもらうことになった。池井戸さんの打ち出す球が、高さ、回転数からクラブフェースの角度まで26の項目で数値化される。
ロジカルにスイングをとらえようとしている池井戸さんにとって、ぴったりの分析機だった。「これはすごい。動画で見るより、数値だとよりはっきり分かりますね」

スタート時間を遅らせても、雨は降りやまない。クラブハウスでトーナメントの歴代優勝者のクラブや手形、写真などが飾られたチャンピオンズ・コーナーなどを見学する。40年を超すトーナメントの記録は、ゴルファーにとっての神話だ。
ラウンジでコーヒーを2杯。それでも雨は降りやまない。
池井戸さんはテラスからコースを眺めながら言った。「見知らぬ土地に行っても、ここにはまた来るだろうなという予感がすることがあるでしょ。フェニックスもそんな予感がする場所だから、きっとまたすぐに来ますよ」

Text by Osamu Kato

池井戸潤のエッセイはこちら
チャンピオンズ・コーナーを見学する

フェニックス・シーガイア・リゾート
フェニックス・シーガイア・リゾート

トーナメントコースの「フェニックスカントリークラブ」と「トム・ワトソンゴルフコース」の45ホールを擁する複合リゾート施設。太平洋を望むラグジュアリーホテル 「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」や温泉施設「松泉宮」、テニス、乗馬クラブもあり、広大な黒松林のもとで長期滞在も楽しめる。

住所:〒880-8545 宮崎市山崎町浜山
電話:0985-60-5005

フェニックス・シーガイア・リゾート 公式サイト

Audi RS 6 Avant
池井戸氏の愛車でもあるAudi RS 6 Avantは、ハンドルを握る喜びと、荷物が積める実用性を兼ね備えた希有な一台。
Audi RS 6 Avant の詳細はこちら
Audi RS 6 Avant

Art Direction : Hiroyuki Aoki (Mag) Photograph : Kiyoshi Tanaka Edit : Mitsuhide Sako , Eri Magara Produce : Teruhiro Yamamoto ( AERA STYLE MAGAZINE )