「海に命を燃やした古事に思いを馳せる」瀬戸内海の島々を繋ぎ、尾道と今治を結ぶ「しまなみ海道」。古来、都へ物資を運ぶ重要な海運ルートであった瀬戸内海はまた、その荷を狙う海賊が跋扈する海域でもあった。おだやかに見える瀬戸内の島影には、闘いに身を捧げた幾多の生涯があったはずだ。
「瀬戸内は一見おだやかに見えるけれど、この海に生きた人々は常に危険と隣り合わせだったはず。夏目漱石の『坊っちゃん』も明るいイメージの小説だけれど、漱石は内なる悩みを抱えていたんじゃないかな。そうじゃなければ49歳で胃潰瘍で亡くなったりはしないよね」
水上水軍の面影が随所に残るしまなみ海道を渡り、漱石が足繁く通った道後温泉に到着した池井戸さんはそうつぶやいた。柔らかな春の風に満ちた瀬戸内で、ここに生きた人々の苦心を思った。

旅の出発地は尾道。市街を一望できる千光寺公園の展望台から町を見下ろすと、箱庭のような尾道の町が見える。山を昇り降りしながら観光客を運ぶロープウェイは、まるでミニチュアのようだ。この日は、島影は時に霧にかくれ、ふいに現われるような生憎の空模様。
数多くの映画のロケ地にもなっている尾道の街並みは、どこか懐かしさを感じる佇まい。
「猫がひょいと顔を覗かせそうな、落ち着いた街並みがいいね」

尾道を起点とし、因島、大三島、大島をはじめとする6島を結び、四国の今治市へと抜ける「しまなみ海道」を、Audi S8を駆って渡る。1999年に橋梁が完成し、2006年に全線が開通。複雑な潮流を操り、この海域を掌握していた村上水軍の本拠地を、わずか1時間ほどで通過できるようになったのだ。
途中、村上水軍も戦勝祈願した大三島の「大山祇神社」に立ち寄る。義経や頼朝が武具を奉納するなど、多くの武将たちが氏神として信仰してきた。神門の前には、推定樹齢2600年の注連縄が張られた見事な大楠が聳えていた。

この日は松山に宿をとる。 松山の道後温泉は、英語教師として赴任してきた夏目漱石が足繁く通った湯だ。120年前に建てられた本館と、新しいもので昭和10年に建てられた棟などとが、迷路のように複雑に繋がっている。
道後湯之町の初代町長である伊佐庭如矢は、松山城を公園として保存するよう明治政府に働きかけ、ここ道後温泉を建て直し、道後鉄道を設立した。
「箱物を造って町おこしに成功した、珍しいケースじゃないかな」

Text by Eri Magara
池井戸潤のエッセイはこちら

大山祇神社
戦いの神様としても信仰されたことから、源氏や平家をはじめ、多くの武将が戦勝の祈願をし、武具を奉納した。併設する宝物館には、国宝8点、国の重要文化財680点にものぼる武具や甲冑が収められている。

住所:〒794-1304 愛媛県今治市大三島町宮浦3327
電話:0897-82-0032

大山祇神社 公式サイト
大山祇神社

道後温泉
開湯3000年の歴史を持つ道後温泉は、日本最古ともいわれる名湯。夏目漱石が小説「坊っちゃん」の中で“住田温泉”として描いたことで有名な道後温泉本館は、当時新築されたばかりの建物だった。明治時代の温泉施設として、国の重要文化財にも指定されている。

住所:〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町5-6
電話:089-921-5141

道後温泉 公式サイト
道後温泉

Audi S8
Audiラインナップの最高峰に位置するAudi A8。その4ℓツインターボエンジンを520馬力へスポーティにチューニングしたモデルがAudi S8。マトリクスLEDヘッドライトが革新的な眼光を放つ。
Audi S8 の詳細はこちら
Audi S8

Art Direction : Hiroyuki Aoki (Mag) Photograph : Kiyoshi Tanaka Styling : Takahisa Igarashi Edit : Mitsuhide Sako , Eri Magara Produce : Teruhiro Yamamoto ( AERA STYLE MAGAZINE )