メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

古代史シンポジウム「発見・検証 日本の古代」

古代史シンポジウム「発見・検証 日本の古代」は、4月の福岡、6月の大阪、9月の東京という3回の開催を好評のうちに終えることが出来ました。
考古学、文献古代史、言語学、宗教学、民俗学、文化人類学など多岐にわたる分野の研究者が集まり、新発見・新知見を報告。聴講者はのべ2300人に及びました。
シンポジウムの詳細は、10月25日付朝日新聞の各本社版朝刊に掲載されました。

※朝日新聞デジタルでの掲載はこちらです。
前編後編
いずれも、会員様向けとなっております。無料会員登録をいただければ、一日3本までお読みいただけます。

そして来春、このシンポジウムの内容をまとめた本が、角川書店より出版されることが決まりました。
「日本国家の起源」をめぐり、新しい視点で議論されたシンポジウムの全容を再現し、会場では深められなかった論考を加筆した、3冊シリーズ本の予定です。どうぞご期待ください。

「邪馬台国とヤマト王権をどう考えるか」

日時:2015年4月19日(日)10:00~17:00

会場:福岡・都久志会館(福岡県福岡市中央区天神4丁目8−10)

主催: 角川文化振興財団 共催:朝日新聞社 後援:朝日カルチャーセンター・KADOKAWA

出演講師: 鈴木 靖民(横浜市歴史博物館館長)、寺澤 薫(桜井市纒向学研究センター所長)、仁藤 敦史(国立歴史民俗博物館教授)、武末 純一(福岡大学教授)、森下 章司(大手前大学教授)、磯前 順一(国際日本文化研究センター教授)、白石 太一郎(大阪府立近つ飛鳥博物館館長)、森 公章(東洋大学教授)、上野 誠(奈良大学教授)

「邪馬台国とヤマト王権をどう考えるか」

日時:2015年6月28日(日)10:00~17:00

会場:大阪・御堂会館 (大阪市中央区久太郎町4丁目1-11)

主催: 角川文化振興財団 共催:朝日新聞社 後援:朝日カルチャーセンター・KADOKAWA

出演講師: 白石 太一郎(大阪府立近つ飛鳥博物館館長)、鈴木 靖民(横浜市歴史博物館館長)、寺澤 薫(桜井市纒向学研究センター所長)、森 公章(東洋大学教授)、上野 誠(総合司会)、李 尚律(韓国釜慶大博物館研究室長・兼任教授)、朴 天秀(韓国慶北大学教授)、桃﨑 祐輔(福岡大学教授)、田中 史生(関東学院大学教授)、東 潮(徳島大学名誉教授)

「ここまでわかった日本の古代」

日時:2015年9月27日(日)10:00~17:00

会場:東京・有楽町朝日ホール(千代田区有楽町2丁目5-1)

主催: 角川文化振興財団 共催:朝日新聞社 後援:朝日カルチャーセンター・KADOKAWA

出演講師: 篠田 正浩(映画監督)、鈴木 靖民(横浜市歴史博物館館長)、寺澤 薫(桜井市纒向学研究センター所長)、白石 太一郎(大阪府立近つ飛鳥博物館館長)、森 公章(東洋大学教授)、上野 誠(奈良大学教授)、、森下 章司(大手前大学教授)、仁藤 敦史(国立歴史民俗博物館教授)、笹生 衛(國學院大學教授)

企画構成委員: 白石 太一郎、鈴木 靖民、寺澤 薫、森 公章、上野 誠(総合司会)

主催:角川文化振興財団 共催:朝日新聞社
後援:朝日カルチャーセンター・KADOKAWA
企画構成委員:白石 太一郎、鈴木 靖民、寺澤 薫、森 公章、上野 誠(総合司会)