メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月13日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

企画・制作 朝日新聞社広告局

一般社団法人 日本衛生材料工業連合会 全国マスク工業会安心のマスク選びをするために必要なこと キャンペーン実施中!朝の冷え込みもますます辛くなり、体調管理にもいっそうの注意が必要な時期になりました。町中でも風邪予防のために多くの方がマスクを着用しているのを目にします。マスクは、こうしたウィルス対策以外に、毎年の花粉や、近年注目が集まる微粉塵の対策などでも幅広く利用されていますが、「健康のために利用する」、「肌に直接触れる」、という点からも、消費者にとって、より安心で、信頼できるマスク選びが重要です。最近は商品パッケージに「全国マスク工業会会員マーク」というものが表示されているマスクが多く見られますが、このマークはいったいどのようなものか、調べてみました。

全国マスク工業会・会員マークとは?

JHPIA

マスクの製品パッケージで、このようなマークを見たことはありませんか?
このマークは、「全国マスク工業会」に加盟している企業が製造・販売している、安心できるマスクの証しです。

安心の理由 1製造工場の衛生環境にルールを設けている。 2化学物質(ホルムアルデヒド)の含有量に基準を設けている。 3表示にルールを設け、適切な表示を行っている。 4統一の試験方法を定め、捕集性能を評価している。
このマークを安心なマスク選びの目安としてお役立てください。

街の小売店でマスク商品を手に取るとき、このマークが目に入ることが多い。

全国マスク工業会について

賛同する会員メーカーは全国各社で80社以上になる。

全国マスク工業会は、(一社)日本衛生材料工業連合会に対して厚生労働省よりマスクの使用表示の検討が要請されたことを機に、2005 年3月に発足した業界団体です。

家庭用・医療用マスクの製造、販売業者をはじめ、輸入業者で構成されるこの団体では、自主基準に基づく適正な表示推進のほか、フィルタ性能の試験方法の統一化や消費者の皆様に向けたマスク啓発用冊子の無料配布、海外の関連団体との情報交換などを通して、マスクの普及に努めています。

自分に合ったマスクのサイズの選び方

各メーカーからさまざまなサイズのマスクが発売されている中、気になるのが「自分に合うのはどのサイズだろう?」ということ。

よく1サイズのマスクを買い置きして、家族全員で使っているという話を聞きますが、顔に合わないマスクでは、隙間から花粉やウイルスが侵入するため、十分な効果が得られません。特に大人と子供では顔のサイズがまったく違うので要注意。

右にある「マスクサイズの測り方」を参考にして、顔にピッタリとフィットするマスクを選んでください。