シンポジウム

※シンポジウムは終了しました。

2人に1人ががんにかかる時代。今やがんは、必ずしも死にいたる病ではなく、「長くつきあう慢性病」に変わりつつあります。ところが、「がん=死(不治の病)」というイメージが残り、就労などさまざまな場面で問題が生じています。患者にとっては、治療と仕事の両立は大きな課題であり、政府もがんなどの治療と仕事の両立支援を強める方針を決めました。一方、企業にとっても、がんの早期発見や就労支援は、健康経営やダイバーシティー推進の上で重要なテーマです。今回のシンポジウムでは、双方の視点から、がんとともに生きられる社会を実現するための解決策について話し合い、提案していきます。

  • 日時:2017年1月15日(日)13:30~16:30(開場13:00)

  • 会場:浜離宮朝日ホール(東京都中央区築地5-3-2)

    会場アクセス
  • プログラム ※主催者挨拶(13:30~13:35) ※休憩(14:50~15:05)

    司会:原元 美紀(フリーアナウンサー)

    ■基調講演(13:35~14:00)
    「ダイバーシティー推進における”がんと就労”」
    高橋 都 氏(国立研究開発法人 国立がん研究センターがん対策情報センター がんサバイバーシップ支援部長)
    ■パネルディスカッション1(14:00~14:50)
    「がんを乗り越え働く~日本社会、企業の課題とは~」
    • 天野 慎介 氏(一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパン理事長、一般社団法人全国がん患者団体連合会理事長)
    • 大久保 淳一 氏(NPO法人 5years 代表 )
    • 武田 雅子 氏(株式会社クレディセゾン 取締役 営業推進事業部長(兼)戦略人事部キャリア開発室長)
    コーディネーター:竹下 隆一郎(ハフィントンポスト日本版 編集長)
    ■講演(15:05~15:25)
    「企業がん対策は経営課題」
    中川 恵一 氏(東京大学医学部附属病院 放射線科准教授)
    ■パネルディスカッション2(15:25~16:30)
    「がんとの共生社会を目指して」
    • 麻木 久仁子 氏(タレント)
    • 岩田 広治 氏(愛知県がんセンター中央病院 副院長兼乳腺科部長)
    • 関原 健夫 氏(公益財団法人 日本対がん協会 常務理事)
    • 武田 雅子 氏(株式会社クレディセゾン取締役、営業推進事業部長(兼)戦略人事部キャリア開発室長)
    コーディネーター:岡崎 明子(朝日新聞社 特別報道部記者)
    出演者プロフィールはこちら
  • お問い合わせ

    ネクストリボンシンポジウム事務局
    TEL:03-6869-9001 (平日/10:00~17:00、土日祝日を除く)
    メール:nextribbon@gmail.com

  • 主催:朝日新聞社
  • 後援:公益財団法人日本対がん協会、ザ・ハフィントンポスト・ジャパン(株)、厚生労働省
  • 協賛:ギャップジャパン株式会社
  • 協力:アフラック、日本イーライリリー株式会社、シスメックス株式会社、ムンディファーマ株式会社、株式会社アデランス、ジェノミック・ヘルス・ジャパン合同会社、日本ベクトン・ディッキンソン株式会社