出演者プロフィール

トークイベント

「もっと話そう女性のカラダ! 仕事とカラダのいい関係」~ 女性からだ会議 x ハフィントンポスト『Ladies Be Open』~

出演者プロフィール

川崎 貴子
リントス株式会社 代表取締役
1972年、埼玉県生まれ。97年に働く女性をサポートするための人材コンサルティング会社(株)ジョヤンテを設立。女性に特化した人材紹介業、教育事業、女性活用コンサルティング事業を展開。女性誌での執筆活動や講演多数。2016年11月より、共働き推奨の婚活サイト「キャリ婚」を立ち上げる。婚活結社「魔女のサバト」主宰。二児をもつワーキングマザーでもある。16年10月14日より、「女社長の乳がん日記」を公開中。
http://wotopi.jp/archives/cat_summary/nyugan
著書に「結婚したい女子の為のハンティング・レッスン」など。
宋 美玄
産婦人科医
1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。子育てと産婦人科医を両立、メディア等への積極的露出で“カリスマ産婦人科医”として様々な女性の悩み、セックスや女性の性、妊娠などに付いて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行っている。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。
難波 美智代
一般社団法人シンクパール 代表理事
神奈川県横須賀市出身。金融機関等での人事・秘書業務を経て2002年に起業。2009年子宮頸がんを罹患。同年12月にNPO法人を設立後(現在は一般社団法人)、婦人科検診の啓発や予防医療の推進を目指す「シンクパール」の代表として、がん対策、健康教育に関する政策提言を行うほか、女性からだ会議®を設立し、女性の健康とキャリアなどに関するセミナーを開催、ダイバーシティ施策の提案を行っている。厚生労働省がん対策推進協議会委員、検診や教育に関する議員連盟に携わる他「ミス・ユニバース・ジャパン」ビューティーキャンプ講師や「ミス日本酒(Miss SAKE)」の日本女性のための教養講座<なでしこプログラム>などを担当。
竹下 隆一郎
ハフィントンポスト日本版 編集長
1979年生まれ。慶應義塾大法学部政治学科卒。2002年に朝日新聞社に入社。経済部でTwitterを使った選挙の世論分析プロジェクト「ビリオメディア」の中心メンバーとなったほか、金融庁や流通業界なども取材。その後、14年~15年のスタンフォード大客員研究員を経て、朝日新聞社のR&Dや新規事業を展開する「メディアラボ」で、ビジネス開発に携わり、朝日新聞社のクラウドファンディング・サイト「A-port」の事業立案や、自然言語処理や機械学習の技術を報道に応用するための東北大の乾・岡崎研究室との調査や研究にも関わる。16年4月末に朝日新聞社を退職し、5月より現職。