ネクストリボン がんとの共生社会を目指して

2019年2月4日 開催

シンポジウム 「がんとの共生社会を目指して
~企業の対策最前線とこれからの働き方~

がんとの共生社会の実現を考える「ネクストリボン2019」(朝日新聞社、日本対がん協会主催)が、「世界対がんデー」の4日、東京都内で開かれた。シンポジウムとトークイベントがあり、計約1200人が参加した。シンポでは、がんの治療と仕事の両立支援について、専門家やがん体験者、企業の代表が講演。パネルディスカッションで議論を深めた。

2019年2月4日

基調講演

見えてきた企業がん就労対策、乗り越えるべき3つの壁」

高橋 都 氏(国立研究開発法人 国立がん研究センターがん対策情報センター がんサバイバーシップ支援部長)

2019年2月4日

講演

ステージ4でも治療と仕事を3年間両立できている理由

御園生 泰明 氏(株式会社電通 第21ビジネスプロデュース局 ビジネスプロデュース部 部長/LAVENDER RING 発起人)

2019年2月4日

リレープレゼン1

企業がん対策最前線

藤田 直志 氏(日本航空株式会社 代表取締役副社長執行役員 健康経営責任者)

2019年2月4日

リレープレゼン2

企業がん対策最前線

竹田 敬治 氏(テルモ株式会社 人事部長)

2019年2月4日

リレープレゼン3

企業がん対策最前線

櫻井 公恵 氏(株式会社櫻井謙二商店 代表取締役社長)

2019年2月4日

パネルディスカッション

がんとの共生社会を目指して

【パネリスト(五十音順)】
櫻井 公恵 氏 / 高橋 都 氏 / 竹田 敬治 氏 / 藤田 直志 氏 / 御園生 泰明 氏 /
【コーディネーター】
上野 創 (朝日新聞社 東京本社社会部教育チーム記者)