広告特集 企画・制作 
朝日新聞社メディアビジネス局

朝日 音楽大学・音楽学部体験フェア2017
  • 体験フェア:フェリス女学院大学の様子1
  • 体験フェア:フェリス女学院大学の様子2
  • 体験フェア:フェリス女学院大学の様子3

フェリス女学院大学

伝統校で学ぶ、
良質な音楽教育

 「実は、日本で最初に西洋音楽を教え始めた学校の一つがフェリス女学院なんです」と、にこやかに語ってくれたのは秋岡陽学長。「キリスト教信仰に基づく女子教育を」との信念のもと、開港間もない横浜の地にアメリカ人宣教師が開学したのは1870年のこと。以来およそ150年にわたって、時代を先取りする果敢な精神を受け継ぎながら、一人ひとりの個性を伸ばす音楽教育を大切にしてきたという。
 フェリス女学院大学の強みの一つが、「音楽学部」のほか、「文学部」「国際交流学部」も有する総合大学であること。語学やリベラルアーツ教育も充実しており、音楽を教養として身につけた心豊かな女性を育むことを目指している。就職支援にも熱心で、音楽学部の昨年度就職率は98%と高い実績を残している。
 後半は、学外でも人気の女声合唱団「フェリス・フラウエンコーア」が登場し、「花の街」「夏は来ぬ」などを美しく歌い上げた。さらに、フルートやヴァイオリンの演奏も披露。学生たちの素直な人柄が感じられる伸びやかな音楽に、ホールはあたたかい空気に満たされた。

SHARE

facebookでシェア
twitterでシェア

SHARE

facebookでシェア
twitterでシェア
TOP