広告特集 企画・制作 
朝日新聞社メディアビジネス局

朝日 音楽大学・音楽学部体験フェア2017
  • 体験フェア:聖徳大学 音楽学部の様子1
  • 体験フェア:聖徳大学 音楽学部の様子2
  • 体験フェア:聖徳大学 音楽学部の様子3

聖徳大学 音楽学部

音楽力が人間力になる
〜聖徳ブランドのアンサンブルを
将来の強みに〜

 聖徳大学がステージ上で披露したのは、ピアノとフルートのアンサンブル公開レッスン。「いま会場にいらっしゃる方はピアノを習っていても、アンサンブルをする機会は少ないでしょう。でも、ソロの演奏家を目指す場合も、アンサンブル能力は非常に重要です。フルートの先生の助けを借りながら、学生がその力を身につけていく過程をお見せします」と、ピアノ指導の森島英子教授。
 前日に一度合わせたきりという、ほぼぶっつけ本番の状態で、プーランク「フルートソナタ」を演奏してくれたのは、ピアノ専修3年の水野沙六花さんとフルート奏者の北川森央准教授。森島教授の指導はおだやかで優しい口調ながら、一切の妥協はなし。「フルートの音が消えるところ、ちゃんと聞いていた? ……まだダメ、もう一度」「フルートの高音とピアノの中低音がどう溶けあっているかを感じて」──
 普段は目にする機会のないレッスンの様子に、客席もピンと張りつめた空気に。熱心でいてあたたかな聖徳大学の雰囲気を垣間見ることのできた、ユニークなプレゼンテーションだった。

SHARE

facebookでシェア
twitterでシェア

SHARE

facebookでシェア
twitterでシェア
TOP