広告特集 企画・制作 
朝日新聞社メディアビジネス局

朝日 音楽大学・音楽学部体験フェア2017
  • 体験フェア:桐朋学園大学 桐朋学園芸術短期大学の様子1
  • 体験フェア:桐朋学園大学 桐朋学園芸術短期大学の様子2
  • 体験フェア:桐朋学園大学 桐朋学園芸術短期大学の様子3

桐朋学園大学 桐朋学園芸術短期大学

桐朋の目指す教育
〜学生一人ひとりが「音楽家」として
向き合う実践的な学び〜

 「海外はもちろん、国内のオーケストラの主要なポストの多くを桐朋出身者が占めていることは誇りです」「第1期生の小澤征爾さんほか、挙げれば切りがないほど多くの音楽家が巣立っています」──。桐朋の魅力をテンポ良く説明してくれたのは、オーケストラ指導の合田香先生。
 中盤では、第85回日本音楽コンクールピアノ部門で第1位に輝いた、ピアノ専攻3年の樋口一朗さんが登場し、グノー=リストの「歌劇『ファウスト』のワルツ」を披露。優雅さと熱情が交錯するリサイタルさながらの演奏に、しばらく拍手が鳴りやまないほど。「桐朋に入学する前は、スパルタ教育のイメージがあったんですが(笑)、実際はとてもあたたかい雰囲気。あこがれの先輩がいつも身近にいるので刺激になります」と、学生生活の充実ぶりも語ってくれた。
 最後に、合田先生は入試について、「桐朋はソルフェージュが難しいんですよね?とよく聞かれますが、その通りです。なぜなら、それが音楽を学ぶ上で最も大事な基礎だからです。コツコツ勉強していけば、きっと力がついていくはずです」と、高いレベルで音楽を学ぶための心構えを優しく説いた。

SHARE

facebookでシェア
twitterでシェア

SHARE

facebookでシェア
twitterでシェア
TOP