広告特集 企画・制作 
朝日新聞社メディアビジネス局

朝日 音楽大学・音楽学部体験フェア2017
  • 体験フェア:上野学園大学 上野学園大学短期大学部の様子1
  • 体験フェア:上野学園大学 上野学園大学短期大学部の様子2
  • 体験フェア:上野学園大学 上野学園大学短期大学部の様子3

上野学園大学 上野学園大学短期大学部

手を伸ばせば音楽がある
〜音楽を愛するすべての人に、
上野学園の扉は開かれています〜

 ピアニストの辻井伸行さんが学んだことでも知られる上野学園大学は、今年で創立113年。1学年の定員110人という少人数教育により、音楽を通して自立することのできる人材育成を目指している。
 上映された動画は、学生生活の様子が分かりやすく伝わる内容。トランペット奏者を志す学生に密着し、週120分の個人指導やオーケストラ授業の模様を紹介。「オーケストラでは自分が目立てばいいわけではないので、周りの音をきちんと聴きバランスの良い音楽作りを心がけています」と頼もしいコメントも。
 さらに、2〜3人の先生から指導を受けられる「オープンレッスン制度」や、音楽と社会の懸け橋になる人材を育成するための「グローバル教養コース」など、学生の能力やニーズにあったきめ細かな教育内容も説明された。最後に、本学の留学制度を活用しウィーンで学んだ経験もあるピアノ専門4年の古賀小百合さんが、R.シューマン「ピアノ・ソナタ第1番」を演奏。情熱的で多彩な表情を持つ楽曲を見事に弾き切った。

SHARE

facebookでシェア
twitterでシェア

SHARE

facebookでシェア
twitterでシェア
TOP