主催:オリックスグループ 後援:朝日新聞社 五・七・五でよむ、仕事と子育て! オリックス 働くパパママ川柳 受賞作品発表!
主催:オリックスグループ 後援:朝日新聞社 五・七・五でよむ、仕事と子育て! オリックス 働くパパママ川柳 受賞作品発表!
仕事と子育てに奮闘するパパとママの日常を五・七・五の川柳に。今年創設された「オリックス 働くパパママ川柳」は、全国から4万9623作品が寄せられました。栄えある第1回の入選作品を紹介します。
大賞
カバンにはパソコンスマホ紙おむつ なおみん (42歳・女性/神奈川県)
カバンにはパソコンスマホ紙おむつ なおみん (42歳・女性/神奈川県)
パパ目線賞
  • ワンオペで家事が回る日神ってる 兼業主夫(37歳・男性/東京都)
  • おむつ替えプレゼンよりも汗が出る 新婚さん(36歳・男性/大阪府)
  • パパ育児一度は試す父の乳 パパシー(30歳・男性/福岡県)

ママ目線賞
  • ないのかな家事の労働基準法 産休中(39歳・女性/埼玉県)
  • すべりこむ会社に園にお布団に 煮え湯(39歳・女性/京都府)
  • 欲しいのは子供と主婦をもう1人 パタパタママ(34歳・女性/大阪府)

優秀賞
  • のっけ弁超多忙の日の母分る 野球少年(14歳・男性/三重県)
  • 築地もかうちの娘も決まらない オンマー(34歳・女性/兵庫県)
  • 駅に着き深呼吸してママになる そらそらお(51歳・女性/千葉県)
  • 初トイレあんよも全て保育園 家事リーマン(41歳・男性/埼玉県)
  • ただいまと聞いた瞬間ギュッとハグ ココナッツ(13歳・女性/東京都)
  • ウイルスが縁で三人水入らず はますだれ(55歳・男性/神奈川県)
  • 育休をとれば不倫を疑われ 上の空(56歳・男性/京都府)
  • ひと休みしたいと願い5年経つ キーさん(34歳・女性/東京都)
  • 上司より呼び出し多い保育園 たっちゅんママ(24歳・女性/京都府)
  • おべんとうなぜか僕まで離乳食 コトノシン(31歳・女性/三重県)

応募要項
佳作
  • ありがとう 笑顔でふえる パパの家事ゆるゆるママ(44歳・女性 / 鹿児島県)
  • ツイッター 互いの愚痴を チェックするさごじょう(34歳・男性 / 愛知県)
  • お疲れを 救うルンバと 食洗器りのんぱ(37歳・男性 / 東京都)
  • 毎日が トライアスロン 待ったなしなつママ(39歳・女性 / 千葉県)
  • 苦労消す 消しゴムなんだ 子の笑顔りょうちゃん(33歳・女性 / 千葉県)
  • 部下も子も 褒めて育てて 裏切られ橘孔雀(52歳・男性 / 福井都)
  • はじめての お遣いちゃんと パパ出来たジミさん(50歳・女性 / 東京都)
  • 子を送り 朝の準備は 二倍速しーしー(45歳・女性 / 千葉県)
  • 3交替 家に帰れば 2交替アンディ(49歳・男性 / 神奈川県)
  • 朝はパパ 昼はリーマン 夜旦那育児するメン(24歳・男性 / 京都府)
  • 「やっとくよ」 パパの一言 まじで神ぽにまむ(31歳・女性 / 山形県)
  • 「買ってきて」 メール割り込む 会議中黄金虫(65歳・男性 / 千葉県)
  • 朝支度 目指せF1 メカニックまなみんママ(30歳・女性 / 兵庫県)
  • 初詣 合格祈る 保育園コダクさん(55歳・女性 / 山口県)
  • 子の微熱 キャリアママの 泣きどころナンサン(76歳・男性 / 神奈川県)
  • 目の前に あるのに遠い 保育園フランソワゆう子(40歳・女性 / 神奈川県)
  • 少子化に 保活で苦労 する不思議おいまる(44歳・男性 / 東京都)
  • 帰るのを 待ってる部下と 待ってる子パパはランドセル(28歳・男性 / 広島県)
  • にらめっこ 子どもの熱と 勤務表拓颯(51歳・女性 / 宮城県)
  • ITが 家族の絆 命づなよし、やるぞう!(41歳・男性 / 千葉県)
総評
尾藤 一泉
尾藤 一泉
川柳公論社 主宰
予想以上の応募数に驚きましたね。若い人から作品がたくさん寄せられたことをうれしく思います。今までにない新しい視点の良作が多くあり、入選作品を決定するのは大変難しい作業でした。川柳とは時代を切り取るものです。世の中の流れにマッチした賞が創設されたことで、川柳界にもすばらしい刺激になるだろうと感じています。次回が楽しみです。
蛯原 英里

蛯原 英里

日本チャイルド ボディケア協会代表

共感できる作品ばかりでした。わずか17音でこんなに奥深く表現できるなんて、楽しいですね。思わず笑顔になった作品を中心に選ばせていただきました。慌ただしい日々も川柳にすることで、ポジティブにとらえられます。この川柳が毎日頑張っているパパとママへのエールになればと思います。私も子育て中なので、たくさんの元気をもらいました。

浜田 敬子

浜田 敬子

元『AERA』編集長

大変さが伝わってくる力作が多かったと思います。忙しくしていると、自分の思いを誰かに聞いてもらう機会も時間もあまりないですが、育児と仕事の両立は不満や不安を「ため込まない」ことが一番。川柳という短い定型だからこそ、ストレートに出せる思いもあったと思います。時々吐き出すと、心に少し余裕が生まれると思います。

  • 尾藤 一泉

    尾藤 一泉

    川柳公論社 主宰

    予想以上の応募数に驚きましたね。若い人から作品がたくさん寄せられたことをうれしく思います。今までにない新しい視点の良作が多くあり、入選作品を決定するのは大変難しい作業でした。川柳とは時代を切り取るものです。世の中の流れにマッチした賞が創設されたことで、川柳界にもすばらしい刺激になるだろうと感じています。次回が楽しみです。

  • 蛯原 英里

    蛯原 英里

    日本チャイルド ボディケア協会代表

    共感できる作品ばかりでした。わずか17音でこんなに奥深く表現できるなんて、楽しいですね。思わず笑顔になった作品を中心に選ばせていただきました。慌ただしい日々も川柳にすることで、ポジティブにとらえられます。この川柳が毎日頑張っているパパとママへのエールになればと思います。私も子育て中なので、たくさんの元気をもらいました。

  • 浜田 敬子

    浜田 敬子

    元『AERA』編集長

    大変さが伝わってくる力作が多かったと思います。忙しくしていると、自分の思いを誰かに聞いてもらう機会も時間もあまりないですが、育児と仕事の両立は不満や不安を「ため込まない」ことが一番。川柳という短い定型だからこそ、ストレートに出せる思いもあったと思います。時々吐き出すと、心に少し余裕が生まれると思います。

  • 年代別の応募作品数
  • 男女の応募件数、応募方法
  • ◆応募の傾向

     30代から最も多くの作品を応募いただき、約8割の作品が20代から50代の子育て世代から寄せられました。また、応募者の男女比率に差はありませんでした。

たくさんのご応募、ありがとうございました!