多様な人と出会って世界を広げ、
柔軟な対応力も養えるのが大学です。

変化が激しく、先の予測が不可能と言われる時代。そんな中においても、未来につながる教育を担い、研究を通して社会の課題に挑み続けるのが大学です。テレビやラジオなどで幅広く活躍するアナウンサーの市野瀬瞳さんに、自らの経験を踏まえ、大学で学ぶ意義について語っていただきました。

INTERVIEW
市野瀬 瞳さん
フリーアナウンサー
いちのせ ひとみ/1984年新潟県生まれ。横浜国立大学経済学部を卒業後、NST新潟総合テレビ入社。2012年より中京テレビ放送で「ストレイトニュース」「オードリーさん、ぜひ会って欲しい人がいるんです!」など人気番組に出演。2020年4月フリーに転向し、東海ラジオ「山浦ひさし!イチヂカラ!」金曜アシスタント、ZIP-FM「DRAMA QUEEN」でレギュラー出演中。

夢への架け橋となり
生涯の友ができた場所

──市野瀬さんにとって大学はどのような場でしたか。

 人生の夏休みと思っていた大学生の間に、色々なことにチャレンジし、その中でテレビのリポーターを経験したことで、アナウンサーという夢を見つけ、叶えることができました。だから私にとって大学は、夢への架け橋です。また、今でも何かつまずきそうになった時に相談するのは大学時代の仲間で、一生の友人と出会えた場所でもありました。

──社会の変化が速くなっています。メディアで仕事をする身としてはどう感じていますか?

 変化をひしひしと感じています。例えば、東海に向けて制作された番組も、ネット配信によって全国、世界で見られるようになりました。その広がり、反響は想像を超えており、嬉しい反面、プレッシャーを感じることも。スピードに追い付いていかなくてはと考え、同時に、今まで以上に広く共感を持っていただけるような対応を心掛けるようになりました。

──これからの時代、大学に進むことの意味やメリットは何だと思いますか?

 社会が今後、どう変化していくかはわかりません。だからこそ、大学で学ぶ意義があると思います。各分野の専門家をはじめ、多くの素晴らしい先生に出会えるのが大学。企業の方などの講義もあって、実社会の多様な面を知ることができました。高校とも、社会に出てからとも異なる、大学ならではのOG・OBとのつながりもでき、学生は全国、海外からも集まります。先生や先輩、色んな人の話を聞くことで、世界が広がり、予測しなかったことに対応できる力が養われます。まさに私がそうでした。多様な人と出会い、多様な経験をすることで、その力は強くなっていきます。

自分が納得できる大学へ
そこで何かが見つかる

──4月から、フリーアナウンサーとして新しいスタートを切りました。抱負を聞かせてください。

 やってみたかったラジオのレギュラー番組も2本始まりました。広く活動でき、自分を表現できるのがフリーの醍醐味なので、もっともっと幅を広げたいですね。そして、これからも大好きな名古屋に軸足を置き、地域の魅力を発信していきたい、東海の企業や団体を応援する活動にも取り組んでいきたいと思っています。

──市野瀬さんは自分で目標や夢を見つけて前進してきましたが、やりたいことがわからない人もいます。そんな人を含めた後輩へのメッセージをお願いします。

 今、やりたいことがわからなくても、夢がなくても大丈夫。大学は夢を見つける、作る場所でもあります。新しいことを学び、深め、たくさんの人に出会える環境の中で、何かが見つかるはずです。そのために、妥協せず、自分が納得できる大学を目指してください。

──納得できる大学はどう選べばいいでしょうか?

 大学について知るということもありますが、憧れでもいいのではないでしょうか。私も大学を選んだのは、お洒落なイメージを持っていた横浜でキャンパスライフを送りたいという憧れからでした。理由やきっかけは何でもいいので、ここに行きたいと思える大学を決めて目標にし、努力して合格を手にした先には、素敵な仲間や先生との出会い、充実した日々が待っています。

INTERVIEW