立教大学

未来を支える人材を立教から世界へ

大学のいま

世界中のどこにもない
オンリーワンの大学へ

100周年を迎えた
池袋キャンパス

郭洋春総長。本館教室にて

 ツタの絡まる赤レンガ造りの校舎が、長い歴史と伝統を感じさせる立教大学池袋キャンパス。1874(明治7)年にアメリカ聖公会のウィリアムズ主教が東京・築地に開いた私塾は、いまでは20万人以上の卒業生を擁する名門大学へと成長した。今年100周年を迎える池袋キャンパスには、先人たちによって醸成された自由な校風が今も息づいている。
 この大きな節目となる年に第21代総長に就任した郭洋春教授は、改めて建学の精神に立ち返るとともに、「三つのC」に取り組みたいと意欲をみせる。
 「一つ目は〝Creative(創造)〟。創造力豊かなアイデアを生み出し、かたちにしていきます。そのために必要なのが〝Challenge(挑戦)〟です。そして、絶えず挑戦を続けることで、より良い方向に〝Change(変化)〟していく。創立者であるウィリアムズ主教は、当時の日本が物質的な繁栄を目指す考え方に傾斜していくことに危機感を持ち、個性を重視した人間教育であるリベラルアーツを教育の柱に掲げました。対立よりも協調を、画一化された価値観よりも多様性を重んじるこの精神は、現代のグローバル社会にも驚くほどぴったりと当てはまります。このような時代を切り拓(ひら)くグローバルリーダーには、異なる価値観を受け入れるとともに、自分の意見を伝え、人を動かしていく力が求められます。リーダーというと先頭に立つ人のように思われがちですが、リーダーを支える存在にもまた、リーダーシップが必要です。立教大学では、権限やカリスマ性があることだけでなく、チームをまとめ、活性化させ、仲間の力を引き出すことも『リーダーシップ』であると考えています。それを発揮するためには、自分の頭で考える力を磨かなければなりません」
 140年を超えるリベラルアーツ教育や先進的なリーダーシップ教育といったオンリーワンの取り組みが評価され、文部科学省のスーパーグローバル大学創成支援事業に採択された立教大学には、そのために必要なスキルを身につけるプログラムがそろっている。その一つが「グローバル・リーダーシップ・プログラム(立教GLP)」だ。これは、議論やグループワークを通して、どこでも、誰に対しても発揮できるリーダーシップを養うもの。さまざまな学部から集まった学生がチームを組み、実践的な課題にアプローチしていく。
 また、複数学部で専門科目を英語で学ぶコースがスタート。キャンパス内には外国人留学生との国際交流プログラムも数多く用意されており、日常的に世界を意識して大学生活を送ることができる。さらに、日本人学生のほか、交換留学生も暮らすインターナショナルな寮を設置。交流を深めるなかで、多様なものの見方や考え方が養える環境になっている。
 「世の中は得てして、自分の理想通りにはいかないものです。明確な答えがあるわけでもありません。そこで軸となるのは、自分が本当に正しいと思えること、いわゆる納得解を見つけ出すことです。立教大学の学生には自分なりの納得解を持ち、世界を改革する、よりよい社会を作るという意識とともに、社会の一隅に光をあてる人になってほしいと思います」

キャンパスにいながら国際感覚が養える

入学時から始まる
キャリアプログラム

 グローバル教育と並び力を入れているのが、キャリア教育だ。立教大学では、4年間の学生生活を学年単位で考えるのではなく、「導入期」「形成期」「完成期」の三つの期間に分け、それぞれに必要な学びを選択できるようになっている。
 1年次から参加できるキャリア支援プログラムにも意欲的で、キャリアセンターや各学部が多数展開している。企業訪問やインターンシップなどを通して社会への理解を深めることで、その後の学びや就職活動に生かすことができる。
 「キャリアとは、どのようなビジョンを持って生きていきたいのか、それに向けてどう歩んでいくのかを考え、実践することです。それは狭い教室の中だけではなく、4年間のすべての経験を通して身につけていくものです。いまの自分に自信がなくても不安に思う必要はありません。立教大学には、一人の学生を『オール立教』で支える体制が整っています」

立教大学のキャリア支援

ENTRANCE EXAM[入試情報]

国公立大学と併願しやすい「6科目型」スタート
 2019年度からは、すべての学部の「大学入試センター試験利用入試」に6科目型が取り入れられる。これにより、国公立大学との併願がしやすくなる(文学部文学科ドイツ文学専修を除く)。
英語外部試験を活用した入試
 英語資格・検定試験を活用する制度を「一般入試 全学部日程『グローバル方式』」と「大学入試センター試験利用入試」の全学部に導入している。英語による授業だけで学位を取得できるコースの希望者を対象とした「国際コース選抜入試」や、自己推薦型の「自由選抜入試」でも活用できる。
給付型の奨学金が充実
 経済的援助が必要な学生に対し、学ぶ機会を保障する給付型奨学金が充実。入学前に支給が約束される予約型の「立教大学自由の学府奨学金」「立教大学セントポール奨学金」もある。条件あり。

GLOBALIZATION[国際化]

世界水準の国際化教育「Rikkyo Global 24」
 創立150周年を迎える2024年に向け、さらなる国際化を目指して進めている「Rikkyo Global 24」。学生への留学支援、キャンパスや教員の国際化、教育・研究環境の整備など具体的な目標を掲げ、4分野24のプロジェクトを推進している。

CAREER[就職]

東日本エリアでトップの就職率
 キャリア形成に必要な人間力・社会力を養うために、企業訪問、グローバル市場や各業界の動向を知る講座、卒業生に直接話を聞く学内OB・OG会、インターンシップといったさまざまな実践的プログラムを取り入れている立教大学。就職率の高さは、その学びの質が企業などから高く評価されていることの表れといえるだろう。
 2017年に卒業した学生の就職率は98.33%。東日本エリアにある卒業生2,000人以上の大学でトップを誇る。

就職率ランキング

◎東日本にある卒業生2,000人以上の大学の学部生対象(2017年春卒業)。医学部、歯学部と、14〜17年度開設の学部、17年度以前に募集を停止した学部の卒業生は含まない。就職率は、就職希望者に占める就職者の割合。『2019年版大学ランキング』(朝日新聞出版)より。
※就職希望者3,707人中3,645人

『大学ランキング』杉澤編集長が見た「立教大学」

納得解(なっとくかい)

世の中には明確な答えなど存在しない、だから「自分が本当に正しいと思えること=納得解」を見つけるしかないのだと郭洋春学長は説きます。グローバルリーダーに求められるものは自分の頭で考える力。そのためには自分自身の中に判断の基準となる「軸」を持つことが重要です。そのことを忘れないために、「納得解」という言葉を覚えておくのはいいかもしれません。

三つの期間

4年間の学生時代を学年単位ではなく「導入期」「形成期」「完成期」と捉え、1年次から参加できるキャリア支援プログラムも豊富に用意されている点も注目に値します。「キャリアとは、どのようなビジョンを持って生きていきたいのか、それに向けてどう歩んでいくのかを考え、実践すること」。郭学長の言葉は、いま自分の進路について真剣に考え、あるいは悩んでいる多くの人の胸に響くのではないでしょうか。

杉澤誠記編集長
朝日新聞出版『大学ランキング』編集長

掲載大学一覧[関 東]

OPEN