二松学舎大学

漢学塾からの150年へ

地上13階、地下3階の九段1号館エントランス。三島中洲の私邸であった伝統と建学の地に、充実した研究環境が整っている

言葉の力を高めることで
「真のグローバル人材」へ

母語の力が育てる
コミュニケーション力

この春就任した江藤茂博学長

 二松学舎大学の出発点は、1877年、三島中洲によって開かれた漢学塾二松学舎にある。その歴史は古く、建学の精神に「東洋の精神による人格の陶冶(とうや)」を掲げる文系の総合大学だ。
 特に国語科教員の輩出実績に優れる二松学舎大学だが、21世紀に入り、精力的に国際化を進めている。各種国際シンポジウムを国内外で開催したり、海外の大学との連携による交換留学生を数多く受け入れたりなどの取り組みを実施。これまでも注力してきた国語力を基礎に、さらなる「言葉の力」を身につけたグローバル人材を育成する教育体制を展開しているのだ。
 2019年4月に就任した江藤茂博学長は、2009年から10年にわたり、同大学の文学部長を務めた。その歩みを振り返りながら、ここでこそ身につくグローバル感覚について語る。
 「私はこの10年間、大学の国際化を推進してきました。文化も経済もグローバル化のただ中にある現代。人と人とが国籍や国境に縛られずに意思を伝えあうためのコミュニケーション力が、かつてないほど求められています。このとき重要になるのは、外国語力だけではなく『母語』の力。複数の国の言語を自由に操る人でも、深く思考するときには母語に立ち返ります。理論的な発想やこまやかな感情表現を可能にする、生きるうえでの基本となる力なのです」

グローバルな環境で
表現力と発信力が向上

 大学のグローバル化は近年の取り組みのようにも思えるが、二松学舎大学は、創立時から変わらず世界を見据えている。
 漢学とは古来、先端の外来学術そのものを意味していた。大学名の由来にもなっている二本の松は「学問をする場所」の象徴で、唐の時代の故事によるものだ。設立当時から、中国古典への理解と日本の学芸の習得により、塾生たちの表現力を高めることをめざしていた。
 「まだ漢学塾だった1889年には、すでに海外からの留学生を受け入れていました。現在も年間60人以上の交換留学生を受け入れています。彼らは積極的に発言するし、日本語だけでなく英語などにも堪能で優秀な人が多い。本学の考えるグローバル化とは、単なる外国語教育ではありません。まずは国際的な環境に学生を置くことを重視しています。文学部には英語を苦手とする学生もいますが、留学生とのコミュニケーションのためにも自発的に英語を学んでいる者もいます」(江藤学長)
 留学生の存在が日本人学生にも刺激になっているという。
 さらに、その環境が知力や豊かな思考力を育て、学生のクリエーティビティー向上にもつながっているようだ。学生数3000人余りの同大学だが、「作家の出身大学ランキング」では、大規模校に比肩して上位にランクインしている。表現力と広い視野を育てる国際化を進めながら、基本としての国語力をしっかりと教育する体制のたまものといえるだろう。学生数についても、この規模だからこそ濃密な師弟関係を結ぶことができる。丁寧な指導も、漢学塾時代から続く特色のひとつだ。
 近年では、ヨーロッパや中国、韓国、台湾といった諸外国と共同での漢学研究なども行っている。「国漢の二松学舎」の伝統を、21世紀の教育環境に接続させる試みだ。また、2017年に開設された都市文化デザイン学科では、アニメやゲームなどの最新ポップカルチャーについて研究することもできる。歴史と革新を併せ持つカリキュラムにより、卒業生は教員、公務員、一般企業など、学部を問わず幅広い分野で活躍している。
 進化を続ける二松学舎大学。東京の私学、日本の私立大学という枠を超え、東アジアの高等教育機関としての成長を掲げている。
 江藤学長はさらなる短期的目標を挙げた。
 「現在、教育研究に携わっている、本学に留学生として籍を置いたOB・OGを集めて、二松学舎大学学術研究国際会議を開きたい。また、教学環境の変化を踏まえて、ICT(情報通信技術)の整備なども考えていきたいと思います」
 多様な取り組みで、豊かで鋭い読解力と表現力で社会に向き合う「真のグローバル人材」を育む。その姿勢は、創立以来142年、一貫して変わらない。

※「大学ランキング2020」(朝日新聞出版)によると、1980~2018年のおもな文学賞受賞者数で全大学中44位

学園全体の指針であるN'2020 Planが実行段階に入った二松学舎大学。新たにN'2030 Planを策定した。建学の精神に基づき、AI(人工知能)時代の到来など、社会環境の大きな変化にも柔軟に対応できる「問題解決力・創造力」をもつ人材の育成を進めている。

CAMPUS TOPICS ①

「都市文化デザイン学科」に続き、
「国際経営学科」も開設
実践的な力を身につける
 2017年に誕生した文学部・都市文化デザイン学科は、地域の魅力を文化の力で引き出す人材を育成する学科だ。ポップカルチャーの中心地ともいえる東京都・秋葉原に、教育拠点となる「AKIBA LAb.」を設置。知られざる日本文化の面白さを社会へ発信するための知識や企画力を、アニメやゲームといった文化も対象としながら学ぶ。めざす進路はマスコミや観光産業、地方自治体など。街の活気を感じながらのフィールドワークや、学生制作の映画祭、書籍の編集体験など多彩な授業を行っている。
 翌2018年には、国際政治経済学部に国際経営学科が開設された。有能なビジネスパーソンを育てる同学部で、この新学科はより即戦力に近い人材を育てる経営学を展開する。また、実務家出身の教員が多いため、ほかにも実践的な授業が豊富だ。企業と提携し、1年にわたる独自の長期インターンシップを実施。実際に会社で進行しているプロジェクトに携わりながら、実務はもちろん社会に通用するコミュニケーションの力も磨く。
 時代のニーズに応えた二つの新学部。どちらも二松学舎大学らしく、考える力と表現力の向上を重視したカリキュラムを用意する。
国際経営学科の長期インターンシップの様子

CAMPUS TOPICS ②

「創立者三島中洲没後100年」
その歩みをたどる特別展を
九段キャンパスで6月まで開催
 二松学舎大学の創立者である三島中洲が死去してから、2019年5月で100年を迎えた。これを受け同大学では、その業績を紹介する特別展を行っている。
 江戸時代、倉敷に生まれ、幕末から明治、大正を生きた漢学者・三島中洲。維新後は明治政府に請われ上京。大審院判事などさまざまな役職を務め、1877年に大学の前身となる漢学塾二松学舎を創設した。めざしたのは、自国の文化を正しく理解する真の国際人の養成であった。夏目漱石や嘉納治五郎など、数多くの子弟を育成。日本が世界に開かれようとする時代のなかで、漢学・東洋学の発展に尽力した。三島中洲の活躍を通して、激動の時代の空気にも触れられる特別展となっている。

会 期:~2019年6月8日(土)
会 場:九段キャンパス・九段1号館地下3階 大学資料展示室
開 室:月曜~土曜 10:00~16:00 入室無料
休室日:日曜・祝日
創立者の三島中洲が残した日記・文稿、漢籍などを展示する

掲載大学一覧[関 東]

OPEN