二松学舎大学

大切なのは、言葉。

「知力」が生む、共に生き抜く「力」
学問の場から、新しい世界の自分へ。

新学科でさらに充実する
「漢学塾由来」の教育体制

三島中洲の私邸があった建学の地。現在もメイン校舎である九段1号館では、多くの学生が学んでいる

 1877(明治10)年、江戸幕末の余韻が残るこの年、江戸城近くに漢学塾二松学舎が開かれた。明治政府に勤務する法律家であり漢学者でもあった三島中洲が、自宅に塾を置いたのだ。夏目漱石や平塚雷鳥などが学ぶ塾舎は、やがて校舎を増やしながら、1928年に旧制の専門学校になる。国漢の専門学校として、中等学校の教員を養成した。49年に新制の大学に移行し、文学部国文学科と中国文学科の1学部2学科を置く二松学舎大学となった。以来、「東洋の精神による人格の陶冶(とうや)」を建学の精神に掲げながら、文系の総合大学として歩み続けている。旧制専門学校以来の国語科及び漢文科中等教員養成の伝統を持ち、現在も教員養成に力を入れている。

 現在の学部は二つ。文学部には、日本文学日本語学系の国文学科、中国文学中国語学系の中国文学科、リベラルアーツ系の都市文化デザイン学科があり、さらに2022年度の開設をめざして歴史学系の歴史文化学科を準備中だ。もう一つの国際政治経済学部は、学際的な社会科学系の国際政治経済学科と、経営学系の国際経営学科の2学科で構成される。人文科学から社会科学までの幅広い教育研究を6学科(予定)の体制で行う。

 19年4月に就任した江藤茂博学長は、文学部のルーツである漢学塾の教育文化を生かした「師弟間での丁寧な教育環境の構築」を、大学全体でめざしていると語る。

 「大学で学問と出合い、自分のものとなった知性が言葉となり、豊かな表現力となります。ここでの学びの領域が自らの関心事と結びついたときにこそ、真の知力が生まれる。それを大切にし、学生たちの関心に応じて学問を共に紡ぐ教場でありたいと考えています」

 それはこの新型コロナウイルス感染拡大の中でも変わらない。できる限りのきめ細かな学生対応を心がけてきたとも話す。

「グローカリゼーション」
と二松学舎の国際教育

千鳥ヶ淵から臨む二松学舎大学

 二松学舎大学では国際化にも注力している。海外提携大学からの留学生も数多く受け入れており、彼らの存在で教室の雰囲気が変化したという。

 「海外の大学からの留学生たちは、授業でも積極的に発言をします。また日本語だけでなく英語など多言語に堪能な学生もいます。彼らと共に学ぶことは、本学の学生にとって大変よい刺激になるでしょう。まずは、学生がこのような国際的な環境に自身を置くことが大切です」

 そうした取り組みの矢先、新型コロナウイルスの感染が拡大した。現在、海外の大学との往来は停滞している。だが江藤学長は、今できることを模索する。

 「新型コロナウイルスの登場で、グローバル社会のあり方も変わり始めました。世界の普遍化と地域の尊重が相互に結びつく『グローカリゼーション』が求められるこれからの時代、開かれた大学であることの重要性はより高くなるでしょう。海外との行き来が止まっている今、私たちはオンラインという新たな方法で、教育環境の国際化を維持し、さらに推進しています」

 例えば文学部中国文学科では、日本で二松学舎大学に通いながら、中国の提携大学の授業を一定期間オンラインで受講し単位を取得することを、正式な交換留学制度として可能にした。この制度が生まれるきっかけは、学長自身の経験にあった。

 「昨年度、私は中国のいくつかの大学でオンライン講演を行いました。ある講演では、メイン会場が河南省の大学で、司会者は上海にいて、北京から質問が寄せられるという経験をしました。もちろん講師は私ですから東京にいるわけです。その時に、私たちは従来にはない『知の空間ネットワーク』を手にできたのだと感じました。これはぜひ活用すべきです。そこで今年度から、中国の大学のオンライン授業による交換留学制度を試行することにしたのです」

 今後は海外の大学からのオンライン講義をさらに増やすことも検討しているという。

「言葉の力」と生き抜く力
創立150周年に向けて

江藤茂博学長

 現在の文学部では、中国文学科で中国語や韓国語、都市文化デザイン学科で中国語やフランス語などが学べるほか、国際政治経済学部では、授業すべてを英語で行う特別カリキュラムも開講している。外国語科目は、二松学舎大学ではどのような位置づけなのだろうか。

 「生き抜くための『言葉の力』とは何かを、学生と絶えず向き合いながら考えてきました。本学の教育の基本は、外国語を自在に扱える人材を育成することではなく、母語の力を伸ばすこと。外国語を学ぶことが自分の母語を意識することにつながり、日本語での表現力や思考力も高めます。本学の外国語教育プログラムは、こうした日本語の力を高める教育の一環として用意しているものです」

 複数の言語を自由に操る人でも、深く思考するときには母語に立ち返るという。「言葉の力」に重きを置くからこそ、外国語を話すだけでなく、自らの母語の力を豊かにすることが重要なのだと二松学舎大学は考える。

 近年は社会科学分野のみならず、日本学に関しても、諸外国の研究機関との共同研究を盛んに行っている。伝統ある「国漢の二松学舎」は、日本学を中心とした国際的な高等教育機関として成長を遂げているのだ。

 来年の創立145周年、そして27年の創立150周年に向けて、二松学舎大学の教育研究体制はさらにその個性が磨かれていくことだろう。

CAMPUS TOPICS ①

2022年4月、新カリキュラムを導入
幅広い教養と問題解決力を身につける

 社会の仕組みが大きく変容するこれからの時代を見据え、2022年度入学生から全学部に新カリキュラムが導入される。知識基盤社会を生きるために必要なスキル等を身につけ、主体的に問題を発見し自ら解決方法を見出す能力を養成する。

CAMPUS TOPICS ②

来校型の
オープンキャンパス実施予定

 事前予約制・定員制としながら、来校型のオープンキャンパスを開催します。新型コロナウイルス感染症の状況等により予定が変更になる可能性もあるため、必ず大学ホームページで事前に確認してください。

詳しくはこちら

掲載大学一覧[関 東]

OPEN