西南学院大学

100年を超える歴史を有する九州私学の雄。キリスト教精神を基本理念とする人格教育と、学生一人ひとりの個性を磨く少人数教育により、幾多の優秀な人材を輩出してきた。国際交流が盛んなことでも知られ、その基盤となる語学教育のレベルの高さは〝語学の西南〟と称される。就職サポートも充実しており、豊かな人間性を身につけた西南学院大学の学生たちは、福岡から全国へ、そして世界へとはばたいている。

photo: harigane yousuke

キリスト教精神で育む豊かな人間性と国際性

〝寄り添うリーダー〟の育成

K.J.シャフナー学長

 西南学院は1916年、アメリカ人宣教師C・K・ドージャーによって創立。「西南よ、キリストに忠実なれ」という建学の精神のもと、100年以上にわたってキリスト教の精神に基づいた人格教育を貫いてきた。
 「西南学院大学では創立時から、奉仕の精神を養う教育に取り組んできました。知識やスキルだけではなく、人間全体を育てる人格教育です。自分と異なる他者を受け入れ、他者を理解し尊重できる学生を育てたい。他者の前を進むフロントランナーより、他者と肩を並べて進む〝寄り添うリーダー〟を輩出していきたいと考えています」と、K・J・シャフナー学長は語る。こうした教育方針を反映しているのが、活発なボランティア活動だ。熊本地震や九州北部豪雨の被災地でのボランティア活動のほか、東日本大震災の東北での活動を現在も継続。一日の終わりに活動を振り返り、話し合う「西南タイム」を設けるなど、独自のボランティア文化が育ちつつある。学生団体「いと」は、福岡での支援活動を継続し、最近では防災活動にも力を注いでいる。
 フィリピンの貧困地域におけるボランティア活動は、15年間にわたって続く。「スラム街の子どもたちは、なぜ貧しくても笑顔でいるのか、日本は豊かなのに、なぜ幸せを感じる人が少ないのか。ボランティア活動を通して学生はさまざまなことを考え、物の見方や考え方が変わる。そこに意義があるのです」と、シャフナー学長は強調する。

多彩な国際交流プログラムにより
グローバル人材を育成

国際交流の豊富な機会を提供

 西南学院大学は71年、全国に先駆けて国際交流制度を導入した。現在では北米34大学、ヨーロッパ36大学、アジア・オセアニア23大学の27カ国・93大学と国際交流協定を締結しており、2020年までには100大学を達成する見込みだ。毎年、海外派遣留学生(交換留学)制度で約90名、短期語学研修等の短期海外研修で約450名の学生が、海外で学ぶ機会を得ている。
 キャンパスにいながら国際交流ができる機会も多い。日本人学生が留学生を支援する「留学生サポーター制度」や、留学生別科学生の日本語学習をサポートする「日本語学習チューター制度」、留学生寮「アイ・ハウス」で日本人学生がアドバイザーとして運営・管理を行う制度のほか、多彩な交流イベントが用意されている。
 こうした国際交流に向けて、語学力を高めるためのサポートを行うのが、全学的な語学教育を推進する「言語教育センター」だ。最新設備を使用した授業が展開され、無料の語学講習も実施されている。加えて、映像・音声メディアやeラーニング等、豊富な教材を使用して多くの学生が自主学習に励んでいる。留学生や留学から帰国した日本人学生と外国語でフリートークを行う「イングリッシュ・カフェ」「中国語茶室」なども開催。国際交流や英語教育を通じて、数多くのグローバル人材が育成されている。

きめ細かなプログラムで
多様なキャリア形成を支援

就職支援プログラム

 充実した就職支援も同大学の大きな特色だ。1・2年次の「キャリア形成支援プログラム」と3・4年次の「就職支援プログラム」のほか、多彩なジャンルの「全学年共通プログラム」を提供。4年間にわたり、きめ細かなプログラムでキャリア教育を実施する。業界別の試験対策講座や幅広い資格取得支援講座など、実践的なプログラムも満載だ。
 就職セミナーでは、大企業が多数参加する「春季集中企業セミナー」が注目。学生の関心が高い企業約130社(官公庁含む)による説明会が、企業ごとに実施される。2017年度実績で同大学の全体の就職率は97.1%(就職者1535人/就職希望者1581人)、大企業への就職率は52.3%となっており、大企業への就職率の高さは一目瞭然だ。
 関東での就職活動をサポートする「東京オフィス」では、パソコンや就職関連書籍を利用できるほか、キャリアアドバイザーによる個別相談を実施。就職活動中の情報収集の場としても利用できる。その一方、山口・佐賀・熊本・宮崎・鹿児島の各県と同大学の間には就職協定が締結されており、卒業後は地元で就職という選択肢も広がる。
 「最近では同窓会のみなさんも、学生の就職を支援してくれて心強い」とシャフナー学長。女子同窓会「西南ゆりの会」では、各分野で活躍する西南OG3人がパネルトークや相談会を行うキャリア形成支援プログラムを実施した。数多くの優れた人材を輩出してきた西南ならではの取り組みで、学生一人ひとりの就職を支援している。

CLOSE UP[注目情報]

世界を舞台に「Seinan Vis Moot」が活躍!

 Vis Moot(ビスムート)とは、全世界の法学部・ロースクールの学生のための国際模擬商事仲裁大会のこと。1993年から毎年イースター(復活祭)の時期にオーストリア・ウィーンで(2003年からは香港でも)開催されている。
 企業間の国際取引において紛争が生じた場合は、世界各地にある仲裁機関で紛争を解決することが多い。ビスムートでは架空の紛争を題材とし、参加チームが双方の代理人弁護士に扮して、実際の仲裁さながらに争っていく。国際取引に関連する法を実践的に学習する機会を設け、将来のリーダーを育成することが目的だ。
 問題や準備書面、口頭審理はすべて英語のため、英語力や法的分析能力が求められる。与えられる問題は50ページを超えるボリュームの本格的な内容だ。毎年、各国から著名な大学が参加しており、2017年度は世界80カ国以上から約360校が集まった。
 「Seinan Vis Moot」は17年6月に発足し、18年度には法学部学生21人が参加。国内大会である「Pre Moot日本大会」の日本語の部において、初出場ながら第1位を獲得する快挙を達成した。また、最優秀弁論賞も3年(当時)の森本優花さんが受賞している。その後、ウィーンで行われるビスムート本大会に出場。日本から本大会に出場するのは同大学を含めて4校のみ、九州からは同大学が唯一の出場校となった。
 シャフナー学長は法学部学生たちの活躍を絶賛。「参加した学生たちを見て、学びの意欲のスイッチが入ったと感じました。この〝スイッチ〟を入れる環境を整えていることが、西南学院大学の学びの特色です」と語っている。

Seinan Vis Moot参加学生

VOICE[在学生・卒業生より]

在学生
経済学部 国際経済学科4年
松尾 幹生さん
 
学生たちの夢を支援する
ベンチャーサークルを設立

 留学サポート制度が充実していることが、西南学院大学を志望した理由の一つです。3年次から9カ月間、交換留学で渡米しました。大学にはTOEFLの受験料補助や留学の奨学金制度などがあり、とても留学しやすい環境です。留学先のノースカロライナ大学では、英語力だけではなく、価値観の違いを受け入れ、物事を客観的に見る幅広い視野を養うことができました。
 今はちょうどベンチャーサークルを立ち上げているところ。就職であれ起業であれ、学生一人ひとりのやりたいことを支援する活動をする予定です。将来は私自身が起業し、AIやブロックチェーン、IoTといった最先端のテクノロジー系の分野で仕事をしたいと考えています。そのために経営者の方々とお会いして人脈づくりを進めるほか、大学内外で仲間づくりにも取り組んでいます。将来は起業都市・福岡のキーマンと呼ばれる人材になることが私の夢です。

卒業生
日本航空㈱ 客室乗務員
国際文化学部 国際文化学科卒
水田 理英さん
西南学院大学で自分の幅を広げ
客室乗務員として国際線で活躍

 日本航空の客室乗務員として、現在は主に日本と欧米各国を結ぶ国際線に乗務しています。乗務にあたって心がけているのは、常に感知力を働かせること。また、客室乗務員は日頃からさまざまなことに興味を持ち、自分の引き出しを増やすことで、お客さまとの会話の幅を広げられるところに楽しさや魅力を感じています。
 大学時代に最も印象に残っているのは、大学のボランティアセンターを通じて参加した、フィリピンでのボランティア経験です。貧困地域の現状に大きな衝撃を受け、その後も貧困の現状を多くの人々に伝え、支援活動を継続しました。3年次にはイギリスへ短期留学をしましたが、自分の会話力のなさを痛感したことが大きな収穫でした。もっと英語を学びたいと考え、言語教育センターに通って英語力向上に取り組みました。西南学院大学は多彩な授業やプログラムを通じて、自分の幅を広げられる大学です。

●西南学院大学(私)

【創 立】 1916年(私立西南学院[男子中学校]として創立)
【学 部】 神学部、文学部、商学部、経済学部、法学部、人間科学部、国際文化学部
【キャビンアテンダント採用(2013〜2017年)】 九州・山口・沖縄1位
【アナウンサーの出身大学】 九州・山口・沖縄2位
【国家公務員採用、国税専門官】 九州・山口・沖縄1位
【国際ボランティアの参加学生(2016年度)】 九州・山口・沖縄1位
【外国人教員の比率(規模別、学生数3千人以上)】 九州・山口・沖縄2位
(いずれも『大学ランキング2019版』より)
〒814-8511 福岡市早良区西新6-2-92 
☎092-823-3248(広報・校友課)
http://www.seinan-gu.ac.jp/

掲載大学一覧[九州・山口・沖縄]

OPEN