そうじょう大学

崇城大学の学生たちの活躍がめざましい。在学時に起業する学生や、各地のビジネスコンテストで大賞を受賞する学生、エアライン・パイロットになる学生、新聞にマンガを連載する学生など、分野はさまざまだ。その背景には、実学主義に重きを置いた同大学の実践的な教育方針がある。英語学習にも注力し、国際的に活躍する人材を数多く輩出している。

夢を育みパワーを養う実学主義で学生が大成長

学生一人ひとりの夢を育む
きめ細かい実学教育

中山峰男学長

 「本学の掲げる実学主義では、『学生が何を学んだか』ではなく『学生が何をできるようになったのか』を追求します。自ら学び、何ができるようになったかを自覚し、自信を身につけた学生を社会へ送り出すことが本学の教育方針です」という中山峰男学長の言葉に、崇城大学の特色が表われている。学生一人ひとりに教職員が目を向け、実践的な教育によって彼らの夢を育むという方針だ。同大学では入学直後からチューター制を導入し、卒業まで1人の教員が5人以内の学生をきめ細かく指導する仕組みを確立。それぞれの学生の個性を伸ばし、コミュニケーション能力の向上や、就業意識の高揚に取り組んできた。
 さらに、「SOJOポートフォリオシステム」では、学生・教職員各々が、学生一人ひとりの授業、活動、生活面をフォーマットに書きとめ、可視化し、迅速な学生支援ができるシステムを構築した。「一括りに『学生』と考えず、一人ひとりをどう育てるか考えていきたい」と中山学長は言う。
 就職サポートにおいても、各学科の就職担当教員をキャリアアドバイザーとして配置するほか、キャリアカウンセラーが年3回以上計1750件もの個別面談を全学生に実施。学生の個性に合わせた就職支援を行っている。5年連続98%以上の就職率だ。(2017年度、就職者588人/就職希望者590人)

留学気分を味わえる英語教育で
グローバル力を身につける

英語学習施設「SILC」

 グローバル人材を育成するため、使える英語教育を充実させている点も同大学の特色だ。〝学内留学〟をテーマとした英語学習施設「SILC(シルク)」はその象徴ともいえる施設。熊本地震で建物が被災したが、2018年4月にリニューアルオープンした。
 新築されたSILCは、1階にカフェが併設され、開放的で洗練された雰囲気。外国人講師17名が在籍し、学生のレベルに合わせた英語指導を行っている。「日本人が特に弱い『話す』力を中心に英語でコミュニケーションできる人材を育てることがSILCの目的」と中山学長は説明する。
 SILCに併設された「SALC(サルク:自律学修センター)」では、英語の自学自習をさまざまな角度からサポート。楽しく遊びながら生きた英語を学べるカンバセーションラウンジや、外国人講師とマンツーマンで英会話力をアップするためのスピーキングセンターなど、多彩なプログラムが用意されている。
 その実践としての海外留学にも力を入れていて、2017年度には240名を超える学生が海外へ飛び立った。学生全体の7%に当たる数字で、比率の高さは国内でもトップレベルだ。海外留学奨学金や留学前の相談など、留学に関する様々なサポート制度を充実させている。

大学院生がバイオベンチャー
企業「㈱Ciamo」を設立

 同大学は5月、大学院生が社長を務める㈱Ciamo(しあも:代表 古賀碧)が大学のファンドを利用して起業・事業をスタートする記者会見を行った。その事業内容は、球磨焼酎粕で培養可能な光合成細菌を活用したバイオビジネスの展開。焼酎粕で光合成細菌を大量に培養できるキット〝くまレッド〟を開発し、昨年6月から県内の農家に直接販売。5年で10億の販売を見込んでいる。光合成細菌は、農水産業分野や医薬品、環境問題への解決など広く注目されている微生物であり、「高価」だとされる一方、付加価値の低い焼酎粕は処理にコストがかかるのが大きな課題となっている。そのため、この焼酎粕を光合成細菌の培養に使用することで従来よりも安価に提供し、農水畜産業をさらに発展させることができる。
 ㈱Ciamoはこの事業を通して、焼酎粕の処理にかかるコストをゼロにし蔵元の負担を減らすと共に、環境保全を行い安心安全な食を世界中の人々に届けることを目標に掲げている。社名のしあもは、「幸せをもっと世界中へ」という願いをこめている。
 中山峰男学長は、「これから起業を目指す学生の目標になってほしい。大学、先生方と総力を挙げて支援していく」と期待でいっぱいだ。その記者会見には、起業部の学生たちが立ち合い、熱い視線をむけていた。
 こうした成果の背景には、同大学が掲げる「起業家精神の育成」がある。全学部で選択できる「ベンチャー起業論」は入学者の半数が受講する人気講座。14年には日本初となる大学公認の部活動「起業部」を創部し、ビジネスプランの作成や、全国のコンテストへの参加、若手起業家やベンチャーキャピタリストとの交流などを行っている。㈱Ciamoはこの起業部でチームCiamoとして、全国各地で開催されるビジネスプランコンテストに出場、多数優勝しており、その事業プランは「文部科学大臣賞」を2度も受賞するなど、各方面から高い評価を受けている。
 芸術学部デザイン学科マンガ表現コースの教員と学生が、来年のNHK大河ドラマの主人公となる金栗四三のマンガを地元新聞で連載するというトピックスもある。「若い人たちには無限の可能性がありますから、それを引き出すための環境を整えていきたい」と中山学長。学生一人ひとりの才能を伸ばす崇城大学の教育が、大きな注目を集めている。

CLOSE UP[注目情報]

パイロットコースに全国から受験生が殺到

 崇城大学の実学主義を象徴するのが、熊本空港に直結する「空港キャンパス」である。空港直結型のキャンパスは国内で唯一。全国へ優秀なエアライン・パイロットや航空整備士を輩出している。
 「パイロットコース(航空操縦学専攻)には日本各地から受験生が殺到しており、大手航空会社のパイロット採用実績も増加中です」と中山学長。その理由としては、キャンパスが自前であることに加え、国内初の航空機使用事業許可を受け、教授・教官はすべて同大学の教員で、学内での一貫教育ができるという点が大きい。さらに、学生たちを指導する教官の多くは、豊富な実務経験を持つ元エアライン・パイロットである。
 こうした恵まれた環境で、学生たちは実践的な操縦技術はもちろんのこと、何事にも動揺しない精神力、人の命を守るという使命感を伝授される。崇城大生の精神面での強さも、エアライン企業から高く評価されている。
 エアライン・パイロットに不可欠な英語力は英語学習施設「SILC」で養える点も、同大学ならではの大きなメリット。今後も数多くのパイロットや航空整備士たちが、空港キャンパスからはばたいていくだろう。

熊本空港直結の空港キャンパス

VOICE[在学生・卒業生より]

在学生
生物生命学部応用微生物工学科 4年
髙田 和真さん
 
楽しく英語を学べるSALCと
2回の留学で英語力アップ

 崇城大学を志望した一番の理由は、SILCにある自学自習コーナーSALC(サルク)で英語を学ぶ環境や留学支援制度が整っていることでした。2年次から毎日通い、1日15分の外国人講師との英会話と30分のTOEIC®の勉強を続けた結果、725点を取得することができました。マンツーマンでの英会話の授業など楽しく英語を学ぶことができました。次の目標はTOEIC®での900点取得、およびさらなるスピーキング力の向上です。
 留学は、ハワイ大学とフィリピンの語学学校(CIP)へそれぞれ1カ月滞在しました。国際交流センターの留学前サポートもあり安心して取り組めました。将来は製薬・化粧品業界で研究・開発に携わりたいと思います。グローバル化が進む社会で英語は必須。崇城大学には、日本だけでなく世界にも視野を広げて活躍できる環境がそろっています。

卒業生
㈱マクアケ
白石 美嘉さん
2017年 生物生命学部 応用生命科学科卒
「やってみたい」を実践できる
挑戦への気持ちと方法が身につく

 現在の仕事は、クラウドファンディングを実行したい「実行者」と企画段階から一緒に考え、ページ上での見せ方やクリエイティブの検討などを通しサポートしています。在学中は「起業部」に属し、起業をした方の講演、アメリカのシリコンバレー研修参加などの貴重な経験を重ねて「起業」への情熱が高まり、3年次の春「熊本産のリキュール販売事業」を立ち上げました。
 崇城大学は先生方に色々な相談ができるチューター制度があり、自分が「やってみたい」と思ったらすぐに実践できるような環境でした。新しいことにチャレンジする「気持ち」と「方法」を大学時代に身につけることができたため、社会人となった今、新しいことにチャレンジするハードルが他の人よりも低くなり、自分を成長させるたくさんの挑戦ができていると実感しています。

●崇城大学(私)

【創 立】 1967年(2000年に「熊本工業大学」から改称)
【学 部】 薬学部、生物生命学部、工学部、情報学部、芸術学部
【高被引用論文(クラリベイト・アナリティクス)2007~2017年 薬理学・毒性学】 全国2位
【初年度納付金(私大)安い】 工・理工学部 九州・山口・沖縄2位
               薬学部 九州・山口・沖縄2位
【就職率(卒業生300〜1,000人未満)】 全国1位
【情報系学部の就職率(学部別)】 全国1位
(いずれも『大学ランキング2019版』より)
〒860-0082 熊本県熊本市西区池田4-22-1 
☎096-326-6810(入試課)
http://www.sojo-u.ac.jp/

掲載大学一覧[九州・山口・沖縄]

OPEN