そうじょう大学

SDGS

「学生の心に火をつける」というポリシーのもと実践教育に取り組む崇城大学。グローバル教育に力を入れ、キャンパスの国際化が進む。空港キャンパスでのエアライン・パイロット養成は、近年大きな注目が集まっている。さらに、来年は情報学部のコース再編により、最先端の情報教育を提供する。

「学生の心に火をつける」
様々な教育プログラム

新・情報コース誕生!
次世代ニーズの情報教育

中山峰男学長

 来年4月から、情報学部情報学科に「未来情報コース」が新設され、「知能情報コース」「電子通信コース」を含めた3コースに再編される。未来情報コースはAIやIoTなど次世代に求められる技術にスポットを当て、将来の時代の変化に合わせて課題解決ができる人材育成を目指している。新たな時代を担う人材が、この新コースから巣立っていくことになりそうだ。
 「本学は実学主義を掲げ、社会に貢献できるものづくり技術者を輩出してきました。そこで問われるのは、何を学んだかではなく、何ができるようになったのか。学生のやる気を引き出し、『学生の心に火をつける』ことによって、自ら課題を見つけ、主体的に解決する人材を育てることが重要です」と、中山峰男学長は語る。その一例が、同大学のチューター制。入学時から1人の教員が5人以内の学生を卒業までサポートする。「チューターは彼らの心に火をつけ、夢を導き出し、卒業後の目標につなげていきます」と中山学長は言う。
 さらに1~3年次を通じて、少人数グループで主体的に課題に取り組む課題解決型のカリキュラムを実施している。企業とも連携し企業から与えられた課題に対して年次が進むにつれ専門的なテーマに取り組み、社会の課題に関心を持ち、主体的に解決する姿勢を身につけていく。
 就職サポートのきめ細かい体制は、キャリアアドバイザーと呼ばれる就職担当教員を各学科に置き、就職を支援。さらにキャリアカウンセラーが年3回以上の個別面談を実施するなど、手厚いサポートに定評がある。学内合同企業説明会には300社以上が参加するなど、企業サイドの注目度も高い。

英語力を飛躍的に伸ばす
二つの取り組み

SILC外国人講師陣

 グローバル教育に力を入れている点も同大学の魅力だ。豊富な海外留学プログラムが用意されており、昨年は273名もの学生が海外へ飛び立った。学生全体の7%を超える数字で、比率の高さは国内でもトップレベルだ。
 「海外へ一度行った学生は、表情や目の輝きが変わります。英語の重要性を体感し、さらに英語に真剣に取り組む学生も多い」と中山学長。同大学の英語教育の拠点となるのが、〝学内留学〟をテーマとした英語学習施設「SILC(シルク)」だ。外国人講師16名が在籍し、学生一人ひとりの目標やレベルに合わせて、「話す」力を中心とした実践的な指導を行っている。
 SILCに併設された「SALC(サルク:自律学修センター)」は、英語の自学自習をサポートする施設。外国人講師とマンツーマンで英会話ができるスピーキングセンターなど、多彩なプログラムが用意されている。

大学公認の「起業部」から
バイオベンチャーが誕生

(株)Ciamo代表取締役社長 古賀さん(中央)

 「起業家精神の育成」を掲げる同大学では、全学部で選択できる「ベンチャー起業論」を入学者の半数が受講している。2014年には日本初となる大学公認の部活動「起業部」が創部され、若手起業家との交流などを行っている。
 起業部の活動拠点「スタートアップラボ」の隣には、「ものづくり創造センター」が設置されている。学生が自由な発想でものづくりに取り組むことができる最新型の施設で、学生のさまざまなアイデアをもとにプロトタイプを作成している。
 起業家の育成を目的とし、熊本県も共催の「崇城大学ビジネスプランコンテスト」は昨年で5回目を迎えた。「焼酎粕を利用した光合成細菌の培養キットの開発・販売事業」で優勝した元起業部のチームCiamo(しあも)は、同大学のファンドを利用してバイオベンチャー企業「株式会社Ciamo」を設立し、現役大学院生の古賀さんが代表を務めている。
 地元焼酎メーカーが通常は廃棄している焼酎粕に着目し、焼酎粕で光合成細菌を大量に培養できるキットを開発。農産物の育成やエビの養殖に役立つなど、大きな注目を集めている。「産業廃棄物が産業資源へと一変する取り組みで、地域貢献や環境保全にも役立つ」と、中山学長は期待を寄せている。

CLOSE UP[注目情報]

空港直結キャンパスから羽ばたくパイロットたち

 国内で唯一の空港直結型キャンパスである、崇城大学の空港キャンパス。これまでに優秀なエアライン・パイロットや航空整備士を数多く輩出してきた。今年3月には、工学部宇宙航空システム工学科航空操縦学専攻4年の安達航大さんと雄大さんの双子の兄弟が、関東から入学し、震災を乗り越えそれぞれANAとJALにパイロット訓練生として同時内定し、大きな話題となった。
 国内初となる航空機使用事業許可を受け、自前のキャンパスで一貫教育を実施している点が同大学の大きな特色だ。教授・教官はすべて同大学の教員で、その多くが豊富な実務経験を持つ元エアライン・パイロットという恵まれた学びの環境で知られ、日本各地から受験生が殺到している。
 「実践的な操縦技術はもちろん、人の命を守るという使命感など、パイロットに必要な人格教育を施している点が、エアライン各社に高く評価されています」と中山学長。今後も数多くのパイロットや航空整備士たちが、空港キャンパスから航空業界へと巣立っていくだろう。

双子の安達兄弟(左/弟の雄大さん、右/兄の航大さん)

VOICE[在学生・卒業生より]

在学生
 
生物生命学部 応用微生物工学科 4年
今里 研仁さん
 
挑戦する学生の
背中を押してくれる大学

 崇城大学では、自分のレベルや目的に合った英語を学べる環境が充実し、海外留学プログラムや海外を身近に体感できる催しが数多く開催されています。大学生活で一番打ち込んでいることは、「資格取得」と「海外留学」です。現在は多種多様な資格の取得に向け励んでいます。海外留学時に返済不要の奨学金制度が設けられている点も魅力の一つ。これまで海外留学プログラムを活用して8カ国へ渡航し、各国で多くの友人もでき、入学前に比べコミュニケーション力が格段に上がりました。
 崇城大学にはチューター制度があり、大学生活での不安や、勉強で分からないところ、就職・進学についての進路相談などについて、全面的にサポートをしてもらえる体制が整っています。自分がチャレンジしたいことは、先生方や先輩方が全面的に応援してくれます。「挑戦する学生の背中を押してくれる大学」です!

卒業生
トヨタ自動車㈱ MS車両性能開発部
岡田 歩実さん
2018年 工学部 宇宙航空システム工学科
宇宙航空システム専攻卒
崇城大での実験の学びが
トヨタの仕事に生きています

 カローラやプリウスなどの車の衝突安全試験を行って、乗員を守るための車両開発に取り組んでいます。お客さまの命に直接関わる安全の向上に携わり、トヨタが大切にする「お客様第一」につなげられている点が、この仕事の大きな魅力です。
 崇城大学では国際交流センターのサポートを受け、シンガポールに短期留学して、日本との文化の違いや、海外の人の日本人への印象などに触れたことが成長につながりました。苦手だった材料力学の勉強では、研究室にこもって先生に丁寧に教えていただき、理解が深まりました。また、大学時代に学んだ実験の考え方やプロセスは、今の部署の仕事に生かされています。崇城大は4年間を通して多くのことを学べる場所。学科のカリキュラムに加えて、SILCや短期留学など、大学のさまざまなサポートを受けて、多くの機会に触れることができました。崇城大学だったからこそ、できた経験だと思います。

そうじょう大学(私)

【創 立】 1967年(2000年に「熊本工業大学」から改称)
【学 部】 薬学部、生物生命学部、工学部、情報学部、芸術学部
【初年度納付金(私大)安い】 工、理学部 九州・山口・沖縄2位
 薬学部 九州・山口・沖縄2位
【高校からの評価(大学設立年別1966〜1980年)】九州・山口・沖縄1位
【情報系学部の就職率(学部別)】 全国1位
【工、理学部の就職率(学部別)】 全国1位
【高被引用論文(クラリベイト・アナリティクス)2008〜2018年10月 薬理学、毒性学】 全国4位
(いずれも『大学ランキング2020版』より)
〒860-0082 熊本県熊本市西区池田4-22-1 
☎096-326-6810(入試課)
https://www.sojo-u.ac.jp/

掲載大学一覧[九州・山口・沖縄]

OPEN