名古屋工業大学

1905年に官立の名古屋高等工業学校として創設。以来、一貫して地域の産業発展に資する研究と教育を使命とし、社会の繁栄を支える技術者・研究者を輩出し続けてきた名古屋工業大学。2016年に再編された学科構成は、基盤的・先進的工学分野をほぼ網羅し、「高度工学教育課程」では専門を究め、産業の中核となる技術者、「創造工学教育課程」では工学全体を俯瞰(ふかん)して新たな価値を創造できる人材の育成を目指す。

産業界を支え、
新たな時代を切り拓く
先進的な
工学人材育成戦略

時代に即した工学教育

強力なリーダーシップで先進的な工学教育改革をけん引する鵜飼裕之学長。
「地域とともに」という使命のもと、
産業界が求める
技術者・研究者を養成

 国立の工科系単科大学として、いつの時代も産業界と一体となった教育・研究を使命としてきた名古屋工業大学。あらゆる技術が高度に進化し、社会構造が急速に変化する今日、産業界が求める人材像は大きく変わっており、「実践的工学エリート」の養成というビジョンを掲げ、さまざまな教育改革を推進。高度な専門性に加えて、教養や倫理感、コミュニケーション力を備え、さまざまな視野を持ち俯瞰的に事業プロセスを眺められる人材の育成を目指している。
 その一例が、他大学に先駆けて2016年度にスタートした6年一貫のカリキュラム「創造工学教育課程」だ。学部と大学院をシームレスに接続する新たな教育課程の特徴は、入学時に特定の専門を定めず、主軸科目を中心に関連領域を横断的に学びながら、独自の専門を組み立てていくこと。1年後期から始まる研究室ローテーション、課題解決の方法論を学ぶ工学デザイン科目、国内外の企業・研究機関を舞台にした長期の研究インターンシップなど、実践的な学びを重視した多彩な科目が並んでいる。
 また、大学のグローバル化への対応として、教育・研究の質保証にも注力しており、18年3月に工学系博士課程では国内初のジョイント・ディグリー制度となる、ウーロンゴン大学(オーストラリア)との共同大学院「国際連携情報学専攻(博士後期課程)」を設置。国際社会で活躍できる工学人材の育成とともに、大学の国際競争力向上に取り組んでいる。さらに、社会人を対象としたリカレント教育のさらなる充実など、時代に即した教育改革を断行。工学教育のフロントランナーとして、未来の産業界を支える高度な専門性を持った職業人の養成を目指す。

地域に軸足を置く「活(い)きた研究」

「産業界との連携を深め、数多くの技術応用事例を発信していく」と伊藤孝行NITech AI研究センター長。
産業現場の課題解決を目的とする
「NITech AI研究センター」が始動

 政府が成長戦略の柱の一つに掲げ、急速な技術革新が求められているAI(人工知能)研究。名古屋工業大学でも多くの研究者がAI分野の先端的研究に携わっており、2018年4月1日には「NITech AI研究センター」を設立、企業や自治体と連携したさまざまな取り組みが計画されている。
 センター設立の目的は、研究成果を応用し、産業界が抱える具体的課題の解消に役立て、地域を活性化すること。ものづくり技術が集積する中京地域の地の利を活かし、地に足のついた技術開発に重点を置いていることが大きな特徴だ。
 AI分野において、個別の研究を結ぶハブのような役割を担う組織は珍しい。だが、それを可能にするのが、産業界への貢献を使命とし、基礎・応用の両分野に中核的研究者を擁する名古屋工業大学の独自性だ。
 例えば20年に名古屋市で開催される「人工知能国際会議(IJCAI2020)」の招致に尽力し、マルチエージェントシステムを専門分野とする伊藤孝行センター長。ロボットやソフトウェアといった複数の主体の行動をモデル化し、群れとしてどのように制御・連携させるかを分析する応用分野の研究者で、次世代交通管理システムの構築など快適な社会づくりに取り組んでいる。一方、データサイエンスや機械学習など基盤研究分野にもトップレベルの研究者が在籍。大学の強みや地域性を活かした先進的な試みは、大きな期待と注目を集めている。
 また、次代のAI研究をけん引する人材の育成もセンターに課せられた重要な役割。中京地域の産業界との連携に加え、国内外の研究機関との交流を活発に行い、熾烈な国際競争に打ち勝ち、世界と対等に渡り合える研究拠点を目指していく。

教育・研究環境の多様性

「女性研究者が増えれば研究のバリエーションも広がる」と増田理子教授。
女性研究者の活躍を後押しする
充実した支援
多様な人材の活用が、
新たな価値を創造する

 文部科学省の科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」に採択された、多様性人材育成プログラム「NITech CAN」をはじめ、研究・教育環境における多様性の尊重に力を注いでいる名古屋工業大学。その実現に向け、最優先課題に掲げるのが、工学分野ではいまだ少数派の女性研究者への活動支援だ。卒業生を研究支援員として活用し、女性研究者のワークライフバランス維持・改善をサポートする「OG人財バンク」、優れた研究業績を挙げることが期待される若手研究者を表彰する「女性が拓く工学の未来賞」など、ダイバーシティ推進センターを中心に多彩な取り組みが行われている。
 女性研究者限定公募制度の導入や、上位職への積極登用も促進され、2017年度には4名の女性助教が准教授に昇格。「まだまだ絶対数は少ないものの、女性研究者の比率は少しずつ高くなっている。多様な人材活用に対する意識改革が全学的に進み、性別、国籍、年齢にとらわれず誰もが平等に活躍できる環境が整いつつある」と語るのは副センター長の増田理子教授だ。専門分野は生態学。フィールドワークを中心に、生物と環境の相互関係や生態系の保護、自然環境の保全についての研究を通じて、多様性の重要さを肌身で実感する女性研究者の一人だ。
 また、学科や学年の枠を越えた交流を促す女子学生組織「彩綾~SAYA~」など、“未来の女性研究者”の育成支援にも注力している。「研究活動の機動力となるのは、学ぶ意欲にあふれた学生」と増田教授が語るように、今後も専門領域の垣根を越えて、多様な視点や発想を持つ人材が相互に個性を輝かせる環境を創出し、新たな価値の創造を目指していく。

TOPICS[注目のトピック]

オーストラリア大陸を縦断する
世界最高峰の
ソーラーカーレースに参戦!
 2017年10月、オーストラリアで開催されたBWSC2017(Bridgestone World Solar Challenge 2017)に名古屋工業大学のソーラーカー部「NITech Solar Racing」が参戦した。BWSCはオーストラリア大陸を北から南に縦断する世界最高峰のソーラーカーレースとして知られ、世界各国から学生チームが参加。マシンコンセプトによって3つのクラスに分かれ、「NITech Solar Racing」は総距離3022kmのコースを6日半以内に走行し、到着順位を競うチャレンジャークラスにエントリーした。費用削減のため型製作を手作業で行うなど、苦労を重ねて設計・製作した「Horizon 17」で見事に完走を果たし、前回大会の成績を上回る12位でレースを終えた。
 本戦のスタート順を決める予選レースでは、名古屋工業大学の最先端研究である次世代半導体デバイスGaNを用いた昇圧回路(マジックブースター)の性能を活かした高速走行で、全体2位通過と躍進。革新的な装置・機構として「CSIRO Technical Innovation Award」にノミネートされ、国内外のライバルに対して存在感を示した。気象条件の影響で苦戦を強いられ、惜しくも10位以内という目標は達成できなかったが、6割以上のチームがリタイアした過酷な条件下で完走できたことはチームにとって大きな収穫となったはずだ。レース続行が危ぶまれるトラブルが起きなかったことや、詳細な走行データやチームマネジメントのノウハウの蓄積など、BWSC2017で得た貴重な経験をもとに、2年後の挑戦に向け新たなマシンの開発に取り組む。
無事に完走を果たした「Horizon 17」を囲み、笑顔を見せる学生メンバーとサポーター。

EVENT INFO[イベント情報]

◉オープンキャンパス
6月9日(土)、8月2日(木)、11月17日(土)

◎工学部第一部 生命・応用化学科(分野:生命・物質化学、ソフトマテリアル、環境セラミックス)/物理工学科(分野:材料機能、応用物理)/電気・機械工学科(分野:電気電子、機械工学)/情報工学科(分野:ネットワーク、知能情報、メディア情報)/社会工学科(分野:建築・デザイン、環境都市、経営システム)/創造工学教育課程(コース:材料・エネルギー、情報・社会 学部・大学院6年一貫教育課程)
◎工学部第二部 物質工学科/機械工学科/電気情報工学科/社会開発工学科
〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町
TEL 052-732-2111(代表)
https://www.nitech.ac.jp/

掲載大学一覧[東 海]

OPEN