愛知学院大学

「自分の可能性に挑戦し、
協働の場で主体的に
活躍できる人」を育てる

名城公園キャンパスが
〝社会科学の一大拠点〟へ

[完成イメージ]新しく誕生する高層棟には、学生たちのアクティブ・ラーニングを加速する「ラーニングコモンズ」を設置する。

 名古屋駅や栄にも近い都心型キャンパス、名城公園キャンパスで2020年4月、新しい教育がスタートする。
 現在建設中の新棟が完成し、法学部が日進キャンパスから移転。また、これまで商学部、経営学部、経済学部の2年次からの学びの場になっていたのが、1年次から一貫して名城公園キャンパスで学ぶようになる。これにより、法学・商学・経営学・経済学の社会科学系4学部の全学年が集結する拠点へと発展する。
 教育体制も従来の3学部連携から4学部連携へと進化する。4学部を横断する共通科目・連携科目を開講し、「法」と「ビジネス」の多角的な視点から、多様化・複雑化する現代社会の問題解決にアプローチしていく。
 官公庁街にも近く、名古屋の行政や経済の中心地に位置する強みを生かした学びも、より充実させていく。法学部では、官公庁と士業団体の連携講座などを予定。外部講師を迎えた講義を積極的に取り入れ、より実社会に近い学修や研究を支えていく計画だ。
 新しくなるキャンパスの教育目標は「学問知と実践知の融合による社会科学の総合知の創造」。各学部・学科の学び、共通科目・連携科目などから得られる「学問知」と、産官民提携講座などから得られる「実践知」を結ぶ〝クロスオーバー型教育〟をさらに推進し、社会を支える力となる「総合知」を育もうとしている。
 新棟には自由で開放的な空間「ラーニングコモンズ」が設置され、グループワークやプレゼンテーションなどのアクティブ・ラーニング、ディスカッション、コミュニケーションなどが従来以上に活性化するはずだ。
 活気に満ちる〝社会科学の一大拠点〟としての複合的発展に、地域の期待も高まっている。

地域に根差す産学官連携で育む、
豊かな人間力

学生がイベントの企画・実施など、全面的に運営サポートに取り組んだ「シーホース三河」での活動風景。

 愛知学院大学では、学部・学科や地域連携センターがハブとなり、学生と地域、企業、行政などを結びつけ、学外での新たなチャレンジを応援。多様な場でつながる活動が行われている。
 スポーツ分野では、プロバスケットボールチーム「シーホース三河」の運営を心身科学部健康科学科の学生がサポート。インターンシップ生として愛知県内の全ホームゲームの運営を手伝っている。日頃の運営サポートの成果として、ホームゲームの1節では、演出やファンサービス、イベントなど全てを学生が企画するプログラム「愛知学院DAY」を開催。半年かけて企画立案からプレゼン、各方面の調整交渉などを行い実現した。
 防災・防犯分野では、「名古屋市大学生消防団」の一員として、防火・防災の知識や救急救命技術を身につけながら、防災訓練などに参加している。「北区総合水防訓練」では土のう作りや初期の浸水対策方法を説明。同区小学校で行われる防災マップ作りにも携わっている。また、2018年度結成の防犯活動グループ「愛学CPU」は、北区役所と愛知県警の防犯活動に参加し、年金支給日に銀行で詐欺への注意を呼びかけた。啓発活動をはじめ、防犯パトロール、防犯マップ作り、子ども向け防犯講座などに取り組む。
 また、ビジネス分野では、経営学部経営学科の学生が地域連携科目で学んだ知識を生かし、スターバックスコーヒー名城公園店とコラボレーションし、コーヒーに関するワークショップを開催。同社の取り組みでもある「対等な立場で支え合う国際協力」をPRする機会となった。
 地域、そして世界にもつながる多種多彩な産学官連携の場で、学生たちは学びを深め、人間力を養っている。

※Crime Prevention Unitの略

目標に合わせたサポートで
中部圏トップクラスの就職実績

教職員と各センターが一丸となり、幅広い進路に対応するキャリアサポート。

 愛知学院大学では、多角度のサポートにより、毎年地域トップクラスの高い就職率を誇る。
 その基盤となっているのは、1年次から始まる手厚いサポートだ。キャリア教育やインターンシップ、ガイダンスなどの就職支援を行うキャリアセンター、資格取得や公務員採用試験などを支援するエクステンションセンター、教職を志す学生を支える教職センターの3つが連携。学部の教員と一丸となり、目指す進路の実現に導く。
 開講される就職対策講座は373、資格・試験関連講座は68。キャリア支援に関わるスタッフは合計40名が在籍。こうした数字にもサポート体制の強さが表れている。
 目標に合わせたきめ細かな支援で、一般企業、公務員、教員、医療専門職など、あらゆる進路をバックアップできるのも特長だ。秘訣はキャリアサポートを学部担当制で行っていること。学部専任のアドバイザーと教員が情報を共有し、一人ひとりを親身に支える。さらに、公務員担当、部活に励む学生を支援するアスリート担当のキャリアアドバイザーもいる。
 143年の歴史の中で、巣立っていった学生の数は13万7905人。各業界で活躍するOB・OGが同窓会や後援組織を中心に構築する強固なネットワークも強みになっている。
 卒業生は人間味やバイタリティー豊かな〝学院カラー〟を持つ人材として評価されており、経営者として手腕を発揮するケースが多いのも特徴。『東京商工リサーチ』が2018年10月に発表した「全国社長の出身大学」によると、愛知学院大学出身の社長数は2645人で全国19位。「都道府県別(企業所在地)社長出身大学」では愛知県ナンバーワンだ。

HOT NEWS

出会いと成長がある167の
クラブ・サークル、広大なキャンパス
 クラブ・サークル活動も盛んな愛知学院大学。2019年3月現在、公認団体だけでも167と圧倒的な数が活動中だ。数だけではなく内容も充実しており、輝かしい実績も残している。2018年度の西日本バレーボール大学男子選手権大会で優勝し、数々の個人賞も獲得した男子バレーボール部、全国女子相撲大会で初優勝した相撲部、中部日本学生拳法選手権大会の個人戦で男女ともに優勝した日本拳法部など、全国的な成果を上げている部も少なくない。
 スポーツに打ち込んだり、芸術に没頭したり、あるいは研究に挑戦したり、自分の好きなことで学生時代ならではの貴重な時間を謳歌。その中で友情を育み、たくさんの出会いや感動を手にしながら成長している。
 東京ドーム11個分に相当する約50万㎡の敷地が広がる日進キャンパスには、アリーナや室内温水プール、最新のトレーニングマシンも備えるAGUスポーツセンターや、人工芝を敷き詰めたグラウンドやサッカー場に野球場、さらに弓道場や馬場も含む、多彩なスポーツ施設を完備。楠元キャンパスにも、グラウンドやテニスコート、ゴルフ場を備えている。こうした恵まれた環境が、クラブ・サークルの充実した活動を支えている。
広大なキャンパスには充実した施設が整い、学生のキャンパスライフを豊かなものとしてくれる。

PROFILE

愛知学院大学

1876年に曹洞宗専門学支校として開学。建学の精神「行学一体・報恩感謝」を基盤に、近年は、多様な人・学び・社会と複合的につながる教育を推進する。4つのキャンパスに、9学部16学科と短期大学部、大学院9研究科が置かれ、学生数は約1万2000人。自然豊かで施設も充実する日進キャンパス、医療人材を養成する楠元・末盛キャンパスに加え、2014年に誕生した名城公園キャンパスでは敷地を拡張し、新しい環境を整備中だ。
http://www.agu.ac.jp/

掲載大学一覧[東 海]

OPEN