名古屋工業大学

深い専門知識と多角的視野を
兼ね備える
「価値創造型人材」
の育成で産業発展に貢献

時代が求める
「実践的工学人材」を育成

「技術革新により新たな社会価値を創出する人材の育成が、我々に課せられた使命」と鵜飼裕之学長。

 1905年の創設以来、時代に即した教育・研究改革を行ってきた名古屋工業大学。技術進化により産業構造が変化するなか、2016年に改編した教育体系のもとで、次世代を担う実践的工学系人材の育成に取り組んでいる。
 新たなカリキュラムの育成人材像は、高度な専門性を備える「技術深化型人材」と、技術進化を社会の変化に結びつける「価値創造型人材」の2タイプ。ともに多様化・細分化が進む産業界のニーズと重なり、前者は専門を深掘りする「高度工学教育課程」で、後者は分野の壁を越え工学全体を俯瞰する「創造工学教育課程」で育成を目指す。
 産学官連携と国際共同研究を両輪とする「フロンティア研究院」を中心に、国内外の大学・研究機関との連携を活性化する研究環境の整備も進んでいる。グループ単位で外国人教員・研究員を招致する「教育研究ユニット招致」や、ウーロンゴン大学との共同大学院設置など取り組みは多岐にわたり、「NITech AI研究センター」など、時代のニーズに対応する研究組織も続々と立ち上がっている。今年4月には「先端医用物理・情報工学研究センター」が始動し、専門分野を横断して研究者が連携することで、実問題を解決する〝出口を見据えた研究〟を推進。また、「ダイバーシティ・インクルージョン」というビジョンのもと、国際化や女性活躍、リカレント教育などの環境整備も加速させ、研究成果を地域に還元するというミッションの実現に取り組む。
 今後も、あらゆる工学分野をカバーする独自性を生かし、各分野の基盤的研究を軸に分野横断的な教育・研究を実践し、産業界とともに地域の活性化の一翼を担っていく。

大学院博士前期課程を1専攻に改編

大学院改組構想を牽引する内匠逸理事(右)と犬塚信博副学長(左)。

 2020年度に予定される大学院博士前期課程の改革構想も、産業界の要請に対応した人材育成の取り組みの一環だ。
 新しい博士前期課程の特徴は、既存の5専攻を工学専攻1つに集約して学部の5学科・1課程に対応する6つのプログラムを置き、学生が分野を横断して自由に学びの内容を設計すること。プログラムはいわば〝モデルコース〟で、大学が定めるディプロマ・ポリシーに基づいた条件を満たすことで修了となる「学位プログラム制」を導入し、より柔軟に個々の目標を追求できる自由度の高いカリキュラムとなる。
 すべての教員・学生が工学専攻に所属し、教育コンテンツを共有することでプログラム横断型の共通科目が増加。情報系科目の強化や、倫理の必修化も特徴だ。また、課題解決の方法論を学ぶ工学デザイン科目やディスカッションを中心としたPBL演習など、2016年に設置された創造工学教育課程のメソッドも積極的に導入。専門の異なる教員や学生との接点が増えることで、価値創造に必要な知識や技術を磨いていく。また、実務家教員の増員や社会人のコースとの相乗り授業の増加など、産業界との連携教育も強化される。企業技術者から現場のトレンドや課題を学ぶことで、産学一体となって実践的工学人材の育成を目指す。
 学外の研究機関で3カ月の〝武者修行〟を体験する、必修科目「研究インターンシップ」は約半数を海外で実施。現在、国内は20社から34のプログラム提供があり、海外は欧米を中心に35を超える大学とのネットワーク構築が進められている。改組と同時に学生定員も100名増加(計画中)。分野横断型の研究活動を活性化させ、新たな価値創造を探究し、自律的にプロジェクトを推進できる人材を地域に輩出する。

※設置計画は現在構想中であり、内容について変更することがあります。

融合研究により新分野を確立
先端医用物理・情報工学研究センター

「人体複合物理と生理応答の統合計算法と応用に関する研究」で日本学士院学術奨励賞を受賞した平田晃正センター長。

 国立の工科系単科大学として、あらゆる工学分野を網羅する名古屋工業大学。なかでも生体関連分野には、高度な基礎技術開発に取り組む研究者が多数在籍している。その強みを生かし、新たな学術分野を確立するために設置されたのが、「先端医用物理・情報工学研究センター」だ。
 生体情報センシング、計算科学、データ科学の3部門で構成されるセンターが目指すのは、各部門を有機的に結ぶことで新規応用分野を開拓すること。大学や医療機関など国内外の先端研究拠点と連携し、実社会の課題を解決する新たな医用応用技術やヘルスケアシステムの開発につなげる。
 「基礎技術を組み合わせることで、他の追随を許さない高度な独自研究が可能になる。連携強化により予測技術を洗練させて、医療診断、医療機器設計、公衆衛生、ヘルスケアなど医用分野の諸問題を解決したい」とセンター長の平田晃正教授。設置理念を象徴する研究事例の一つが、ミリ単位で再現した人体モデルを用いた熱中症リスク診断だ。平田教授の専門は計算科学。実測データの機械学習に、独自のシミュレーション手法を組み合わせることで予測精度を高め、2018年度の日本学士院学術奨励賞を受賞した。
 医療機関や世界保健機関(WHO)など、技術の応用先は幅広い。医療機器メーカーをはじめ企業との共同研究も予定され、自動化の流れを背景に電気・輸送機器メーカーとの連携にも期待が高まる。「さまざまな〝出口〟が考えられるからこそ、基礎技術に磨きをかけることが重要」と平田教授。各分野の第一人者が一体となり、独自技術を社会に発信する。

HOT NEWS

ソーラーカーレース鈴鹿
(オリンピアクラス)で初優勝!
 ソーラーカー部「NITech Solar Racing」が、昨年8月に開催された「FIA Electric & New Energy Championship ソーラーカーレース鈴鹿2018」に出場。5時間耐久レースのオリンピアクラスで64周を走行し初優勝を果たし、太陽電池面積やバッテリー容量の異なるクラスを含めた総合部門でも3位入賞と歴代最高の結果を残した。
 自主設計・製作した「Horizon Z」は、2015年にオーストラリアで行われた世界最高峰のソーラーカーレース「BWSC2015」で16位完走を果たしたマシン。初日に行われたタイムトライアルではオリンピアクラスのコースレコードを更新してポールポジションを獲得し、決勝レースでも終盤まで続いた熱戦を制し、1995年の創部当初から目標に掲げていた〝鈴鹿優勝〟を実現した。
 「最高の結果を残すことができ、共に活動してきた仲間、さまざまな形で支援いただいたOB、アドバイザー、スポンサーなどすべての人に深く感謝したい」と喜びを語った部長の藤井元太さん。学内で得た知識や技術をモノづくりに応用する、という部の活動方針を受け継いだ後輩たちの次なるターゲットは、「BWSC2019」での上位入賞を目指すことだ。
「Horizon Z」を囲んで笑顔を見せる「NITech Solar Racing」のメンバー。

PROFILE

名古屋工業大学

官立の名古屋高等工業学校として創設。基盤的・先進的工学分野をほぼ網羅する教育体制は、国立の工科系単科大学として屈指の規模を誇る。産業界の発展に貢献する教育・研究を使命とし、114年の歴史を通じて時代に即した不断の改革を重ねてきた。2016年の学科再編により、「高度工学教育課程」では専門を究め産業の中核となる技術者、「創造工学教育課程」では工学全体を俯瞰して新たな価値を創造できる人材の育成を目指す。
https://www.nitech.ac.jp/

掲載大学一覧[東 海]

OPEN