名古屋市立大学

名古屋市内に4つのキャンパスを構える。写真は滝子(山の畑)キャンパス。

市民に愛される「知の拠点」
として
地域社会の
明るい未来を育む

実践的な分野横断型教育

東海地区で76年ぶりの理学部として2018年に設置された総合生命理学部の実験風景。

 7学部・7研究科を擁する総合大学として、社会ニーズに対応する教育・研究に取り組む名古屋市立大学。2018年に誕生した総合生命理学部では、医学部・薬学部・看護学部と連携したカリキュラムを展開している。少人数制による分野横断型教育を実践し、高度な専門性からイノベーションを創出。持続可能な社会の構築に貢献できる人材の育成を目指す。
 さまざまな教育機関と連携して社会課題と向きあっていることも特徴だ。2019年には人文社会学部現代社会学科に「スクール(学校)ソーシャルワーク教育課程」を設置。教育現場で多職種連携により、児童・生徒が直面する生活上の問題の解決にあたるスクールソーシャルワーカーを養成する。
 高大接続の推進にも注力。「名古屋市立大学高大連携授業」では教養教育科目の一部で高校生を科目等履修生として受け入れ、単位認定する取り組みをしている。また、理学研究科(旧名称:システム自然科学研究科)と連携を続けてきた名古屋市立高校を対象に、総合生命理学部の指定校推薦枠を設置。2021年には医学部でも「名古屋市高大接続推薦入試」が導入される。
 優秀な留学生獲得を目的とする「ASEANを中心とする環境健康安全学リーダー人材養成と国際ネットワーク形成プログラム」が文部科学省の「国費外国人留学生の優先配置を行う特別プログラム」に採択されるなど教育の国際化にも力を入れており、今後も7学部・7研究科の有機的な連携により、多角的に社会に貢献できる人材を育成する。

地域で輝く
未来の医療人の育成

2018年に最新機種「Xi」に更新された手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」。

 名古屋市立大学では、医学部・薬学部・看護学部を持つ強みを生かし、活発な多職種連携教育を実践している。その一例が、医療系3学部の初年次教育として実施される「医療系学部連携チームによる地域参加型学習」だ。基礎学習を終えた3学部の1年生が混成グループを作り、地域医療の現場でチーム医療を実体験。課題解決型の学習に取り組み、多様な人との関わりを通して連帯感や責任感を養い、医療人としてのプロフェッショナリズムの基盤を形成する。
 医学部では医学部附属病院や関連施設と協力して、学生のうちに医師として必要な手技やスキルを実践レベルで修得する「BRJ活動」を展開。未来の医療を担う人材を育成している。脳の機能解明や脳神経疾患の克服を目指し、2019年に「脳神経科学研究所」を設置するなど、研究施設の整備にも力を注いでいる。
 医学部附属病院では、手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」など充実した施設・設備のもと、大学病院の使命である最先端かつ高度な医療を提供。また、南海トラフ地震発生時には津波の被害を受けない最前線の災害拠点病院として、救急災害医療の機能強化を進めると同時に、名古屋市病院局の東部・西部医療センターとの連携をより強化。優れた医師の確保と育成を推進している。今後も地域の中核医療機関として、高度かつ安全で開かれた医療を提供するとともに、優れた医療人材の育成拠点としての役割を果たしていく。

※Beyond the Resident Project

東海地域No.1の地域貢献力


上/感謝状贈呈式での記念撮影。下/名古屋とシドニーを橋でつないだレターヘッドデザイン。

 「大学の地域貢献度に関する全国調査2019」で、東海地域第1位・全国第5位の評価を受けた名古屋市立大学では、学生が多彩な地域連携活動に参加している。
 2019年には名古屋市との連携活動の一環として、シドニー名古屋姉妹都市委員会が使用するレターヘッドデザインを芸術工学研究科の学生が制作。両市の交流促進の架け橋となった。
 人文社会学部では2016年以降、2019年の愛知県知事選挙に至るまで、滝子キャンパスに学生が運営をする期日前投票所を設置している。その他にも区民講座を開催するなど、地域社会との架け橋としての活動が評価され、2017年度に「明るい選挙推進優良活動賞」を受賞した。
 薬学部では瑞穂区役所との連携事業の一環として「薬学教室」を開催。2018年には総合生命理学部も「おもしろ科学実験」を実施するなど、学部・研究科を問わず地域貢献活動の幅が広がっている。
 また、2018年に連携協力協定を結んだ名古屋観光コンベンションビューローとの連携が進められており、名古屋観光コンベンションビューローから「NCU 名古屋国際PR特派員」の認定を受けた学生が、海外留学先で観光情報など名古屋の魅力を発信する取り組みがスタートした。
 名古屋市立大学では、地域への貢献を教育・研究と並ぶ大学の重要な役割と位置付け、今後も幅広い連携活動を展開していく。

TOPICS[注目のトピック]

「進化型実務家教員養成プログラム」
がスタート
 文部科学省が2019年度に開始した「持続的な産学共同人材育成システム構築事業」に、PBL(課題解決型学習)と多職種連携を重視した「進化型実務家教員養成プログラム」が採択された。同プログラムの目的は、高度化する企業実務に呼応した学びを、教育現場で実践する実務家教員の養成。岐阜薬科大学、高知県立大学、中京大学、連携企業と協力関係を築き、学生に企業実務等の最先端を教えられる人材、経営実務、減災・医療などの分野での実務の最新動向、技術などを職種・組織横断的に指導できる高度専門人材の養成を目指す。
 経営実務、減災・医療、心理カウンセリング、 スポーツ実務など、各大学の特徴を生かした専門コースが開講され、地域のステークホルダーとの連携強化による「共育」環境の整備にも取り組む。大学には教育・研究力の向上と産学連携の推進による魅力度アップ、企業には即戦力人材の確保や社員の能力とモチベーション向上など、双方向でのさまざまな波及効果が期待される。
進化型実務家教員養成プログラム(詳細についてはHP参照)。https:// teep-consortium.jp

KEY NUMBER

開学から ▶70年
医学部と薬学部からなる公立大学として1950年に開学。地域社会の要請に応えながら学術的貢献領域を広げ、現在は7学部・7研究科を有する総合大学に成長。2020年に開学70周年を迎えた。

地域貢献度 ▶東海地域第1位・全国第5位
地域貢献は教育・研究と並ぶ大学の重要な使命。地域社会における諸課題の解決に力を注いでいる。「大学の地域貢献度に関する全国調査2019」では東海地域No.1を獲得、全国的にも高い評価を得た。

THE大学インパクトランキング健康福祉部門 ▶国内第1位・世界第16位
国連が掲げる「SDGs(持続可能な開発目標)」から大学の社会貢献度を可視化した「THE大学インパクトランキング2020」。健康福祉部門(SDG3)で世界第16位、 国内では2年連続1位となった。

PROFILE

名古屋市立大学

1884年設立の名古屋薬学校と、1943年設立の名古屋市立女子高等医学専門学校が統合され1950年に開学。東海地区では医・薬・看護の医療系3学部を持つ唯一の公立大学で、2018年には総合生命理学部を新設した。2020年に開学70周年を迎え、「明るい未来へ、七色の架け橋~名市大の果てしなき挑戦~」をテーマに、学生会館の施設整備などさまざまな事業が計画されている。
https://www.nagoya-cu.ac.jp/

掲載大学一覧[東 海]

OPEN