朝日新聞デジタル
 広告特集 企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局

現役学生が話す理工学の魅力と大学生活

パネリスト/理工系で学ぶ現役学部生・大学院生
コーディネーター/東京大学国際高等研究所 カブリ数物連携宇宙研究機構 教授 横山 広美さん

理工系への進学を目指したきっかけ

理工系の大学・大学院へ進学した先輩たちは、どのような理由で進路を選択したのでしょうか。苦手科目の克服法やキャンパスライフなどについて、理工系女子のリアルな今を横山広美先生に聞き出していただきました。

横山 今日は理工系大学および大学院で学ぶ先輩方にお越しいただきました。理工系を目指したきっかけや大学選択の基準について、まずは伺っていきましょう。

柳澤 中学生のころから数学が得意で好きでした。また、高校の理系の先生が好きでその授業が面白かったことが、理工系進学の決め手になりました。得意で好きだったのが物理。なぜこんな現象が起こるのか、原理を突き詰めて学ぶところが楽しかったです。また、地理の授業で学んだ環境問題、特に水分野に興味を持つようになり、その専門家である教授の下で学びたいと考え、現在の大学の環境エネルギー化学科を選択しました。

安波 理工系への興味は、小学生のときの自由研究がきっかけ。その後、5・6年生の担任の先生から、理科の面白さを教えてもらったことが大きな要因です。両親がメーカーで製造設計に携わっていて、自分も電子回路や基盤になじみがあったことから、最終的にはプログラミングやアプリの開発などの情報系と、電気・電子工学の両方を学べる大学を絞り込みました。

雨倉 現実的に進路を考え始め、いろいろ悩んでいたのが高校2年生のとき。ちょうどそのころ脳科学や遺伝子を題材にしたドラマ、映画を観て、生命科学分野に魅力を感じ、その道を目指すことにしました。現在通う大学を選んだのは、民間企業でなければそろわないような研究施設・機材を所有していること。学生のうちにそれを使って専門的な知識とスキルを獲得できれば、就職活動のときに胸を張ってアピールできると思いました。

長妻 私は父の影響が大きいですね。父の実家は布団工場。祖父と父が布団を作る現場を子どものころから見ていて、自分も将来何か「ものづくり」に関わりたい、工学部に行けばそれがかなうと思っていました。というのも、父は私が通う大学の工学部で電気について学んでいたからです。工学部にはいくつかの専門分野がありますが、私は機械分野を学ぼうと思い進路を決定しました。

金子 ドラマの中で活躍するパイロットや女性航空整備士に憧れたことがきっかけです。航空工学へ進もうかと思いましたが、もう少し幅を広げて工学部の機械工学科で基礎を固めようと考えました。大学院への進学は、学部3年のときの自動車メーカーでのインターンシップで、自分が望む世界で活躍するには圧倒的に知識と語学力が不足していると痛感したからです。4年生のときには1年間休学し、タイで仕事をしました。そのとき、専門性をさらに極めてから社会人になるべきだと悟ったことも大きく影響しています。

蓼沼 高校3年でバスケットボール部を引退するまで、進学先について何も考えていませんでした。進学も周りの友だちが行くから、「じゃあ自分も」という感じです。自動車や洗濯機など機械が動いているのを見るのが好きなので、それを学べる機械工学科に行くことに。具体的な大学選びは、電車に乗っているときに偶然、現在の大学のオープンキャンパスの広告を見たことです。実際に行ってみて、初めて大学生が車を作って競う学生フォーミュラという活動があることを知り、自分もこの大学に入って挑戦したいと思いました。

充実の学生生活と苦手科目の克服法

横山 いろんな進路選択の理由がありますね。ここからは大学生活について聞いていきましょう。普段はどんな毎日を過ごしていらっしゃいますか。

柳澤 4年生になって研究室に配属されてから、平日は毎日、朝10時から夕方5時まで研究活動をしています。

安波 私は基本的に卒業研究を9時45分から午後1時過ぎくらいまで行い、その後2時から4時くらいまでロボットサークルで活動。夕方6時から7時くらいに帰宅するという生活です。

長妻 学部1~3年は9時から夕方4時半までが授業。週2回、放課後にアルバイトをして、それ以外の日は部活をしていました。4年生から修士2年生までは朝10時半から夕方5時までが研究室の定時活動時間ですが、私は自宅が近いので朝9時から夜10時半まで研究をしています。

蓼沼 平日5日間は9時10分から18時30分が研究活動で、その後は学生フォーミュラ活動です。土曜日は朝10時からまた学生フォーミュラ。毎日、何時に帰っているかはちょっと……(笑)。

横山 皆さん、授業や研究、部活など充実した時間を過ごしているようですね。ところで、先輩方は受験の際、苦手科目をどうやって克服しましたか。

柳澤 英語が苦手でした。ライティング、リーディングがとくにできなくて、とにかく授業を真面目に聞いて、問題集を数多く解いていました。

安波 私は英単語や熟語を覚えるのが苦手で、1週間で覚える数を決め、発音しながら書いて、1週間後に自分でテストを行うということを繰り返していました。

雨倉 物理が好きなんですが、テストで結果が出ない。学校と塾と予備校の先生に質問し続け、本屋で買った問題集を解き続け、さらに壁に向かって解説して、自分に染み込ませる勉強をひたすらやっていました。

金子 数学と物理が苦手で、解答に至るまでの長い過程に飽きてしまいがちでした。そのため、問題1問を解く過程を分割して、いくつもの段階をクリアしていく工夫をし、克服しました。

「好き」を見つけて可能性に挑戦しよう

横山 皆さん、自分自身で物事を好転させようとする行動を取っていて素晴らしいですね。そんな先輩方から、最後に中高生の皆さんに向けたメッセージをいただきましょう。

柳澤 高校・大学の受験は大変ですが、その先にある新しい環境への希望を糧に勉強を頑張ってほしいです。自分でまったく後悔がないと思えるくらい真剣に勉強に取り組めれば、結果がどうであれ、今考えているよりも素敵な高校・大学生活が送れると思います。

安波 受験はとにかくいっぱい勉強しなければなりませんが、そればかりで自分を追い込んでいると、自分を見失ってしまいます。自分の好きなことや趣味を勉強の合間に少しずつ楽しんで、ストレスやプレッシャーを跳ね返していってください。

雨倉 学校の試験や模試などで、自分がした努力よりも悪い結果が返ってきて凹むことが多いと思います。そんなときは「ダメな教科が克服できたら、私、優秀じゃない!?」とテンションをあげたり、周りにいる大人に行き詰った状況を打破できるよう協力してもらったりするといいと思います。

長妻 今日は、理工系の楽しいところばかりをお伝えしてしまったかもしれませんが、大学生活では実験で徹夜をしたり、つらいこともたくさんあります。でも、好きで楽しいから続けることができるんですね。皆さんも好きなことや興味のあることを見つけて大学や学部を選択するようにしてください。

金子 絶対これがやりたいから、この大学のこの学部に行くと早々に決めない方がよいと思います。広い視野で周囲を見渡すと、本当にたくさんの可能性があるので、多角的に物事を見て、進路を選択すると良いと思います。

蓼沼 あまり焦らずに、自分が将来何をしたいのかということを一番に考えてほしいです。いろんなオープンキャンパスに参加して、自分の目でキャンパスや施設、大学の雰囲気を見て、先輩や教授陣と直接話をして決めるとよいと思います。

横山 具体的なアドバイスをありがとうございます。好きなことを見つけるのは大切ですね。私のお勧めは書店に行くことです。書架の間を歩いて足が止まるところが、もしかしたら皆さんの好きなことかもしれません。もう一つ、女子生徒の皆さん、自分に自信を持ってください。女の子は優秀であっても、男の子よりも能力を低めに見積もる傾向があるという調査結果があります。自分はきっとできるという意気込みを持って、物事に取り組んでください。皆さんが生涯にわたって自分に適した仕事に出会い、幸せな人生を送れるよう、まずは大学で活躍されることを期待いたしまして、パネルディスカッションを終了させていただきます。ありがとうございました。

横山 広美(よこやま・ひろみ)
専門は現代科学論・科学コミュニケーション分野。東京理科大学大学院で物理学の素粒子実験を専攻した。大学院修了後、科学を伝える実践を行いながら、専門を現代科学論にする(理系から文系へ)。東京工業大学、総合研究大学院大学、東京大学大学院理学系研究科を経て現職。2007年科学ジャーナリスト賞、15年科学技術社会論学会研究奨励賞受賞。博士(理学)。

柳澤 茉穂(やなぎさわ・まほ)
工学院大学 工学部 環境エネルギー化学科(現・先進工学部 環境化学科)4年。研究テーマは新電池の開発研究。

長妻 明美(ながつま・あけみ)
東京電機大学大学院 工学研究科 機械工学専攻 先端機械コース2年。医用精密工学研究室に所属し、医療・福祉・介護等の現場での応用を考えた機械の設計開発を行っている。

金子 なつき(かねこ・なつき)
東京都市大学 工学研究科 修士課程 機械工学専攻1年。国の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)において、自動車用エンジンの燃費の向上について研究中。

安波 舞(やすなみ・まい)
帝京大学 理工学部 ヒューマン情報システム学科(現・情報電子工学科)4年。研究テーマはハウス用農薬散布ロボットの設計開発。World Robot Olympiad 2015日本大会優勝・同カタール世界大会10位。

雨倉 咲希子(あめくら・さきこ)
東京工科大学 応用生物学部 応用生物学科 バイオテクノロジーコース4年。研究テーマは抗酸化物質の代謝物を用いた新規酸化ストレス・マーカーの開発。

蓼沼 美波(たでぬま・みなみ)
日本工業大学 工学部 機械工学科4年。学生フォーミュラ(学生チームが設計・製作した小型レーシングカーの総合力を競う大会)のチームリーダーを務めるとともに、燃料成分の研究を行う。

トップへ戻る