メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

  • トップぺージ
  • オピニオン
  • われら専修人
  • 特徴ある教育・就職特集
  • ニュースアーカイブ

われら専修人日本文学や日本文化の魅力、それは「ことば」にあると思います 石倉美智子 著述業 文学博士

著述業の他に文章表現方法・小論文の指導、勉強会のコーディネイトなど多彩な分野で活躍されている石倉美智子さん。鹿児島県ご出身ということで、テレビドラマの方言指導も担当。これからも「ことば」に関わる活動をしたい、本も書きたいという石倉さんに、ハマっているという文楽の魅力などを、うかがった。

文楽の魅力は、関西弁特有の柔らかさ

お初クリアファイル
「お初クリアファイル」※ 撮影・渡邉肇

私が文楽を見るようになったのは、8年くらい前からです。異業種交流会のお手伝いをしていて、講師として来られた人形遣師の吉田勘彌さんと、たまたま知己を得たのが、きっかけでした。文楽は関西弁特有の柔らかさがあり、その魅力に惹かれ、大阪まで公演を見に行くようになりました。

東京弁だと決めつけるような「ことば」でも、文楽の関西弁って「まあ、ええやんか、そなん言わんでも」みたいな感じです。当時、人生で行き詰まりを感じていて、その「ことば」の柔らかさ、大らかさに癒やされ、ハマってしまいました。疲れた心に染み込むような感じが、いいんですよ。以来、ずっと劇場に通っていますが、歌舞伎の3分の1くらいの費用で見ることができるのもいいですね。

日本の伝統芸能といえば歌舞伎と文楽ですが、歌舞伎は「役者」を見るものだと思います。それに対し、文楽は「ことば」の芸術であり、物語を立体的に鑑賞するものだと思います。義太夫、三味線、人形遣が一体となって、舞台の上に物語をつくり上げます。当時、映画の3D上映に初めて出会ったような衝撃だったでしょうね。

文楽は主人への忠義、義理人情を語るものでもありますが、実は女の心の中にもよくスポットを当てています。嘆き、怨み、ヒステリーに至るまでをアートとして昇華するのです。

女性の存在をないがしろにしない文化は成熟した文化でしょう。作家の富岡多恵子氏は浄瑠璃について、女性の語り口そのもの、と言います。人に話を伝えるとき、話に登場する人の口調を取り込みつつ長々と語る、あれに似ていると。嫋々(じょうじょう)とした語りには、人間の存在を大らかに受けとめる度量があり、日本文化の厚みを感じます。

大学時代にも文楽は見ていますが、「まあまあ面白い」という程度でした。いま文楽に惹かれるのは、年齢と人生経験を重ねたから。私たちの日常生活で使われている「ことば」には、文楽からきているものが数多くあります。日本人的な感性のルーツなのですね。もっと早く文楽の魅力に気づければ、大学時代には近松門左衛門など浄瑠璃の研究をしていたかもしれません。

※「曽根崎心中」(近松門左衛門作)のヒロイン・お初のクリアファイル

「ことば」に関わる仕事が、さまざまに広がる

日本文学、日本文化の魅力は、やはり「ことば」にあると思います。だから私は「ことば」に関わるお仕事なら、何によらず承っています。たとえば、占いや恋愛相談の執筆から大学での文章表現方法の指導、高校での小論文の指導、NHK大河ドラマ「篤姫」(2008年)など方言指導のお仕事にも関わっています。京都弁や大阪弁の方言指導をされる方はいっぱいいますが、鹿児島弁は俳優の西田聖志郎さんお一人で、この方は高校の先輩でもあります。「方言指導の後継者がいないから、やってみるか?」と言われ、「篤姫」のお手伝いをしました。その後も、NHK「終戦特集ドラマ・気骨の判決」(2009年8月)の方言指導も担当しました。

「ことば」に関わる、さまざまな分野で仕事をしてきましたが、日本語はとてもこまやかに思考や感覚、気持ちを伝えられるものだと思います。その魅力を伝えられる一助となりたいです。今後の抱負としては、本を書きたいと思っており、アイデアをいろいろ考えているところです。

(談)

著書『村上春樹サーカス団の行方』

著書『村上春樹サーカス団の行方』
専修大学出版局 1,995円(税込)

いしくら みちこ●1965年生まれ。鹿児島県出身。1998(昭和63)年、専修大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士。現在、著述業をはじめ学習院高等科で小論文、東京理科大学で文章表現方法の指導、方言指導など、「ことば」の多様な分野で活躍。研究分野は現代日本文学。著書に『村上春樹サーカス団の行方』(専修大学出版局)。

われら専修人

Vol.16
一人ひとりが動き出せば 介護業界はもっとおもしろくなる
秋本 可愛
株式会社Join for Kaigo 代表取締役
Vol.15
個のやり方を重視して 自分なりの “いけ花”を目指す
粕谷 尚弘
一葉式いけ花 次期家元
Vol.14
より良い渋谷を目指して汗をかく 人とのつながりに感謝しながら
長谷部 健
渋谷区長
Vol.13
お客さまに声をかけ、寄り添い、ご要望をうかがう。その積み重ねが信頼を育む
桑野 光正 株式会社ヤマダ電機
代表取締役社長 兼 代表執行役員COO
Vol.12
11歳で初舞台を踏んだ女性浪曲師
「浪曲で心を響かせていきたい」
木村 勝千代 木村派 浪曲師
Vol.11
日本の卓球台製造・販売を
リードしてきた校友たち
松田 英男
マツダ工業株式会社 代表取締役
三浦 慎
株式会社三英 代表取締役社長
Vol.10
デビュー作「負け逃げ」という
タイトルには実はポジティブな
意味が込められています
こざわ たまこ 小説家
Vol.9
心を決めた瞬間に
なにかがふってくる
それは私にとって「花」でした
櫻井 はる枝 株式会社HARUE FLOWER
代表取締役
Vol.8
経営者として方向性を指し示し
実行できる環境をつくる。
それが周囲に安心感を与える
小橋 三男 水戸証券株式会社
代表取締役社長
Vol.7
専大のマルクス経済学出身。
会社人としての思考、決断力は
母校での学びによって培われた。
中川 晋 日清食品ホールディングス株式会社
代表取締役副社長 COO(最高執行責任者)
Vol.6
モノを売る楽しさ、お客さまに感謝される喜び、誇りをもって働く充実感─。
そのすべてを大学時代のバイトで教わりました
中俣善也 株式会社八海山
執行役員 商品開発・営業企画室 室長
Vol.5
語学が堪能というだけでは
国際人とはいえない
中島和佳奈 フリーランスの通訳(休業中)
Vol.4
仕事は大変だが、飲食業界は
「夢」と「可能性」がある
滝口誠 グローバルキッチン株式会社
代表取締役、シェフ
Vol.3
日本文学や日本文化の魅力、それは「ことば」にあると思います
石倉美智子 著述業 文学博士
Vol.2
仕事を通じて、世界が広がる
田中紀子 月刊誌『東京人』副編集長
Vol.1
目標は、オリンピックの金メダル
願いは、ハーフパイプ(HP)の普及
夢は、子どもたちの育成・支援
小野塚彩那 プロスキーヤー
  • ゼミナーEΕ廛糎ェクト紹E/></a></li>
    <li><a href=Eぢ膤悗らの「知の発信」
  • E腑好檗璽
黒田E蠅吠垢い討澆茲!!
Eぢ膤