メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ


養老 そう言えば私は子供の頃、国語の感想文が大嫌いでした。
上橋 単純に「面白かった」ということにも意味があるはずなのに、大人が求めている何かを察して書かねばならないのが苦痛だったのかもしれませんね。
養老 私は幼稚園の頃、大きくなったら何になりたいか聞かれると、いつも「兵隊は嫌」と答えていました。大人がそれを期待しているのが分かったからです。当時からへそ曲がりだったんですね。
上橋 子供心に相手の気持ちを想像していたんですね。
養老 チンパンジーと人間の子供を比較すると、3歳まではチンパンジーのほうが優れているのに4歳から逆転します。その時期から人間は、相手のことを想像できるようになるからです。チンパンジーは何歳になっても自分のほうから見た世界しかもっていません。
上橋 私は人が生きていくうえで一番大切なのが、他者のことを想像する力だと思います。でも、一方で、死を恐れる気持ちも、そこから生まれるのでしょうね。動物は他者の死を見ても、自分の死として想像しないから、人のようには、死に恐怖を感じないのかもしれませんね。私は子供の頃から死が怖いんです。生の果てに完全な無である死があるなら、生きている意味は何なのか。ずっと問い続けていて、それが無意識に物語のなかに現れている気もします。
養老 それは作品を読んでも感じます。