朝日新聞
 広告特集 企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局

東京工業大学 日本の東工大から、世界のTokyo Techへ学生の「のびしろ」をできるだけ大きくすることが東京工業大学の役目だと語る三島良直学長東京工業大学 日本の東工大から、世界のTokyo Techへ

東京工業大学 日本の東工大から、世界のTokyo Techへ

学生の「のびしろ」をできるだけ大きくすることが東京工業大学の役目だと語る三島良直学長

Your Dream × Tokyo Tech

学部と大学院を統一した「学院」を創設

創立から135年の歴史を誇る東京工業大学の大きな改革が、今年度スタートした。日本の大学としては初めて学部と大学院を統一。両者が一体となった教育を行う「学院」を創設した。このシステムは、学士課程(学部相当)と修士課程、修士課程と博士後期課程の教育カリキュラムがシームレスに学修できるよう設計されている。この改革によって何が変わり、学生にどのようなメリットがあるのか。三島良直学長に聞いた。

「現在の大学は、卒論を提出して学部を卒業してから大学院に入るので、そこでいったん仕切り直しになっていました。しかし、本来、学部と大学院は学問体系としてはつながっているので、この学院のシステムでより自然な形になるわけです。昨年までは、3学部に23の学科があり、大学院には6研究科に45の専攻があり、あまりに細分化されすぎていた傾向がありました。本学の学生の九割が大学院に進むことを踏まえても、学生が最終的に何を専門にするかを決めるまでの時間を長くして、もっと自らの興味・関心の赴くままに、広い視野で学ぶことができるようなシステムに変えたわけです」

理工系の大学ながら教養教育に注力する

リベラルアーツ研究教育院の池上彰特命教授

今回の教育改革のもう一つ大きな目玉に「リベラルアーツ研究教育院」の創設がある。

「本学は、理工系の大学でありながら、人文社会系の教養教育に力を入れてきた歴史があります。もちろん学生が高い専門性を身につけることは大事ですが、それだけでは人としての幅が広がりません。大学を卒業後、自分の知識や技術で社会に貢献しようと思ったときに、幅広い教養がないと、せっかく身につけた知識や技術も生かせません。そうした意味で、リベラルアーツは非常に重要で、この考え方を具体化し、博士後期課程まで教養分野を履修できるようにしました。学院が提供する『理工系専門知識』という縦糸と、リベラルアーツ研究教育院が提供する『教養』という横糸を組み合わせる事で、学生の潜在能力を今まで以上に引き出せます」

リベラルアーツ研究教育院の科目の一つに、学士課程への入学直後に全学生が履修する「東工大立志プロジェクト」というものがある。

「このプロジェクトは、有識者による大人数講義と、少人数でのグループワークを交互に繰り返しながら、自分で考える力と大きな志を育てる意図があります。教員陣には、ジャーナリストの池上彰特命教授をはじめ、社会の第一線で活躍されているさまざまな分野のエキスパートを多数招いています」

この4月、入学式で英語で式辞を述べた三島学長。そこには当然、東工大のさらなるグローバル化という展望がある。

「国際社会に対応すべく、大学院の専門科目では2019年度までに、ほぼすべての講義を英語化する予定です。『学院』では英語を母語とする外国人教員による講義を増やしたので、学生は英語での講義に慣れてほしいと考えています」

東工大では、教育改革とともに研究改革も始まっている。

国際面で研究を強化 海外の研究者も招く

東工大立志プロジェクトでの少人数グループワーク

「学士課程の後半から大学院にかけては、学生自身が研究に携わる比重が高まります。彼らをスキルアップさせるためにも、国際共同研究を推進し、教員自身の国際面での研究力を強化することが重要だと考えています。研究所や研究センター、最先端研究を小規模なチームで能動的に推進する研究ユニットからなる科学技術創成研究院を創設し、研究体制を集約しました。本学で行われている研究には素晴らしいものが数多くあります。それらをもっと世の中にアピールし、同時に海外からの研究者もこれまで以上に招聘(しょうへい)できるような体制づくりも目指しています」

教育改革、研究改革、グローバル化への対応など、大きく変わろうとしている東工大。その目指すところはどこなのか。

「2030年までに、世界のトップ10に入る理工系総合大学になることが目標です。今回の改革によって、今まで以上に世界中から優秀な学生や研究者が本学に集まってくるようになれば、それも不可能ではありません」

大学発ベンチャー

社会に貢献できる研究とものつくり技術

原口社長(右)と只野准教授、内視鏡ホルダーロボット「EMARO」

東京工業大学と東京医科歯科大学発のベンチャー企業・リバーフィールド(社長・原口大輔)が開発した空気圧駆動型内視鏡ホルダーロボット「EMARO(エマロ)」。このロボットは、東京工業大学科学技術創成研究院・只野耕太郎准教授と、東京医科歯科大学生体材料工学研究所・川嶋健嗣教授の研究である空気圧を用いた超精密制御技術が結実したものだ。

近年の外科手術では、傷口が小さく済み、術後の回復が早い内視鏡外科手術がポピュラーになっている。この手術には、執刀医のほかにスコピストと呼ばれる内視鏡を操る助手が必要だが、このスコピストの代わりを務めるのがエマロである。

「頭部にジャイロセンサーを装着した執刀医が、頭を上下左右に傾けると、エマロがその動きに連動して空気圧で内視鏡を動かします。ロボットなので、人のような手振れもなくスムーズに動くので、より正確な手術が行えます。手術関連のロボットには、こうしたかなり難しい制御が要求されるのですが、私たちの研究成果を応用することで、今回エマロが実現したわけです」(只野准教授)

スコピストが必要ないため、医師不足に悩む中小規模の医療施設でも内視鏡手術が可能になるといったメリットもある。

同社はこの技術を応用し、2、3年後をめどに、空気圧駆動型の鉗子(かんし)を用いた手術支援ロボットも開発中だ。鉗子にかかる力を空気圧でフィードバックするため、遠隔操作でも医師が自分の手で直接手術しているような感覚を持て、精度の高い手術が行えるようになるという。東工大で長年培われてきたものつくりの技術が、医療現場で存分に生かされている。

Features of Tokyo Tech

1. 通称“チーズケーキ”斬新なフォルムの附属図書館

世界各国の理工系雑誌も多数所蔵する

大岡山キャンパスの正門を抜け、本館に向かうと右側に現れる東京工業大学附属図書館。国内理工系大学の図書館としては、トップクラスの蔵書量66万冊を誇る。地下が書庫と閲覧スペース、地上2、3階の通称「チーズケーキ」部分が学習スペースとなっている。リベラルアーツの重要性を唱える大学だけに、人文社会系の蔵書も多い。先鋭的なデザインは、東工大の教員による設計。他にも教員が設計した斬新な建物が、キャンパス内に多数ある。

2. 最新設備でライブ感のある講義を行うレクチャーシアター

座席は劇場仕様のシートで、快適な座り心地

今年度から始まった教育改革の一環として、大岡山キャンパスに整備された「東工大レクチャーシアター」。電子顕微鏡、元素分析装置、3Dプロジェクターなど、最新鋭の機器を完備した講義室となっている。国内外から、最先端科学の研究者やノーベル賞級の先導的研究者を講師として招き、新入生を中心に創造的討論や実験を通したライブ感たっぷりの講義を行う。入学直後に科学技術の最先端を体感することで、学ぶことの楽しさと到達目標への気づきを伝えるのが目的。

3. 自由なアイデアを形にするものつくりセンター

自作のヘビ型ロボットを操作する学生たち

手を動かすことでしか分からないことがある。実践の大切さを学生たちに伝えるのが、「ものつくり教育研究支援センター」の役割だ。センターには、旋盤やフライス盤などの工作機械から、大型レーザー加工機、走査型電子顕微鏡など、とても個人では買えないような設備がそろっており、これらを自由に使えるのが最大のメリット。「鳥人間コンテスト」人力プロペラ機ディスタンス部門で5回の優勝を誇るサークル「Meister」の人力飛行機も、ここでつくられた。

特集記事