朝日新聞
 広告特集 企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局
 

東北大学 女性が活躍できる 伝統、校風、そして環境東北大学サイエンス・エンジェルによる高校生への講演東北大学 女性が活躍できる 伝統、校風、そして環境

東北大学サイエンス・エンジェルによる高校生への講演

Your Dream × Tohoku University

受け継がれ進化する門戸開放の精神

「研究第一主義」「実学尊重」「門戸開放」。この三つは、東北大学が建学以来、掲げてきた理念だ。「研究第一主義」に基づき、研究中心の大学として人間・社会、自然など広範な分野の研究を行い、研究によって得られた新たな知識・技術・価値を「実学尊重」の考えのもと、広く社会に発信する。そのため「門戸開放」の理念で人種や国籍、性別を問わず、優れた能力や実績を持つ学生や教員を迎え入れるというものである。

なかでも「門戸開放」に関しては、1913年、日本の大学として初めて女子学生の入学を許可した歴史がある。その伝統は今にしっかり受け継がれており、東北大学では多くの女性が活躍している。大学院医工学研究科の田中真美教授もその一人だ。

田中教授は医療福祉工学の分野でモノに触ったときの感覚、つまり触感を計測するセンサーの研究をしている。

「触覚はヒトの五感のうちの一つで、日常生活のさまざまな場面で無意識のうちに利用されています。つるつる、しっとり、なめらかなど、モノに触ったときの手触り感のよさや風合いなどを測定できるセンサーをつくり出したいと考えています」

田中教授はもともと振動工学を研究していたこともあり、モノに触ったときに発生する振動とその周波数に着目した。そして、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)という機能性材料が感覚受容体の応答反応に似ていることから、この材料をセンサーに用いた研究が進んだ。

女性支援制度で内閣府から受賞

研究室で大学院生と話す田中真美教授

開発中の触感を計測するセンサー

田中教授が研究に集中できるのは、大学の大きな支えがあるからだ。東北大学には全学の職員が利用できる川内けやき保育園、星陵地区職員を対象にした星の子保育園があり、さらに病気の回復期で登園・登校できない子どもを預かる病後児保育室・星の子ルームまで備わっている。

「私も保育園を利用していましたが、預かってもらえてよかったというだけではなく、親同士、共通の話題もあるし、研究者が多いので仕事の面でもモチベーションが上がりました」

今後、青葉山キャンパスにも保育園ができる予定という。

女性への支援はほかにもある。工学系分野はまだまだ女性が少ないこともあり、工学を志す女子学生や女性研究者を支援する「東北大学工学系女性研究者育成支援推進室(ALicE)」を田中教授が中心となって立ち上げた。ALicEは女子学生・女性研究者の育成・支援、工学分野における男女共同参画意識の醸成、女子学生が将来継続的に働く意識を高めるためのグランドデザインづくりのために積極的な活動を行っており、それが評価され、平成28年度女性のチャレンジ支援賞(内閣府)を受賞した。

また、東北大学サイエンス・エンジェルなるユニットも存在する。小中高生に「女性研究者ってかっこいい」「理系進学って楽しい」という思いを伝えるために結集した東北大学の自然科学系女子大学院生たちで、次世代の女性研究者のロールモデルとしてセミナーやイベントに参加し、科学の魅力・研究のおもしろさを伝える活動をしている。

工業分野に生かしたい 女性ならではの視点

田中真美教授。大学院医工学研究科医工学専攻、および工学研究科ロボティクス専攻に所属。博士(工学)。生活のワンシーンを工学の側面から考える研究に多く取り組んでいる

「われらこそ 国のいしずえ」

学生歌のこのフレーズは、東北大学の学生を端的に表した言葉だと田中教授は言う。学生は積極的に、そして粘り強くコツコツ研究するタイプが多いとも。

「人々は日常生活において、無意識のうちに工業製品の恩恵を受けています。国の産業として工業は非常に大きい分野。そこに女性の視点が入ることで、もっと違ったものを生み出せるはず」と田中教授は力強く話す。しっとり、ふんわりなど、手触りのよさをキーワードに測定するセンサーの研究開発も、女性ならではの視点といえるだろう。

東北大学で工学系を目指す女性は少しずつではあるが増えているという。それは大学と研究者自身がともに環境を整えてきた結果ともいえる。

百年あまり前、最初に女性に門を開いた東北大学は、今も「門戸開放」を謳(うた)うトップランナーとして走り続けている。

総長の声 President's voice

地域と結びつき世界に羽ばたく三十傑大学へ

東北大学 里見 進総長

東北大学は建学の理念「研究第一主義」「実学尊重」「門戸開放」を今も継承しています。そして次なるビジョンとして「復興・新生の先導」「ワールドクラスへの飛躍」という二つの目標を掲げています。

「復興・新生の先導」については東日本大震災の被災地の中心にある総合大学として震災直後から災害復興新生研究機構を立ち上げ、災害科学国際研究推進プロジェクト、地域医療再構築プロジェクトをはじめとした八つのプロジェクトを実施してきました。一連の成果は2015年3月、仙台市で開催された第3回国連防災世界会議で世界へ向けて発信されました。これからも多様な「知」を結集して東北の復興に寄与し、さらには日本の新生も先導したいと考えています。

一方、「ワールドクラスへの飛躍」については、「東北大学グローバルイニシアティブ構想」のもと、国際社会で活躍できる人材を育成するために、学生には東北大学グローバル人材育成プログラムへの参加を呼び掛け、入学後早期の海外研修を行うスタディアブロードプログラム(SAP)を実施しています。外国人学生と一緒に生活するユニバーシティ・ハウスなど、環境整備も進んでいます。

ノーベル賞級の研究者を招聘(しょうへい)し長期間滞在してもらい、若手研究者との交流や共同研究、ワークショップを行う「知のフォーラム」はわが国最初の試みです。また、昨年4月から始まった「国際共同大学院」では、相互の教育カリキュラムを認め合うことで、世界有数の大学と共同で教育を行うことになりました。これらの試みが融合することで、世界から尊敬される「世界三十傑大学」の一員になることを目指します。

東北大学は仙台市民、東北の人々から「自分たちの大学」という愛着を持っていただいており、さらにキャンパスは緑豊かな杜(もり)の都という恵まれた環境にあります。地域と結びつき、そして世界へと羽ばたく大学でありたいと考えています。

Campus Topics

1. 世界の研究者が滞在して研究する知のフォーラム

議論後の黒板。新たな知の創出が期待される

知のフォーラムは、世界トップレベルの研究者が滞在し、さまざまな分野のテーマについて研究・議論する場として、日本の大学で初めて本格的に導入された訪問滞在型研究施設。中核となるのが知の館(TOKYO ELECTRON House of Creativity)で、1階には若い研究者や学生が滞在する著名な研究者と自由にディスカッションするオープンスペースもある。世界の研究者と触れ合うことで、国際的に活躍できる人材やグローバルリーダーの誕生が期待できる。

2. 膨大な蔵書と世界的コレクション 誇るべき附属図書館

開放的な空間で居心地もいいと評判

東北大学附属図書館は国宝2点のほか、江戸学の大コレクション狩野文庫、漱石文庫をはじめとした世界有数の蔵書を一括して保管する、特徴ある図書館だ。一部の貴重書を除いて古典籍の閲覧も可能で、「本物の資料に触れることで学術資料への感じ方も大きく変わってくるはず」と情報サービス課の村上康子課長。図書館機能も充実し、蔵書数は東北最大規模で、全館で約410万冊。また、いたる所に閲覧スペースがあり、じっくり読書や研究に取り組める。朝8時から夜10時まで開館しているのも魅力だ。

3. 5回の優勝を誇る人力飛行部は連覇がかかる

2011年、12年に連覇した機体(復元機)

1977年に琵琶湖で第1回大会が開催された鳥人間コンテスト。2015年の第38回大会において、人力飛行部「Windnauts」は06年の第30回大会での初優勝以来5回目となる優勝を飾った。08年の第32回大会では大会史上初めての往復飛行に成功し、飛行距離最高記録を残すなど輝かしい記録を打ち立てている。今年7月30、31日に行われる第39回大会では、往復飛行をして出発地点に戻ることが目標と意気込む。今大会に人力飛行部の連覇がかかる。

特集記事