朝日新聞
 広告特集 企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局

筑波大学 あらゆる壁を越えて 未来を構想し創りだす筑波キャンパスは日本有数の敷地面積を誇る筑波大学 あらゆる壁を越えて 未来を構想し創りだす

筑波キャンパスは日本有数の敷地面積を誇る

Your Dream × University of Tsukuba

開学の原点に回帰し学際性を極める

永田恭介学長は「常に先を見据えた先進的な取り組みを進めていきたい」と話す

筑波大学は1973年、「あらゆる面で開かれた大学」として開学した。前身の東京高等師範学校の校長であった嘉納治五郎は、日本の高等教育を国際的に開いた先駆者であり、同大学もその理念を受け継いでいる。つまり世界に開かれた大学であるということだ。また、「あらゆる面」でとは、国内外に、そして学問分野間の壁も開かれていることも意味している。

「学問は自然に、あるいは意図的に寄り添って新たな学問をつくってきました。その結果として新たな分野が生まれてきた。つまり、学問の原点は新しいものを見つけつくることなのです」と、永田恭介学長は話す。

今直面する問題をテーマにすることも大事だが、50年後の社会はどうなっているかを、今考え研究することはもっと重要だとも付け加え、そのために柔軟な教育研究システムが必要であるとも強調する。

そこで同大学では学問融合で横断的な教育システムとして研究者を「学部」ではなく「系」の所属とし、基盤となる研究は行いつつ、異なる分野への教育へも参画することを可能とした。どの教育組織にも結びつきがないので、柔軟な教育研究が行えるというわけだ。所属にとらわれない教育研究という意味では、企業や他大学、さらに海外からの研究者が教えに来たり、研究に参画したりすることもできる。

同大学は早い時期から産業界との連携を強めてきた。ただ、そのやり方も次のステージへ向かっている。産学連携の場合は、プロダクトという結果を求められ、時間も限られている場合が多い。

「それだけでなく大学と産業が一緒になって新たな分野を創生するような連携を行いたいと考えています」

産学連携でも新たな分野の創生を

晴れた日には芝生でランチの輪が広がる

その成功例の一つが山海嘉之教授を中心としたサイバニクス研究センターで開発した世界初のサイボーグ型のロボットだ。

「人間を外から支援するロボットスーツは情報科学を脳や神経科学などと融合させ開発したもので、まさに新たな分野です。これはポジティブなロールモデルですね」

さらに現在は大手自動車メーカーと「次世代社会システムとクルマの在り方」について研究しているという。人やモノを運ぶ手段が変わることで社会がどのように成熟していくかを共同研究するものである。そこには、表面的な対策ではなく、哲学に基づいたグランドデザインが必要になってくる。

「人間のものの考え方や感じ方まで研究しないと答えがでないでしょうね。こういうのがまさに大学らしい産学連携だと思います。大学の知という集合体総員で解決していきます。これも新たな学問分野の創生につながる産学連携です」

ボーダーフリーで国際性の日常化を

中央図書館は広く一般にも開放されている

「開かれた大学」を標榜する同大学は国際化も進んでいる。「大学のまわりにはたくさん壁がありますが、それを取り外していくトランスボーダー大学という考えでいます」

壁をなくす一つの例が「キャンパス・イン・キャンパス」である。これは世界のパートナー大学とキャンパス機能を共有し、学生や研究者が自由に教育研究できるシステムである。現在はボルドー大学と国立台湾大学と協定を締結している。学生にとっては他の大学の授業という感覚がないほどボーダーフリーを目指している。

「国際化を意識しなくてもいいようにしたいですし、そうなりつつあります。私たちが目指すのは国際性の日常化です」

開学当時から未来を見据えた大学として常にチャレンジを続けてきた筑波大学は、さらに進化し新たな未来をつくる。

世界が学びの場に

「国際性が日常化したキャンパス」への取り組み

スチューデント・コモンズの様子

社会のグローバル化が進むなか、グローバル・コモンズ機構は、筑波大学の各組織が提供している多様な国際交流スキームのためのワン・ストップ・サービスを学生のみならず、教職員に提供するために2013年4月に設立された。

開学以来国際交流を積極的に促進している同大学では、現在65カ国・地域の大学や教育研究機関と325協定を結んでおり、昨年度は3900人以上の留学生を受け入れ、1300人以上の学生の海外派遣を実現した。

グローバル・コモンズ機構では、さまざまな国の留学生、専門分野の異なる学生が日常的に接し協働する学修スペースとして「スチューデント・コモンズ」を設置し運営している。

このスチューデント・コモンズは、学生が気軽に留学等に係る必要な情報を得られるよう、常駐教職員や留学経験者による生活相談窓口、一般的な留学相談や手続支援に応じるヘルプデスク、提出する英文書類の作成等を指導するライティング・ヘルプデスクなどのコンサルティングを実施するとともに、海外留学フェアや、OB・OGによるセミナーなど、留学推進のための各種イベントを開催している。また、日本人学生と留学生の交流の場、各種イベントを行う場としても利用されており、日本人学生の語学力アップや国際交流を目的とする英語Chat、留学生の日本語能力向上を支援する日本語Chat、日本文化を通した交流イベントとして巻き寿司作りや茶道体験等を実施している。

同大学が目指すグローバル人材は、「確固たるアイデンティティーと十分な専門性を持ちながら多様性を活かす柔軟性を発揮し、あらゆる国、組織や分野の壁を越え、協力関係を構築し、グローバルな活動を牽引できる人材」。そのキャッチフレーズは、「キャンパスにおける国際性の日常化」と「世界が学びの場」である。

Student's voice

入学後に学びながら自分の専攻を決めることができます
社会・国際学群社会学類4年 森脇 慎さん

「他の学問と比較しながら専攻を決められることが魅力です」

社会学類の魅力は、社会学、法学、経済学、政治学の4つの社会科学を学べること、そして入学した後に専攻する学問を決められることです。私は入学する時はぼんやりと政治学を学ぼうと考えていました。ですが授業を受ける中で社会問題をさまざまな視点で分析できる社会学のおもしろさを知り、「この研究がしたい」と強い意志を持って社会学専攻に進むことができました。

きめ細かい指導で心置きなく研究に取り組めます
生命環境学群生物学類4年 添島香苗さん

「しっかり研究に取り組みたい人には最適の環境が整っています」

私が卒業研究をしている研究室は、日本に数台しかない機械があるなど設備がとても充実しています。また、学生一人に複数の教員による教育指導体制が整っていて、きめ細かな指導を受けられ、心置きなく研究に取り組めています。大学周辺に研究施設が多いのもメリットの一つです。私は授業の一環で筑波実験植物園や地質標本館を訪れ、科学の楽しさを肌で感じることができました。

特集記事