朝日新聞
 広告特集 企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局
 

横浜市立大学 「横浜から世界へ羽ばたく」人材育成を今年開設したYCUスクエア横浜市立大学 「横浜から世界へ羽ばたく」人材育成を

今年開設したYCUスクエア

Your Dream × Yokohama City University

全学生共通の英語教育プログラム

ポール・ネルス先生によるPE授業の様子。すべてのPE、APE授業では実践的なコミュニケーション能力の向上に主眼が置かれる

「横浜から世界を目指す」。これは横浜市立大学が掲げるテーマだ。同大学は、国際総合科学部の文系、理系の各コースに加え、医学部も擁する総合大学だが、このテーマは全学で貫かれており、「TOEFL‐ITP」で500点を最低到達水準としてクリアすることが、進級要件になっている。その水準クリアのために全学生共通で設けられた授業が「プラクティカル・イングリッシュ(PE)」プログラムだ。

「進級要件なので学生たちには試験をクリアしてもらう必要があります。ですが、点数を取ることが本当の目的ではありません」

PEセンターのディレクターであるマクガリー・カール教授はそう話す。

「私は学生たちに『健康を維持するために体重をチェックするように、試験はあくまでも基準の一つ』だと説明しています。真の目的は、実用的な英語を身につけること。そうでなければ学生のモチベーションも上がりませんから」

実用的な内容を授業に落とし込む

PEセンターでは、学生のレベルに応じた多読用教材を用意

PE授業は週に3コマ。リスニング、グラマー、リーディングとカテゴリー分けされてはいるが、どの授業でも英語によるコミュニケーションが重視されている。今年7月上旬に行われたポール・ネルス先生のPE授業をのぞいてみた。

今回のテーマは「ディスカウント」。まずは、学生たちにどうしたらディスカウント(値引き)の交渉がうまくいくか意見を求める。もちろん、授業はすべて英語で進められる。

「他の店のほうが安かった」「二つ買うから安くして」など、多くの意見が出た後、今度は学生同士で売買のシミュレーションが行われる。決して簡単ではないやりとりだが、より実践的なコミュニケーションスキルを身につけることができるだろう。学生が戸惑う場面では、ネルス先生がうまく言葉を引き出していく。

「これはあくまで一例で、幅広いテーマを扱っています。プログラム開始当初は、試験対策の色合いが強かったようですが、最近はどんどんコミュニケーションに主眼を置いたものに移っています。それでも、クリア率は年ごとに上がっています」(マクガリー教授)

現在は、入学後1年以内に約70%の学生が基準をクリアする。PE授業を参考にするため、横浜市内の高校教員が見学に訪れることも多いという。

海外での経験を積極的にサポート

PEセンターのディレクターであるマクガリー・カール教授。博士(教育学)。長年英語教育に携わり、2007年からPEを担当

PEをクリアした学生には、より実践的な内容となる「アドバンスド・プラクティカル・イングリッシュ(APE)」プログラムが用意されている。

「入学前に大学が英語に力を入れていることを知っていることもあり、学生たちの意識も変わってきています。特にAPEを受講した学生は、海外フィールドワークや留学などへ積極的に参加してくれています」(マクガリー教授)

同大学では、国際交流を推進する海外派遣プログラムを多数用意している。海外フィールドワークは、ゼミの一環として教員と学生が海外へ行き、現地調査やディスカッションなどを行うプログラム。医学部のリサーチ・クラークシップ(研究実習)では、海外の研究機関を選択する学生も多い。また海外でのインターンシップも積極的にサポートしている。

国際総合科学部国際総合科学科経営科学系1年の片岡伊吹さんは、入学当初、授業についていくことに苦労したという。

「授業に関するお知らせのメールもすべて英語で最初はとまどいましたが、授業以外でも先生がサポートしてくれて、徐々に慣れてきました」

先輩たちからのアドバイスも参考にしつつ、今後は大学が提携している国際ボランティアへの参加も考えているという。

グローバル化が言われて久しいが、世界を舞台に活躍できる横浜市立大学の人材育成メソッドは、今後もさらなる進化を続けていく。

学長の声 President's voice

恵まれた環境でグローバルな人材を育成する

横浜市立大学 窪田吉信学長

本学は、世界有数の国際都市である横浜市とともに歩んできた総合大学です。その使命は、「横浜から世界へ発信し、また、世界へ羽ばたく」人材を育成することだと考えます。

そのためにまず必要なことは英語による「発信力」です。全学生必修の「プラクティカル・イングリッシュ」をはじめとする英語教育プログラムや、ゼミ教員による海外フィールドワーク、留学支援、国際ボランティアなどで、学生たちを積極的にサポートしていきます。

真の国際人として活躍するためには語学のみならず、多様性への理解=「共感力」が欠かせません。本学では、1年次に学部・学科の垣根を取り払い、幅広い分野を学ぶ教養ゼミを設けています。私自身、この大学で医学を学びましたが、学部の異なる英文学の教授からのご指導は、その後の自分の礎の一つとなっています。学生たちには、文化・芸術・思想など、幅広い知識と見識を身につけてもらいたい。さらには、アクティブラーニングで、自ら課題を見つけ、解決する「課題解決力」を養います。

本学は総合大学ですが、学部学生数は約4千人で、規模的には決して大きくはありません。しかし、その分、少人数制を徹底しており、教員と学生の距離が近いのが特長の一つです。イギリスの教育専門誌『TIMES HIGHER EDUCATION』が今年1月に発表した「学生数が5000人未満の世界大学ランキング」では、世界16位(国内では2位)に選出されました。

先にも触れましたが、横浜市は世界有数の国際都市であり、本学にも海外からの留学生が多数在籍しています。また市立大学ということから、インターンシップや各種ボランティア活動などで、横浜市との協力体制を確立しています。学生たちには、学外へも積極的に飛び出して、さまざまな経験をしてもらいたい。その環境は整っていると考えています。

Student's voice

医学だけではない 幅広い知識と経験が得られます
医学部医学科5年 茂木悠平さん

「地域ボランティアに参加したこともいい経験になりました」

学科は、学生数が各学年90人と少なく、アットホームな雰囲気で、先生がとても親身になって学生の面倒をみてくれます。また、海外への視点を与えてくれる大学でもあります。私は1年生のときに、オーストラリアでショートステイを経験し、英語の重要性を再認識しました。現在は2カ所ある附属病院で実習をしています。国家試験の勉強との両立は大変ですが、「将来の自分に必要な経験」と考え、頑張っています。

オープンキャンパスでひとめぼれした大学でした
国際総合科学部国際総合科学科 理学系物質科学コース4年 鈴木奈央子さん

「理数マスタープログラムでは1年生から研究を行うことができます」

この大学を選んだきっかけは、中学生のときに参加したオープンキャンパスです。小さいころから科学やものづくりが大好きだったこともあり、研究室で見学した実験が楽しくて、「ここで研究をしたい」と進路を決めました。現在は物質の表面を原子・分子のレベルで観察、研究する「表面科学」を学んでいます。今後は大学院でさらに研究を進め、将来は研究者、もしくは研究を側面で支えるような仕事に就きたいです。

特集記事