朝日新聞
 広告特集 企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局

代々木ゼミナール 学び続けることで「学ぶ力」が身につく代々木ゼミナール 学び続けることで「学ぶ力」が身につく

大学受験予備校として60年の歴史を誇る代々木ゼミナールは、大きく変わりつつある教育の潮流を捉えた様々な取り組みを行っている。そうした改革の狙いと、その背景にある若者たちへの変わらぬ思いを、高宮敏郎共同代表に聞いた。

若者たちの未来の可能性を応援したい

SAPIX YOZEMI GROUP共同代表
学校法人高宮学園 代々木ゼミナール 副理事長
高宮 敏郎 さん たかみや・としろう/1997年慶應義塾大学経済学部卒業。三菱信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)を経て、2000年学校法人高宮学園に。米ペンシルベニア大学で大学経営学を学び、教育学博士号を取得。09年から副理事長。現在、SAPIX小学部、SAPIX中学部、Y-SAPIXなどを運営する株式会社日本入試センター代表取締役副社長などを兼務。

人間の仕事の多くが、いずれAI(人工知能)に取って代わられる。そんな話は遠い未来の出来事だと思っている人がいるかもしれません。しかし変化は、すでに足元で起こっています。

たとえば時価総額の大きい企業や役員報酬の高い会社のランキングを見ると、一般の人には少し意外な名前が上位に入っていることがあります。実はそうした企業の多くは、工場などのオートメーション化に貢献するシステムや製品の提供で業績を伸ばしています。人間から仕事を奪う産業が成長している、というのは言い過ぎかもしれませんが、こうした流れに私たちはもっと敏感であるべきでしょう。

もちろん、機械によって便利になったことはたくさんあります。私たち代々木ゼミナールでも、生徒たちの学習状況を管理・支援するスマートフォンのアプリを活用していますし、VOD(ビデオ・オン・デマンド)方式による授業配信には以前から取り組んできました。

近年の入試や教育環境の変化を踏まえた対応は、ICTの活用だけにとどまりません。たとえば英語の4技能、なかでも会話力の向上に重点を置いた個別指導講座や、大学入試改革を見据えた論理的思考力の評価試験「SRT」など。この1年ほどの間に、相次いで新しいプログラムがスタートしました。

ずいぶんあれこれ手を広げているように思われるかもしれませんが、私たちの根幹にある思いは何ひとつ変わっていません。それは、若者たちの未来の可能性を応援したいということです。良きにつけ悪しきにつけ、時代は移り社会は変化し続けています。教育のニーズもますます多様化するなかで、予備校だけが旧態依然というわけにはいきません。今後も私たちの核になるのは大学受験指導ですが、そこを中心に同心円状に取り組みを広げ、幅広いニーズに応えたいと思っています。

基礎的な学力は自分を裏切らない

冒頭で私は、これから多くの仕事が機械に置き換わっていくだろうという話をしました。では教育はどうか。個人的には、教育がAIだけで完結することは将来も決してないと考えています。

教育も一面ではサイエンスなので、この訓練をすればこの力が伸びるというように、結果をかなり正確に予測し、検証し、再現できる部分があります。一方で、教師のかけた言葉や仲間の応援が、生徒の意識を一瞬で変えてしまうこともある。人の内面から発したものが人に作用する、いわばアートとしての側面が教育にある限り、今後も教室という場の価値が変わることはないはずです。

近ごろは、大学入試をどう変えるか、それに伴い中等教育をどう見直すかという論議がさかんですので、生徒たちはともすれば自分がこれまで受けてきた教育が間違っていたように感じるかもしれません。しかし大学入試新テストが求める思考力、判断力、表現力も、基礎学力があって初めて身につくものです。コツコツ積み上げてきた学力は決して自分を裏切らないので、自信を持って今の学習を続けてください。

時代は常に変化し、知識もすぐに古びていくとしたら、学ぶことに何の意味があるのか。そう考える人がいるかもしれません。しかし私は、学びの目的とは、突き詰めていえば「学ぶ力」を養うことだと思います。未知の状況に対して自分で新たな答えを見つけられる。そのために自分で学び続けることができる。代ゼミはこれからも、そんな人を育てていきます。(談)

代ゼミ、合格改革

フォロトレ

どんなプログラム?
「講義のポイントをもっとくわしく聞きたい」「苦手な部分の確認をしたい」。そんな声に応えてスタートしたフォローアップトレーニング、通称「フォロトレ」。授業終了後にスマートフォンやタブレットでテスト(5~10分)と解説講義(15~20分)を受け、知識の定着をはかります。

ポイントは?
■受験生が間違いやすいポイントを取り上げた解説講義を繰り返し聞くことで得点力がアップします。
■自宅でも電車のなかでも、時間と場所を問わず自分のペースで受講できます。
■フォロトレはほとんどの科目で受講可能。一部科目ではテストと解説講義がそれぞれ2レベルずつ用意されています。

オリカリ

どんなプログラム?
自分の学力や志望校レベルに合わせてオリジナルのカリキュラムを設定できるコースです。基礎~難関大学入試にまで対応した豊富な大学受験科の講座のなかから最適な講座が選べます。経験豊富な代ゼミスタッフがサポートし、あなただけの合格カリキュラムを一緒につくりあげます。

ポイントは?
■得意科目は応用レベル、苦手科目は基礎~標準レベルというように、各自の学習状況に合わせてテキストや講座を選択。大学別対策講座では、入試の出題形式を意識した学習もできます。
■学力に自信がついたら講座のレベルを上げたり、入学時とは別の大学別対策講座に変更したり、大学受験科開講後も時間割の変更が可能です。

国公立大学入試 最近の傾向

代々木ゼミナール
入試情報室 部長
加藤 広行 さん

近年の国公立大学は、1次試験に比べて2次の配点を大きくしたり、科目数を増やしたり、これまで以上に2次を重視する傾向が目立っています。入試は、大学から受験生へのメッセージといわれます。「理科を1科目から2科目に増やしたのは、入学後に必要となる幅広い学力を確認するためだ。また、理系学部の2次に英語を加えたのは、技術者・研究者にもこれまで以上に国際性が必要だからだ」。そんなメッセージが読み取れるということです。受験生の負担は増えますが、すきま時間をうまく使って継続的に学習してください。

学部や学科の新設・統廃合など、教育組織の改革が進んでいるのも最近の特徴です。試験方式の変更もそうですが、何か変化を起こすには覚悟が必要ですので、それだけの覚悟を持って学生を育てようとしている大学の本気度には期待していいと思います。各大学の発信するメッセージのなかに響くものがあれば、そこがあなたにふさわしい大学ということでしょう。(談)

代ゼミの新しい取り組み

代々木ゼミナール
教育総合研究所 所長
佐藤 雄太郎 さん

大学入試改革の具体的なかたちはまだ見えていませんが、思考力・判断力・表現力を問うという方向性や、記述問題重視の流れはおそらく今後も変わらないでしょう。そうした状況を踏まえ、SAPIX YOZEMIグループとして、新テストを受験する現在の中学2年生以下を対象に、「論理力評価テストSRT」を開始しました。また、グローバル化への対応としては、英語4技能試験向けに「GTEC CBT対策講座」や「TEAP対策実戦演習」などを開講しています。

昔から変わらぬ代ゼミのモットーは、「親身の指導」です。社会の変化のなかで教育現場に求められるものは、不登校生への教育支援からAO・推薦入試対策まで、近年 大きく広がっています。私たちは、グループとしてのシナジーを最大限に活用しながら、小さなニーズも丁寧にすくい取り、現代らしいかたちでの「親身の指導」を今後も続けていきたいと思います。(談)

特集記事